最強のシャンプーランキング30選

もったいない?髪をブローする人のメリットと簡単なコツ6選!

3 min

よくアドバイスすることに「ブローはしたほうがいい」というのがあります。

勘違いしている方が多いですが「乾かす(ブロー)すると髪が傷んでしまう」とよく聞きますが、それは方法が間違っているだけです。

はっきり言いますが、ブローをするのが髪を美しくする一番の秘訣です。

ここでは、ブローをするべき理由と簡単なコツをいくつかまとめてみました。

Author

記事の著者

運営者

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Shampoo

おすすめシャンプー

【ラサーナ プレミオール】美容師がおすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

関連 ラサーナ プレミオール シャンプー&エッセンスをレビュー!美容師が口コミ評価&成分解析の効果をレビュー検証!

ブローをするべき理由

きし

きし

まずはブローをする理由についてお話します。個人的にはよくアドバイスすることなので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

ブローをしないのはもったいないとすら思っています、苦手な人もぜひチャレンジしてみてほしいです。

廣瀬

廣瀬

ブローというのは、ただ乾かすだけではありません。

実は「スタイリング(整える)」するためのテクニックです。

「ツヤ」「ボリューム」「まとまり」「動き」などのテクスチャを表現するために必須となるのがブローです。

中にはガチガチのスタイリング剤で作ってしまう、という方もいますが、個人的にはブローをベースにしてスタイリング剤などは、最後のおまけ程度ぐらいでもいいと考えています。

もちろん極端な意見なので否定しているわけではありません、あしからず。

これは男女ともに共通している内容でして、ブローをしないといくらキレイな髪質であろうと、カット・カラー・パーマなどをきれいに施していてもキレイにはなりづらいです。

その理由には以下の3つがポイントになります。

  1. 年齢とともに細くなる
  2. ツヤがなくなる
  3. ボリュームがなくなる

分かりやすく解説します。

年齢とともに変化する

お肌の曲がり角があるように、髪にも曲がり角は存在します。

やはり10代のころと比較すると「髪がまとまりづらくなってきた」「髪が細くなってきた」「上手くスタイリングできなくなってきた」とい感じる方も少なくないはず。

髪は20代〜30代にかけて変化していくものです。

いわいる「エイジング」というやつ。

健康だった髪も、徐々にですが細くなったり、カクついたりします。

ツヤがなくなる

髪の形状が変わるエイジング現象、髪の表面にあるキューティクルが傷つきやすくなり、ツヤが失われていきます。

ボリュームがなくなる

さらに、細くなるためボリュームも減少します。

そのため、合わせてスタイリングがしづらくなります。

これらを改善するためには「ブロー」が必要となります。

なぜなら髪の若さには「ツヤ」と「ボリューム」が重要だからです。

変化する髪をうつくしく維持するためには、ヘアケアと合わせたブローが必要になるのです。

ブローの簡単なコツ

とはいえ「ブローが苦手」「自分だと上手くできない」「美容室のように再現できない」という声を聞きます。

前提としては、「美容師と同じようにする必要はない」というのを念頭においておくべきです。

そもそも美容師自体も、お客様にするように自分の頭をキレイにできるかと言えばそういうわけでもありません。手がとどきませんからね。

利用していただくからこそ、丁寧に施術をする、そんな美容師と同じように再現する必要はありません。

何が言いたいかと言うと、もっと気軽にチャレンジしようということ。

できないから諦める、チャレンジしないのがもったいないというのがこの記事の一番に伝えたいことです。

自分なりのキレイでいいんです。

昨日の自分よりも少しでもキレイを目指しましょう。

ということで、いくつかのブローするコツについても残しておきます。

  • 二度拭きをする
  • 洗い流さないトリートメントをつける
  • はやめに乾かす
  • 下を向いて乾かす
  • 根元から乾かす
  • ブラッシングブローに慣れる

具体的にまとめます。

0.1 二度拭きをする

お風呂上がりにバスタオルで髪を拭(ふ)きますが、小さいタオルでいいので「2枚」つかいましょう。

とくに中間から毛先にかけて、大なり小なりのダメージがあるため水分がたまりやすくなっています。

2枚のタオルを使うことで、髪を乾かす時間が短縮&熱ダメージを軽減してくれます。

思っているよりも髪の水分ってタオルで吸収できていないので、よくふいてあげるといいです。

0.2 洗い流さないトリートメントをつける

ドライヤーの熱によって髪の水分を蒸発させるのですが、洗い流さないトリートメントをつけることで髪の負担を減らします。

個人的には「ヘアオイル」がおすすめ。

ヘアミストやヘアミルクにも良いポイントはありますが、バランスもよく万人受けしやすいヘアオイルが最もつかいやすいです。

0.3 はやめに乾かす

お風呂上がりはすぐに乾かすべきなのは分かっているけど、そこまで時間がないという人も少なくありません。

そこで「できるだけ早めに乾かす」ということを目標にしましょう。

そのかわりにブラッシングはすぐにしてキレイな状態で自然乾燥しましょう。

0.4 下を向いて乾かす

まずは乾かすときには下をむいて乾かすことをイメージしましょう。

そのさいにドライヤーは上から下に向けて乾かすことで「ツヤ」「まとまり」「くせ毛の緩和」に繋がります。

逆に下から上に向かって乾かしてしまうとボリュームがでてしまい、髪のフォルムが崩れてしまうので注意。

0.5 根元から乾かす

中間〜毛先にかけては最後の方においておきます。

まずは全体の根本付近をよく乾かしてあげることで、スタイリングの基盤となります。

さらにドライヤーの時短にもなるのでメリットがたくさんあります。

0.6 ブラッシングブローに慣れる

ブラシによるブラッシングブローにもなれましょう。

はじめのうちは両手でブラシを髪の内側から入れてから、片手にもちかえて上からドライヤーをあてるといいです。

なれてくると片手でもできるようになってきます。

とくに表面は入念にしてあげるとツヤ感も目でみえるぐらいでるので、うつくしくなります。

あとがき

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ:こちらからお願いします。

当サイトの概要:くわしくはこちら

役立つまとめ記事

ヘアケアに関する記事なので、合わせてご参考ください。

Supervisor

記事の監修者

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら

Supervisor

記事の監修者

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら

カテゴリー:

おすすめのシャンプーTOP3

LaSana PREMIORラサーナ プレミオール シャンプー

【ラサーナ プレミオール】美容師がおすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

最強のコスパ!ダメージヘアや頭皮を保湿・洗いながら髪をケアするアミノ酸シャンプー。

「アミノ酸系洗浄成分」とフランス・ブルターニュ産「海泥」の力でダメージの蓄積した髪をいたわりながら洗い、頭皮に詰まった皮脂汚れを吸着し取り除きます。

b.risビーリス シャンプー

オーガニック・炭酸・オールインワンと全てが詰め込まれた最強シャンプー

高濃度5000ppm以上の炭酸でしっかり汚れをとり、合成界面活性剤は使用していないので髪や頭皮の負担を軽減。スキンケア成分配合でヘアケアだけでなくエイジングケアもこなすシャンプー

coconeココネ シャンプー

クレイ(泥)」と「活性炭」で頭皮の汚れを落とすクリームシャンプー!

髪に負担となるものがない特殊なクリームシャンプー。髪と頭皮のことだけ考えているので、サラツヤになるオールインワンシャンプー。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *