美容師おすすめのヘアケアセット

【薄毛・白髪・妊娠】美容師が「縮毛矯正をしたら悪影響?」という色々な疑問にお答えします。

【薄毛・白髪・妊娠】美容師が「縮毛矯正をしたら悪影響?」という色々な疑問にお答えします。

縮毛矯正って髪が傷むと聞きますが、将来、薄毛になる、白髪が増える、妊娠に悪影響を及ぼす、など不安がありますが、大丈夫なんでしょうか?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

縮毛矯正のさまざまな悩みの解説

くせ毛の定番の対策と言えば”縮毛矯正”です。

  • 「将来、薄毛になるかも」
  • 「白髪が増える」
  • 「妊娠に悪影響を及ぼす」

そう感じる方も少なくはありません。

美容師をしているとよく質問をいただくことがあります。

そこで今回の記事では、美容師が教える縮毛矯正の抱える髪の不安について分かりやすくお話していきます。

今回の記事で分かること

  • 縮毛矯正の不安についての原因
  • 美容師が考えること
  • ちょっとした対策
 

縮毛矯正の抱える「色々な不安」

【薄毛・白髪・妊娠】美容師が「縮毛矯正をしたら悪影響?」という色々な疑問にお答えします。

 きし
縮毛矯正をよくする人なら、さまざまな不安を抱えることがあります。

つま

髪の負担が大きいと言われる矯正では、髪以上の負担も大きいのでは?と考える方も少なくありません。

例えば…

  • 「将来、薄毛になるかも」
  • 「白髪が増える」
  • 「妊娠に悪影響を及ぼす」

このような悩みを持つ方もいます。

しかし、これらの悩みの原因に矯正は全くと言っていいほど関わりはないので、安心してほしいというのが、ぼくからのアドバイスになります。

とはいえ、これでは具体性がないので、そのあたりの不安を解消していきます。

矯正は「今ある髪」にアプローチする技術

つま

縮毛矯正とは、今ある髪の状態、髪質を変化(変形)させるための技術です。

まず前提としては”縮毛矯正”という技術は髪への負担が大きいものになっています。

縮毛矯正の原理は「薬剤(還元剤)+ヘアアイロン(熱処理)=ストレートヘア」という計算式から成り立ちます。

健康な髪の状態なら薬剤も100%のパワー、ヘアアイロンも100%のパワーで施術することができ、合わせて200のパワーがあってこそ、ようやく、くせ毛をストレートヘアに矯正することができます。

しかし、逆を言えばこれから生えてくる髪はくせ毛だし、縮毛矯正をしたからといって、身体に何か影響があるわけでもないということです。

 

よくある情報としては、薬剤が原因となって頭皮を傷つけ、さまざまなトラブルを引き起こす原因となるというものもありますが、ほぼ関係はないと言えます。

頭皮にもターンオーバーというものがあり、頭皮の表面にある”表皮”も定期的に生え変わる仕組みになっているために、ちょっとのダメージならば全く問題はないはずです。

加えて、矯正の薬剤は、ほとんど頭皮にはつけずに髪にだけつけることがほとんどなので、上記のような悩みの原因になることはないと考えています。

 

「体内の問題」が原因

 きし
上記で紹介した3つの悩みは、いずれも体内の問題が原因となっているので、矯正は関係ないと言えます。

それぞれを悩みの原因を見ていくと、

  • 薄毛の原因は”5αリダクターゼ”
  • 白髪の原因は”メラニン色素(メラノサイト)の欠失”
  • 妊娠の悪影響は”ストレス・ホルモンバランスの崩れ”

などがあります。

ざっくり説明すると、薄毛は”5αリダクターゼ”が原因となって男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンという悪性に変化することでヘアサイクルを不安定にさせて細毛、薄毛にします、

白髪に関しては、髪にあるメラニン色素という色の根源が加齢とともに失われていくことが原因となり、妊娠の影響はストレスや、ホルモンバランスの乱れから、体調の変化になったりします。

しかし、いずれも今ある髪というよりも、体内にある身体の変化から起きるものばかりになっています。

結論としては…

  1. 縮毛矯正は髪のダメージ以外のトラブルは発症しない
  2. 今ある髪の負担はあるが、これからの髪に影響はない
  3. 少なくとも「薄毛・白髪・妊娠」への影響はない
という感じになりました。

 

改善するなら食事や運動など見直すべき

つま

つまり、矯正に不安を感じるよりも、改善すべきは体内に大きく影響のある食事や運動を見直すべきということになります。

これらの悩みの大きな原因となるのは、生活習慣や運動不足、加齢によるものが大きなポイントになっています。

とくに改善できるとしたら、やはり食事と運動が一番です。

楽をするならば食事の改善がおすすめです

  • 髪に最も不足しているのは亜鉛
  • 身体全体に有効なのはビタミン系全般
  • フルーツやベリーなども効果的

これらはとくに、普通に食事をしていたら摂取しにくいものばかり、意識して摂らないと必要な摂取量には到達しません。できるだけ意識して食べることが最適です。

もしくはサプリなどもおすすめです。

とくに亜鉛やビタミンは食事だけで摂取するのは難しいと言われているので、サプリはコスパも良いので、チャレンジしてみましょう。

時間がある方は運動にもチャレンジしてみましょう

  • ウォーキングやランニングはリフレッシュ効果
  • スクワットなどはダイエット効果
  • ヨガやストレッチは健康効果

それぞれの効果があるだけでなく、ストレス発散効果もあるので、時間がある方は積極的にチャレンジしましょう。

 

終わりに…

縮毛矯正コンテンツのまとめ

 きし
矯正に抱えるさまざまな不安についてをまとめてみました。

つま

今回の内容についてですが、矯正はほぼ関係ないと考えています。逆に矯正を控えてくせ毛にストレスを抱える方が原因にもなりそうです。
まとめ
  1. 薄毛・白髪・妊娠への影響はほぼない
  2. 矯正は外的要因、内的要因には関係ない
  3. くせ毛にストレスを抱えるよりも全然良い

やはり矯正とは、今ある髪にする技術です。

というか今ある美容室にあるものは全てそうなります。

これから生えてくる髪は内部のことが要因になるため、矯正が何か問題の起因になることはないと考えて問題はないはず。

つまり、薄毛や白髪、妊娠への影響にほぼ関係はありません。

とはいえ、薬剤のアルカリ剤にアレルギーを抱えている方だけはさすがに問題発生する可能性はあります。

ほとんどは事前には分かっているケースですが、まれに加齢とともに発症することもあるみたいです。

そこには注意が必要になります。

最後に、縮毛矯正ヘアケアにおすすめする3つの記事を用意したので一読してみてください。

縮毛矯正をやめるorアイロンをやめる、というよりも、しつつも”ヘアケア”を学ぶほうがキレイになります。それぞれの恩恵もあるはずなので。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。