美容師が作る「10種類」のシャンプーランキング

シャンプーにある「サルフェートフリー」の意味と解釈の仕方についての話

シャンプーにある「サルフェートフリー」の意味と解釈の仕方についての話

シャンプーに「サルフェートフリー」って書いてあるのを見かけたんだけど、サルフェートって何?サルフェートフリーの方が良くてサルフェートが入っているシャンプーはダメ?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

シャンプーにあるサルフェートやサルフェートフリーの解説

先日、いち髪を使っているお客さまから上記のような質問をいただきました。

市販シャンプーで有名ないち髪の最新のシャンプーには「サルフェートフリー」と記載されています。しかしサルフェートって言われてもピンとくる人は少ないです。

そこで今回の記事では、シャンプーに含まれるサルフェートの特徴やサルフェートフリーシャンプーの良し悪しについて分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

  • サルフェートとは?
  • サルフェートフリーが良いシャンプー
  • シャンプーを選ぶ時のポイント

 

サルフェートとは

シャンプーにある「サルフェートフリー」の意味と解釈の仕方についての話

 きし
サルフェートとは、日本語にすると硫酸塩というもので普段飲んでいる水などにも含まれている成分の1つです。

つま

それがシャンプーにも含まれるサルフェート系界面活性剤が今回のテーマになります。

サルフェート(硫酸塩)とは、ミネラルウォーターなどに含まれるミネラルやマグネシウムなどになり、ミネラル成分と硫酸基が結合してできた成分のことを言います。

サルフェートの目的となるのは、デトックス(老廃物の排出)が目的にです。身体の中にある不要なものを取り出してくれる効果があります。

とは言え、これはあくまでも一般的な成分になります。

シャンプーに関してのサルフェートというのはサルフェート系洗浄成分のことを指します

  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸TEA
  • ラウレス−2硫酸アンモニウム

などのことを「サルフェート系洗浄成分」として、サルフェートフリーとはこれらの洗浄力が強い成分を構成していないことを指していることになります。

 

サルフェートフリーとは「硫酸系化合物を含まない」という意味

上記でお話したように、「ラウレス〇〇系」の成分というのは、泡立ちもよくしっかりと汚れをとってくるメリットの反面では、汚れでなく頭皮に必要とされる皮脂や表皮でさえも取り除き、髪にとっても刺激が強くダメージの原因ともなりえることから、構成されているシャンプーは「ダメなシャンプー」とされています。

こういった悪いとされる要素となる成分を構成していないシャンプーを「サルフェートフリー」として販売していることが多くなっています。

シャンプー部門では悪いモノ扱いされているが悪いだけの成分ではない

 つま
サルフェートという成分でもたらしてくれる最大の特徴としてはデトックス効果というものがあります。

サルフェートとは「硫酸塩」のことですが、この硫酸というワードが悪く感じられやすいこともあります。

しかし、それほど悪いものではなく、身体の不要な老廃物をデトックスしてくれたり、美肌を作るために新陳代謝を上げてくれる効果があります。やはり「硫酸」というワードが悪く感じさせているんでしょう。

それだけでなくシャンプーの硫酸系界面活性にも配合されていることもあるので、伝えやすいのもありサルフェートフリーというワードにしたということになります。

 

記事の途中ですがCMです
『プレミオールシャンプー』を使ってみた あなたは「プレミオール」というシャンプーを知っていますか? もし、今のシャンプーやトリートメントに不満を抱いているという方には要チェックの内容のヘアケアセット! アイテムの特徴
  1. 高品質のヘアケア
  2. 頭皮にも優しい
  3. くせ毛や猫毛の方でも使える
  4. 21日間のお試しセットがキャンペーン中
今ならシャンプーだけでなく、トリートメント+アウトバスのヘアケアセットで「1,980円」と破格すぎる内容になっています! 正直言って、試すだけでも価値アリ!!!
シャンプーの特徴 「プレミオール」は、多くの女性が悩むくせ毛やダメージ毛を改善するための商品です。 くせ毛やダメージ毛による悩みは、髪の水分不足が原因となって起こります。これらの髪の水分不足は、主に髪に欠かせないケラチン・コラーゲン・たんぱく質の不足が元になっています。 髪の水分不足を改善するためには、高濃度の有効成分が必要です。
このプレミオールは水を一切加えずに美髪成分のみで構成しているシャンプー&トリートメントです、 髪の水分不足を改善しくせ毛・ダメージ毛を軽減する事が出来ます。

これが正直、破格すぎます。

このサイズをたった2000円で、しかもシャンプー+トリートメント+洗い流さないトリートメントの21日間分が試せるので、まだプレミオールをまだ使ったことのない人はこれだけでも使う価値あります!

ポイント

  • 水分保持力が高い
  • シャンプーの使用感も良い
  • ヘアケアセットで使いやすい

「サルフェートフリー」は良いシャンプー?

「サルフェートフリー」は良いシャンプー?

 きし
それでは本題でもある、サルフェートフリーのシャンプーの良し悪しについてお話していくと、それほど深く考える必要はないと考えています。

つま

つまり、サルフェートフリーだから良いとかサルフェートが入っているから悪いといった見方は間違いだということです。「あ〜このシャンプー、サルフェートフリーなんだ〜」程度の感じです。

基本的には市販のシャンプーで記載されていることが多い「サルフェートフリー」。

やはり、販売する時の1つのアプローチするポイントにしているような感じです。

例えば、今回の場合はいち髪のシリーズに記載されていましたが、昔(15年ほど前)に美容師を始めたばかりの頃、いち髪のシャンプーを使った時には、言い方は悪いですがもっと劣悪なシャンプーだった記憶があります。

 

サロンシャンプーを使いはじめてシャンプーの良さを知ったぼくは、お世辞にも良いシャンプーだと言えませんでした。

 

しかし、今は時代が変わり市販のシャンプーも普通に使えるものが増えてきました。いち髪のシャンプーも実際に使ってみましたが、普通に良い感じに使えることに時代が変わったんだなと感じました。

何が言いたいかというと、サルフェートフリーとは一般の方にも時代の変化を知ってほしい美容業界全体が生み出したサインのようなものです。

サルフェートが入っているから悪いシャンプーではない

 つま
結局のところ、サルフェート系洗浄成分が入っているから良いとか悪いとかの問題ではないということ。

一時期というか今でもですが、シリコンは悪でノンシリコンは正義というような風潮がありましたが、それと限りなく似ているものだと感じています。

シャンプーやトリートメントにとって、シリコンにもノンシリコンにもメリットもあればデメリットがあります。

同じくサルフェート系成分にも同じことが言えます。

あくまでもシャンプー構成のバランスが大事になっていくと考えています。

 

終わりに…

シャンプーコンテンツのまとめ

 きし
まとめると、サルフェートフリーシャンプーだから良い悪いというものでもないです。

つま

あくまでも、目安というような考え方になります。
この記事のまとめ
  1. サルフェートは基本的に良い成分でデトックス効果のあるもの
  2. シャンプーでは「硫酸系界面活性剤」がサルフェート系洗浄成分になる
  3. 洗浄力の強いシャンプーではないという目安

今回の内容は、シリコンやノンシリコンのようにどちらが良いなどの話と同じように、あくまでも目安の1つだということです。

つまりサルフェートフリーだから良いシャンプーというわけでもないし、サルフェート入りシャンプーだから悪いシャンプーというわけでもありません

サルフェートフリーと記載されていたら、「ちょっと優しいシャンプーなんだ」と感じるぐらいでよいかと。

あくまでも、髪質や頭皮に合ったシャンプーを選ぶべきだと考えます。

 

とはいえ、どんなものを選んでいいか分からないって方のために3つのおすすめ記事を用意しました。

1つ目はサルフェートフリーでもある市販シャンプーいち髪のレビューしている記事です。

2つ目は僕が厳選した市販シャンプーをランキング形式の記事になります。3つ目の記事はもっと品質の高いシャンプーを厳選したサロン専売シャンプーをランキング形式の記事になります。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください