【サイトマップ】おすすめ記事一覧
ヘアカラー

ヘアカラーの塗り方の違い|美容室おける疑問についてを美容師が解説

 

お客さまからこんな質問がありました。

女性
女性
ヘアカラーの塗り方ってなんでこんなに違うの?

そもそもヘアカラーとは、「髪の状態+薬剤+方法=ヘアカラーとなります。

それほど塗り方というのは重要なポジションになっています。

しかし、髪質やヘアカラーの仕上がりによってヘアカラーにはさまざまな塗り方があります

なぜ、ヘアカラーにはさまざまな塗り方があるのでしょうか?

当記事では、ヘアカラーのさまざまな塗り方についてを、分かりやすくお話します。

 

ヘアカラーの塗り方が違う理由について

きし
きし
ヘアカラーの塗り方についてお話します。
つま
つま
ヘアカラーが違うのにはきちんと理由があるのです。

ヘアカラーにはさまざまな塗り方があります

塗り方にもいくつかのポイントがあることを理解しましょう。

カラーの主な塗り方一覧

  • 染めていない根元の暗いポイントから塗る
  • 染めていた毛先の明るいポイントから塗る
  • 頭頂部から塗る
  • 頭の下部から塗る
  • 根元をたっぷりと塗る
  • 根本を薄く塗る
  • 顔周りから塗る

このようにさまざまな塗り方があります。

サロンカラーならではの技術の塗り方を知りましょう。

サロンカラーするメリット3選|美容室でのヘアカラーの良い部分だけを教える サロンカラーの有益性って考えたことありますか? 美容室で美容師がするヘアカラーを「サロンカラー」っていうんです。 ぼ...

キレイに染めるために塗り方を変えなければいけない

たくさんの髪と色をキレイに染めるためには、それに合わせた塗り方が必要になります。

では、どのようなケースがあって塗り方を変えるのでしょうか?

 

「白髪染め」or「おしゃれ染め」

白髪というのは、通常の毛髪に比べてメラニン色素が少なくとても硬い毛髪になっています。

そのため通常の塗り方では白髪が染まりにくくなっているのです。

メラニン色素
髪にある「メラニン色素」の特徴を美容師が解説 髪や肌の色にとって重要となる「メラニン色素」ってご存知でしょうか? 日焼けをする原因はメラニンの増殖によるもので、メラニン...

白髪染めの場合では・・・

  • 頭頂部から塗布する
  • 根本にたっぷりと塗布する
  • 染めていない根元の暗いポイントから塗る
  • 顔周りから塗る

おしゃれ染めの場合では・・・

  • 染めていない根元の暗いポイントから塗る
  • 頭の下部から塗る
  • 根本を薄く塗る

 

さまざまなケースがあるのでまとめにくいですが、セオリーとしてはこのような感じです。

メラニン色素がない髪を染める白髪染めと、メラニン色素を分解して染めるおしゃれ染めでは、ほとんどが逆ということになります。

「暗くする」or「明るくする」

暗くするか明るくするかによっても、塗り方が違う事もあります。

そしてどのくらい暗くするかや、どのくらい明るくするかによっても変わります。

色の幅によって大きく変わるからです。

ヘアカラーが思った色にならない原因とは?|美容師が染まりが悪い原因を解説! ヘアカラーをしていると、そんな悩みを聞くことがあります。 「ヘアカラー剤なんてどれで染めても一緒でしょ?」 ...

暗くする場合では・・・

  • 染めていた毛先の明るいポイントから塗る
  • 頭の下部から塗る
  • 根本を薄く塗る

明るくする場合では・・・

  • 染めていない根元の暗いポイントから塗る
  • 頭の下部から塗る
  • 根本を薄く塗る

 

ここでは大きく違うことは、あまりありません。

根本から塗るのか、毛先から塗るぐらいの違いになります。

「1人施術」or「2人施術」

1人で塗る時と2人で塗る時でも内容が変わります。

「2人施術」でのメリットは、早く塗る事により、塗りムラをなくす事にあります。

それによっても塗り方が変わるケースもあります。

1人施術の場合では・・

  • 染めていない根元の暗いポイントから塗る
  • 頭の下部から塗る
  • 根本を薄く塗る

2人施術の場合では・・

  • 染めていない根元の暗いポイントから塗る
  • 頭頂部から塗る
  • 根本を薄く塗る

 

ここでも大きな違いはありませんが、2人塗りではメリットが早く塗ることができるということなので、とにかく早く塗れる方法が優先させることが多いので、統一させる場合もあるし、バラバラの場合もあります

左右塗り方も違うし、利き手によっても違うために、塗り方が違うように感じることもあります。

これは美容師の性格も関係してくると思います。

 

美容室によって違う

美容室や美容師によって違います。

得意か不得意か、好きか嫌いかで決めている人もいてるくらいです。

  • 染めていない根元の暗いポイントから塗る
  • 染めていた毛先の明るいポイントから塗る
  • 頭頂部から塗る
  • 頭の下部から塗る
  • 根元をたっぷりと塗る
  • 根本を薄く塗る
  • 顔周りから塗る

これによっては人によってなので、セオリーはありません。

塗る人自体がセオリーですから。

まとめ


きし
きし
ヘアカラーの塗り方が違う理由についてまとめてみました。
つま
つま
さまざまなヘアカラーをするためには、さまざまな塗り方が重要になるのです。

カラーの塗り方がちがう理由をまとめると・・

  • 白髪染めorおしゃれ染め
  • 暗くするor明るくする
  • 1人施術or2人施術
  • 美容室や美容師によっても違う

これだけでなく、白髪染めの暗くする・明るくするや、おしゃれ染めの暗くする・明るくするによっても変わります。

さらにそこに髪質やしたい髪色によっても変わります。

つまり、さまざまなセオリーがあって髪質やヘアカラーによって、塗り方は組み合わせるということです。

ヘアカラーも正しい方法によっていくらでもキレイな髪色を再現することができます。

イルミナカラー
【イルミナカラー】美容師がつくるヘアカタログ「55選」「イルミナ」というヘアカラー剤はキレイな発色から美容師だけでなく一般の方にまで知られるほど勢いにのったカラー剤です。そこで美容師として、50人以上の髪に使ってみたのので、カタログ形式にまとめたのでご紹介していきます。...

キレイなヘアカラーをつくるためには、薬剤だけでなく技術も重要なポジションになるのです。

ご参考になれば幸いです。

 

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。