おすすめのヘアケアランキング詳しくはこちら

【低温ストレート】美容師が教える低温矯正の特徴やメリットの解説

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

低温縮毛矯正(低温ストレートパーマ)が傷まないって聞いたんですが特徴を教えてください。低温だからストレートの持ちとか悪いですか?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

低温ストレート(矯正)の特徴とメリットの解説

前の美容師に低温縮毛矯正を勧められたけど、「低温ってちゃんと効くのかな…」と思うことってありませんか?

通常の矯正と比べると髪に優しそうだけど、くせ毛もちゃんと伸ばせるのか不安を感じる方も、実は少なくはありません。

[moveline color=”#ededa1″ sec=”5″ thick=”40″ away=”2″]そこで今回の記事では、失敗しないたために[move]美容師が教える低温縮毛矯正の特徴とメリット、あとはどんな髪の方におすすめなのか[/move]を分かりやすくお話していきます。[/moveline]

おすすめシャンプー

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

 

「低温ストレート(矯正)」とは?

「低温ストレート(矯正)」とは?
きし

まずは、低温ストレートについてお話していきます。

廣瀬

低温ストレート(矯正)は、低温縮毛矯正とかも言われることも多いですが実は違うんです。

低温ストレートは、縮毛矯正と一緒の部類にされていることが多いですが、正式にはストレートパーマと同じ部類でもあります。

ストレートパーマという名前ですが、くせ毛をストレートにするメニューではなく、パーマ毛をパーマをする以前の髪に戻すメニューのことです。

こんな方はおすすめする
  • 今の髪(くせ毛)を活かしたい
  • ショートやボブなど丸みのあるスタイル
  • 矯正ほどストレートにしたくない
  • ボリュームを減らしたい
  • くせ毛には悩んではいるが気にはしていない
  • 矯正をやめたい

毎日のようにスタイリングをしていて、髪(くせ毛)をもっと活かしたいという方にはとくに低温ストレートはおすすめです。

低温とはいえアイロンで髪を柔らかく、かつくせ毛の緩和をしてくれるので、ストレートというよりも髪質改善に近いメニューでもあるからです。

さらに、矯正をやめてくせ毛を活かしたいという方にもおすすめできます。

おすすめしない方

おすすめしない方
きし

とはいえ、おすすめしない方もいます。とくに矯正をしていてくせ毛が気になる方が低温ストレートに変更するのはおすすめしません。

こんな方はおすすめしない

  • ダメージのない髪
  • 縮毛矯正をしている
  • くせ毛が気になる
  • 髪に悩みがない

やはり、ダメージが少ないと言えども矯正から低温ストレートにしたところで、くせ毛を緩和こそさせども伸ばす力はかなり弱いのでおすすめはしません。

再三お伝えしていますが、低温ストレートとは縮毛矯正ではなくストレートパーマのカテゴリになるので、使用目的が違います。

矯正を普段からしている方は矯正が一番です。

目次に戻る

あとがき

あとがき
きし

低温ストレートについてまとめてみました。

廣瀬

まとめると、縮毛矯正とストレートパーマの中間のようなポジションにあるメニューだということです。

まとめ
  1. 正しくは「低温ストレート」
  2. 矯正ではなくストレートパーマに近い
  3. 悩みを改善するというよりも髪を活かすためのメニュー

低温ストレートは勘違いされやすいですが、矯正の部類ではなくて目的が違ってきます。

とはいえ、ヘアアイロンを使った熱処理があるのでストレートパーマよりも効果は高いものになっているので、ストレートパーマと縮毛矯正の中間のようなメニューです。

矯正ほど強力なものではないが、することによってくせ毛の緩和やボリュームダウンなどにも繋がるので、スタイルや髪質によってはピッタリくることもあります。

POINT

そもそも矯正ではなく、どちらかというとストレートパーマのカテゴリになるので、ダメージも比較的少なく、くせ毛やボリュームも緩和するので、カットだけではつくれないヘアスタイルですることができます。

つまり、するメリットこそあれども、しない理由はないのです。

おすすめする方

おすすめする方
きし

おすすめする方の基準は、髪質に悩むけども改善したいというよりも活かすという考えをもっている方です。

こんな方はおすすめする
  • 今の髪(くせ毛)を活かしたい
  • ショートやボブなど丸みのあるスタイル
  • 矯正ほどストレートにしたくない
  • ボリュームを減らしたい
  • くせ毛には悩んではいるが気にはしていない
  • 矯正をやめたい

毎日のようにスタイリングをしていて、髪(くせ毛)をもっと活かしたいという方にはとくに低温ストレートはおすすめです。

低温とはいえアイロンで髪を柔らかく、かつくせ毛の緩和をしてくれるので、ストレートというよりも髪質改善に近いメニューでもあるからです。

さらに、矯正をやめてくせ毛を活かしたいという方にもおすすめできます。

おすすめしない方

おすすめしない方

とはいえ、おすすめしない方もいます。とくに矯正をしていてくせ毛が気になる方が低温ストレートに変更するのはおすすめしません。

こんな方はおすすめしない

  • ダメージのない髪
  • 縮毛矯正をしている
  • くせ毛が気になる
  • 髪に悩みがない

やはり、ダメージが少ないと言えども矯正から低温ストレートにしたところで、くせ毛を緩和こそさせども伸ばす力はかなり弱いのでおすすめはしません。

再三お伝えしていますが、低温ストレートとは縮毛矯正ではなくストレートパーマのカテゴリになるので、使用目的が違います。

矯正を普段からしている方は矯正が一番です。

あとがき
あとがき

低温ストレートについてまとめてみました。

まとめると、縮毛矯正とストレートパーマの中間のようなポジションにあるメニューだということです。

まとめ
  1. 正しくは「低温ストレート」
  2. 矯正ではなくストレートパーマに近い
  3. 悩みを改善するというよりも髪を活かすためのメニュー

低温ストレートは勘違いされやすいですが、矯正の部類ではなくて目的が違ってきます。

とはいえ、ヘアアイロンを使った熱処理があるのでストレートパーマよりも効果は高いものになっているので、ストレートパーマと縮毛矯正の中間のようなメニューです。

矯正ほど強力なものではないが、することによってくせ毛の緩和やボリュームダウンなどにも繋がるので、スタイルや髪質によってはピッタリくることもあります。

低温ストレートのメリット
  • ダメージが少ない
  • 使いやすい
  • スタイルチェンジもしやすい

低温ストレートの魅力は何よりも使いやすいことにあります。

縮毛矯正は確かにくせ毛をキレイにストレートにしてくれるという魅力がある反面、スタイルチェンジがしづらかったり、ヘアカラーがキレイにならないなどデメリット的な要素もたくさんあります。

しかし、低温ストレートではダメージも少ない上に、スタイルも変えたい飽き性の方にとっては、とても魅力的なメニューとなるはずです。

低温ストレートのデメリット

低温ストレートのデメリット
きし

とはいえ、メリットばかりではありません。そもそも髪質によっては効果が薄いということもあります。

低温ストレートのデメリット

  • パワーが弱い
  • くせ毛が強い人には効果が薄い
  • スタイルの持ちが悪い

くせ毛を改善したいという目的が強い方にとっては、物足りないメニューであることは否めません。低温だからといって髪が傷まないわけでもありません。

とくにくせ毛が強い方にとっては効果が薄く、あまり変わらなかったということもあります。

しかし、いずれのデメリットも矯正と比べての話にはなるので、あえて上げるとしたらという話です。つまり低温ストレートのデメリットというデメリットはそれほどないと考えています。

何が言いたいかというと、低温ストレートは改善する余地こそありますが、デメリットが少ないかなり使い勝手のいいメニューだということです。

目次に戻る

どんな方におすすめになるのか?

どんな方におすすめになるのか?
きし

次に、低温ストレートはどんな方におすすめするのかもお話します。

廣瀬

逆に、こんな人には低温ストレートはおすすめしませんというのもお話します。

個人的には、矯正をしない人でくせ毛に少しでも悩む方ならすべきです。

日本人の約7〜8割の女性がくせ毛に悩むと言われていて、矯正をしている女性は2〜3割り程度だと言われています。

残りの女性には低温ストレートはおすすめになります。

なぜかというと、デメリットが少なくメリットがあるからです。

上記で紹介したいように、メリットとデメリットがありますが、デメリットはあくまでも矯正と比較しての話です。

POINT

そもそも矯正ではなく、どちらかというとストレートパーマのカテゴリになるので、ダメージも比較的少なく、くせ毛やボリュームも緩和するので、カットだけではつくれないヘアスタイルですることができます。

つまり、するメリットこそあれども、しない理由はないのです。

おすすめする方

おすすめする方

おすすめする方の基準は、髪質に悩むけども改善したいというよりも活かすという考えをもっている方です。

こんな方はおすすめする
  • 今の髪(くせ毛)を活かしたい
  • ショートやボブなど丸みのあるスタイル
  • 矯正ほどストレートにしたくない
  • ボリュームを減らしたい
  • くせ毛には悩んではいるが気にはしていない
  • 矯正をやめたい

毎日のようにスタイリングをしていて、髪(くせ毛)をもっと活かしたいという方にはとくに低温ストレートはおすすめです。

低温とはいえアイロンで髪を柔らかく、かつくせ毛の緩和をしてくれるので、ストレートというよりも髪質改善に近いメニューでもあるからです。

さらに、矯正をやめてくせ毛を活かしたいという方にもおすすめできます。

おすすめしない方

おすすめしない方

とはいえ、おすすめしない方もいます。とくに矯正をしていてくせ毛が気になる方が低温ストレートに変更するのはおすすめしません。

こんな方はおすすめしない

  • ダメージのない髪
  • 縮毛矯正をしている
  • くせ毛が気になる
  • 髪に悩みがない

やはり、ダメージが少ないと言えども矯正から低温ストレートにしたところで、くせ毛を緩和こそさせども伸ばす力はかなり弱いのでおすすめはしません。

再三お伝えしていますが、低温ストレートとは縮毛矯正ではなくストレートパーマのカテゴリになるので、使用目的が違います。

矯正を普段からしている方は矯正が一番です。

あとがき
あとがき

低温ストレートについてまとめてみました。

まとめると、縮毛矯正とストレートパーマの中間のようなポジションにあるメニューだということです。

まとめ
  1. 正しくは「低温ストレート」
  2. 矯正ではなくストレートパーマに近い
  3. 悩みを改善するというよりも髪を活かすためのメニュー

低温ストレートは勘違いされやすいですが、矯正の部類ではなくて目的が違ってきます。

とはいえ、ヘアアイロンを使った熱処理があるのでストレートパーマよりも効果は高いものになっているので、ストレートパーマと縮毛矯正の中間のようなメニューです。

矯正ほど強力なものではないが、することによってくせ毛の緩和やボリュームダウンなどにも繋がるので、スタイルや髪質によってはピッタリくることもあります。

ストレートパーマの特徴
  • 基本的にはパーマを落とすメニュー
  • 施術時間は1〜2時間程度
  • くせ毛をキレイにはできない

とはいえ、ストレートパーマに加えて低温のアイロン作業を加えるために、ストレートパーマよりも効果は高いものになっていますが、縮毛矯正ほど強力でもありません。

まれに、低温縮毛矯正として、ただ単純にヘアアイロンを低温にして矯正をしているところもありますが、それはもはや低温なだけの普通の縮毛矯正です。

低温ストレートのメリット

低温ストレートのメリット
きし

低温ストレートのメリットは、なんと言ってもダメージが少ないことでしょう。その上でくせ毛やボリュームを緩和してくれるので髪質改善としても多用しているところも多いです。

低温ストレートのメリット
  • ダメージが少ない
  • 使いやすい
  • スタイルチェンジもしやすい

低温ストレートの魅力は何よりも使いやすいことにあります。

縮毛矯正は確かにくせ毛をキレイにストレートにしてくれるという魅力がある反面、スタイルチェンジがしづらかったり、ヘアカラーがキレイにならないなどデメリット的な要素もたくさんあります。

しかし、低温ストレートではダメージも少ない上に、スタイルも変えたい飽き性の方にとっては、とても魅力的なメニューとなるはずです。

低温ストレートのデメリット

低温ストレートのデメリット

とはいえ、メリットばかりではありません。そもそも髪質によっては効果が薄いということもあります。

低温ストレートのデメリット

  • パワーが弱い
  • くせ毛が強い人には効果が薄い
  • スタイルの持ちが悪い

くせ毛を改善したいという目的が強い方にとっては、物足りないメニューであることは否めません。低温だからといって髪が傷まないわけでもありません。

とくにくせ毛が強い方にとっては効果が薄く、あまり変わらなかったということもあります。

しかし、いずれのデメリットも矯正と比べての話にはなるので、あえて上げるとしたらという話です。つまり低温ストレートのデメリットというデメリットはそれほどないと考えています。

何が言いたいかというと、低温ストレートは改善する余地こそありますが、デメリットが少ないかなり使い勝手のいいメニューだということです。

どんな方におすすめになるのか?
どんな方におすすめになるのか?

次に、低温ストレートはどんな方におすすめするのかもお話します。

逆に、こんな人には低温ストレートはおすすめしませんというのもお話します。

個人的には、矯正をしない人でくせ毛に少しでも悩む方ならすべきです。

日本人の約7〜8割の女性がくせ毛に悩むと言われていて、矯正をしている女性は2〜3割り程度だと言われています。

残りの女性には低温ストレートはおすすめになります。

なぜかというと、デメリットが少なくメリットがあるからです。

上記で紹介したいように、メリットとデメリットがありますが、デメリットはあくまでも矯正と比較しての話です。

POINT

そもそも矯正ではなく、どちらかというとストレートパーマのカテゴリになるので、ダメージも比較的少なく、くせ毛やボリュームも緩和するので、カットだけではつくれないヘアスタイルですることができます。

つまり、するメリットこそあれども、しない理由はないのです。

おすすめする方

おすすめする方

おすすめする方の基準は、髪質に悩むけども改善したいというよりも活かすという考えをもっている方です。

こんな方はおすすめする
  • 今の髪(くせ毛)を活かしたい
  • ショートやボブなど丸みのあるスタイル
  • 矯正ほどストレートにしたくない
  • ボリュームを減らしたい
  • くせ毛には悩んではいるが気にはしていない
  • 矯正をやめたい

毎日のようにスタイリングをしていて、髪(くせ毛)をもっと活かしたいという方にはとくに低温ストレートはおすすめです。

低温とはいえアイロンで髪を柔らかく、かつくせ毛の緩和をしてくれるので、ストレートというよりも髪質改善に近いメニューでもあるからです。

さらに、矯正をやめてくせ毛を活かしたいという方にもおすすめできます。

おすすめしない方

おすすめしない方

とはいえ、おすすめしない方もいます。とくに矯正をしていてくせ毛が気になる方が低温ストレートに変更するのはおすすめしません。

こんな方はおすすめしない

  • ダメージのない髪
  • 縮毛矯正をしている
  • くせ毛が気になる
  • 髪に悩みがない

やはり、ダメージが少ないと言えども矯正から低温ストレートにしたところで、くせ毛を緩和こそさせども伸ばす力はかなり弱いのでおすすめはしません。

再三お伝えしていますが、低温ストレートとは縮毛矯正ではなくストレートパーマのカテゴリになるので、使用目的が違います。

矯正を普段からしている方は矯正が一番です。

あとがき
あとがき

低温ストレートについてまとめてみました。

まとめると、縮毛矯正とストレートパーマの中間のようなポジションにあるメニューだということです。

まとめ
  1. 正しくは「低温ストレート」
  2. 矯正ではなくストレートパーマに近い
  3. 悩みを改善するというよりも髪を活かすためのメニュー

低温ストレートは勘違いされやすいですが、矯正の部類ではなくて目的が違ってきます。

とはいえ、ヘアアイロンを使った熱処理があるのでストレートパーマよりも効果は高いものになっているので、ストレートパーマと縮毛矯正の中間のようなメニューです。

矯正ほど強力なものではないが、することによってくせ毛の緩和やボリュームダウンなどにも繋がるので、スタイルや髪質によってはピッタリくることもあります。

POINT

専用の薬剤をつけて、毛髪にある結合を切断・再結合させ、その毛髪が持つ重力の抵抗をそのまま形状させる技術です。 今では多くが「パーマ戻し」という風に呼ばれています。

強いくせ毛や強いパーマはきちんととれることはありませんが、髪のもつナチュラルな仕上がりを再現します。

パーマもかかり具合によっては、とれないor施術した後は真っ直ぐな髪でもそのうちとれてくるというケースもよくあります。

ストレートパーマの特徴
  • 基本的にはパーマを落とすメニュー
  • 施術時間は1〜2時間程度
  • くせ毛をキレイにはできない

とはいえ、ストレートパーマに加えて低温のアイロン作業を加えるために、ストレートパーマよりも効果は高いものになっていますが、縮毛矯正ほど強力でもありません。

まれに、低温縮毛矯正として、ただ単純にヘアアイロンを低温にして矯正をしているところもありますが、それはもはや低温なだけの普通の縮毛矯正です。

低温ストレートのメリット

低温ストレートのメリット

低温ストレートのメリットは、なんと言ってもダメージが少ないことでしょう。その上でくせ毛やボリュームを緩和してくれるので髪質改善としても多用しているところも多いです。

低温ストレートのメリット
  • ダメージが少ない
  • 使いやすい
  • スタイルチェンジもしやすい

低温ストレートの魅力は何よりも使いやすいことにあります。

縮毛矯正は確かにくせ毛をキレイにストレートにしてくれるという魅力がある反面、スタイルチェンジがしづらかったり、ヘアカラーがキレイにならないなどデメリット的な要素もたくさんあります。

しかし、低温ストレートではダメージも少ない上に、スタイルも変えたい飽き性の方にとっては、とても魅力的なメニューとなるはずです。

低温ストレートのデメリット

低温ストレートのデメリット

とはいえ、メリットばかりではありません。そもそも髪質によっては効果が薄いということもあります。

低温ストレートのデメリット

  • パワーが弱い
  • くせ毛が強い人には効果が薄い
  • スタイルの持ちが悪い

くせ毛を改善したいという目的が強い方にとっては、物足りないメニューであることは否めません。低温だからといって髪が傷まないわけでもありません。

とくにくせ毛が強い方にとっては効果が薄く、あまり変わらなかったということもあります。

しかし、いずれのデメリットも矯正と比べての話にはなるので、あえて上げるとしたらという話です。つまり低温ストレートのデメリットというデメリットはそれほどないと考えています。

何が言いたいかというと、低温ストレートは改善する余地こそありますが、デメリットが少ないかなり使い勝手のいいメニューだということです。

どんな方におすすめになるのか?
どんな方におすすめになるのか?

次に、低温ストレートはどんな方におすすめするのかもお話します。

逆に、こんな人には低温ストレートはおすすめしませんというのもお話します。

個人的には、矯正をしない人でくせ毛に少しでも悩む方ならすべきです。

日本人の約7〜8割の女性がくせ毛に悩むと言われていて、矯正をしている女性は2〜3割り程度だと言われています。

残りの女性には低温ストレートはおすすめになります。

なぜかというと、デメリットが少なくメリットがあるからです。

上記で紹介したいように、メリットとデメリットがありますが、デメリットはあくまでも矯正と比較しての話です。

POINT

そもそも矯正ではなく、どちらかというとストレートパーマのカテゴリになるので、ダメージも比較的少なく、くせ毛やボリュームも緩和するので、カットだけではつくれないヘアスタイルですることができます。

つまり、するメリットこそあれども、しない理由はないのです。

おすすめする方

おすすめする方

おすすめする方の基準は、髪質に悩むけども改善したいというよりも活かすという考えをもっている方です。

こんな方はおすすめする
  • 今の髪(くせ毛)を活かしたい
  • ショートやボブなど丸みのあるスタイル
  • 矯正ほどストレートにしたくない
  • ボリュームを減らしたい
  • くせ毛には悩んではいるが気にはしていない
  • 矯正をやめたい

毎日のようにスタイリングをしていて、髪(くせ毛)をもっと活かしたいという方にはとくに低温ストレートはおすすめです。

低温とはいえアイロンで髪を柔らかく、かつくせ毛の緩和をしてくれるので、ストレートというよりも髪質改善に近いメニューでもあるからです。

さらに、矯正をやめてくせ毛を活かしたいという方にもおすすめできます。

おすすめしない方

おすすめしない方

とはいえ、おすすめしない方もいます。とくに矯正をしていてくせ毛が気になる方が低温ストレートに変更するのはおすすめしません。

こんな方はおすすめしない

  • ダメージのない髪
  • 縮毛矯正をしている
  • くせ毛が気になる
  • 髪に悩みがない

やはり、ダメージが少ないと言えども矯正から低温ストレートにしたところで、くせ毛を緩和こそさせども伸ばす力はかなり弱いのでおすすめはしません。

再三お伝えしていますが、低温ストレートとは縮毛矯正ではなくストレートパーマのカテゴリになるので、使用目的が違います。

矯正を普段からしている方は矯正が一番です。

あとがき
あとがき

低温ストレートについてまとめてみました。

まとめると、縮毛矯正とストレートパーマの中間のようなポジションにあるメニューだということです。

まとめ
  1. 正しくは「低温ストレート」
  2. 矯正ではなくストレートパーマに近い
  3. 悩みを改善するというよりも髪を活かすためのメニュー

低温ストレートは勘違いされやすいですが、矯正の部類ではなくて目的が違ってきます。

とはいえ、ヘアアイロンを使った熱処理があるのでストレートパーマよりも効果は高いものになっているので、ストレートパーマと縮毛矯正の中間のようなメニューです。

矯正ほど強力なものではないが、することによってくせ毛の緩和やボリュームダウンなどにも繋がるので、スタイルや髪質によってはピッタリくることもあります。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次