美容師おすすめのヘアケアセット

「サロントリートメントは本当に必要?」という疑問を真剣に答える

「サロントリートメントは本当に必要?」という疑問を真剣に答える

美容室に行くとトリートメントを勧められますが、これって本当に必要なのでしょうか?やはりしないと髪は傷みますか?

こういった疑問にお答えします。

この記事の内容

サロントリートメントの必要性の解説

美容室によってはカラーやパーマの後に「髪が傷んでしまうからトリートメントをしませんか?」と勧められることは誰もが経験したことはあるはず。

とはいえ、トリートメントって本当に必要?と感じる方も少なくはないはす。

それもそのはず。

実際に大きな変化はない割には料金もそこそこします。

しかし、実はダメージ以外にもおすすめする理由はあるのです。

そこで今回の記事では、美容師が教える美容室のトリートメントを必要性について分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

  • サロントリートメントの必要性
  • サロンケアの考え方
  • 美容師的アドバイス
 

サロントリートメントの必要性

「サロントリートメントは本当に必要?」という疑問を真剣に答える

 きし
サロンケアの必要性についてお話していきます。

つま

最近でこそ、サロントリートメントは一般的に知らない人はいないほどになってきましたがまだまだ軽視されているメニューの一つです。

”サロントリートメント”は”サロンケア”とも呼ばれ、髪の水分量の調節や補修、ダメージからの保護、紫外線対策などの目的で使われるメニューの一つです。

自宅でするようなものではなく、あくまで美容室専用の業務用トリートメントで話を進めます。

これは美容室にもよるし、おいているメーカーによって異なります。

サロントリートメントも、ヘアカラーやパーマと同じくメーカーによってさまざまな種類があったりします。

ぼくが気に入って使っているのは、”オッジィオット”と”オージュア”の2つです。詳細を知りたい方は記事も良かったら見ていってください。

 

そんなサロントリートメントは軽視されているとはいえ、美容師的にいえば当然必要なものです。

とくにヘアカラーやパーマ、矯正など、これらは髪を美しくするものですが、一方では髪のダメージソースともなります。

この3つをしていない女性ははかなり少なくどれか一つはしています。しかしその中でもトリートメントをしている方は10%〜30%となっています。

つまりは、多くても全体の3割程度の方しかトリートメントをしていないということになります。

何が言いたいかというと、カラーやパーマ、矯正をする方の半分以上がダメージに気づいていない、またはまだ傷んでいないと考えている。

あとは料金との天秤にかけて優先度が違うということになります。

 

サロンケアの考え方

「サロントリートメントは本当に必要?」という疑問を真剣に答える

 きし
と、ここで一度ぼくのサロントリートメントの考え方について喋っていこうと思います。

つま

やはり、価値観はそれぞれありますがとくにサロンケアでは変化が少ない分価値が下がりやすい傾向があります。

多くは「まだ傷んでいないからいい」や「もう少しダメージが気になってから」というような考え方でトリートメントをするかしないを判断しています。

しかし、その考え方ではトリートメントの魅力を最大限活かすことはできません。

髪は死滅細胞といって、一度生えた今ある髪はカラーやパーマ、その他のダメージソースによって損傷したところを治す方法は存在していません。

「ではなぜ、トリートメントをするのか?」

というと、色んな要素がありますが大きな目的としては

”髪を守る”

ためにすると考えます。

 

そもそも、傷んでいない髪がキレイに見えるのかと言われるとそういうわけでもありません。

分かりやすく例えると、

ドライヤーをした方が髪にもツヤがでるしスタイリングをする上では必須。これは多くの方が一度は聞かれたことはありますが、同時にドライヤーをすると熱のダメージで髪が傷むとも言われます。

これはどちらがいいのか?

答えはシンプルです。

ドライヤーをかけてスタイリングをしつつ、ドライヤーの熱のダメージから髪を守ります。

一見、矛盾していたり、なんだそりゃって感じかもしれません。しかし、ドライヤーをかけなければ、ダメージにはならないかもしれませんが、パサパサにもなるし、くせ毛が自由に動いてしまったりもします。

逆にドライヤーをかけると、ダメージにはなりますがツヤがでたり、くせ毛にもまとまりがでるとうことになります。

何が言いたいかというと、キレイに見せる、オシャレに見せるためには、髪を傷むような行為をする必要があるということなんです。

そういう時にトリートメントはダメージとのバランスをとってくれる素晴らしいメニューになるというわけです。

 

とはいえ、その他にも髪を修復してくれたり、手触りを良くしてくれたり、様々な要素があったりしますが、見た目の変化が少ないトリートメントでは価値が下りやすい傾向にあります。

しかし実は、髪を修復するよりも髪を守るため役割としてトリートメントがあるんです。

「トリートメントは必要?」ってよく聞かれますが、髪を色んなダメージから守るためには、かなり必要なメニューだということになります。

 

終わりに…

トリートメントコンテンツのまとめ

 きし
トリートメントの必要性についてお話しました。

つま

わたし達にとってサロンケアってかなり重要なポジションになっていて、髪のキレイをつくるためのファクターの一つなんです。
まとめ
  1. サロンケアは髪を守る役割がある
  2. そのほかにもたくさんの魅力がある
  3. トリートメントは髪にとって必要なもの

という感じになります。

トリートメントって髪を守るもの、だけど守るって必要?ってなるかもしれませんが、よく考えてみてください。

「他に何が髪を守ってくれますか?」

お肌は乾燥から守るために、化粧水や乳液などケアをしますよね?

髪も乾燥から守るために、インバストリートメントやアウトバスを使います。そしてお肌をキレイにするためにエステにするのと同様に、美容室でサロントリートメントをします。

これが必要でないか、必要だと感じるかは人それぞれだけど、ぼくは髪をキレイにするためには絶対に必要だと感じます。

これが答えです。

 

最後に、美容室でヘアケアをした後に自宅でもケアするためのアイテムの記事も用意したので、合わせて一読してみてください。

髪はダメージになると直ることはありません。つまり重要になるのはできるだけ傷めないようにケアをすることが大事になります。当然ながら大変ですが見合う恩恵があるはずです。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。