2017/07/25

外国人風カラーのアッシュベージュやグレージュをキレイにする解説とブリーチカラーでつくる外国人風カラーカタログ

 

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

外国人風カラーとは、外国人のように色味に透明感や深みといった髪色があるヘアカラーのことです。

逆を言えば赤みが少ない髪色の事を言います。

外国人風カラーについて

外国人風カラーと言ってもわかりにくいので、写真で比較してみましょう。

外国人風カラー(左)と赤みの残っているカラー(右)を並べてみましたがどうでしょうか?このカラーは色のレベル(明るさ)は全く同じものにしています。

巷ではよく、

  • アッシュグレー
  • グレージュ
  • ミルクティーカラー

と呼ばれるようなヘアカラーです。

日本人は赤みがあるけれども決して、外国人カラーのようなカラーにならないわけではありません。


方法としては2つあります。
  • 複数回の定期的なカラーにより赤みを削る
  • ブリーチで一気に赤みを削る


赤みが強い髪質の方にはヘアカラーorブリーチをする事で赤みを削ることが可能です。

詳細はこちらもお願いします。

今回のエントリーではブリーチをメインに使った外国人風カラーのカタログにしています。

まずはブリーチについて

そもそもなぜブリーチをするのか?

その理由は一つです。

圧倒的美髪つくりのためです

結構ざっくりとした書き方をしてしまいましたが、詳しく解説すると日本人には日本人特有の赤みというものがあるのです。

髪の色には三大原色というものがあり、「赤」「青」「黄」の3つがが重なり、黒や茶色といった髪色と成り立っています。

  • 青色
  • 赤色
  • 黄色

そして、その赤みが日本人の髪はとても濃くなっているのです。

そして、赤みが濃いとどうなるのか?

  • 思っていた色と違う
  • 暗い
  • 赤っぽい

ということになります。

そんな髪を、外国人風に染めるためのキレイな美髪創りのためにブリーチが必要になるのです!

そして、赤色というものが日本人は特有になっており、強く残りやすく、欧米人のような透明感のあるカラーをつくるためには赤色を消す事が大切になります。

しかし、日本人特有の赤みというのは消えにくく、消すためには「複数回のカラー」か、「ブリーチ」という選択肢になります。

そのため、効果的・効率的に考えブリーチカラーが多くなります。

やはり髪がキレイだと毎日が楽しくなります!

圧倒的美髪にはブリーチは必須となります。それはなぜか?

「透明感」と「深み」というワードはよく聞きますが、ぼく流のカラー理論の仕方で言えば・・

深みというのが「色味」で、透明感というのが「明るさ」という事なのです

そして、やはりブリーチカラーもカラーと同じく「積み重ねる」事でキレイ度が増していきます。

しかし、当然ながらデメリットもあり、「髪が痛む」「色持ちが悪い」などの理由があり、お客様だけでなく、美容師自体もブリーチはしないというという信念をもってされている方もいるぐらいなのです。

 

圧倒的美髪のカラーをつくるために必要なものが「ブリーチ」なのです。

ぼく自体、ブリーチカラーはよくお客さまにする事があります。

しかし、圧倒的美髪をつくるためには、ただブリーチをすれば良いわけではありません。

  • ブリーチに対する知識
  • ブリーチに対する技術
  • 日々勉強!


という風に、知識も技術も必要となります。

そして何よりも、大切な事として、

お客さまとの信頼関係

当然、オーダーがあればさせて頂きます、しかし、ブリーチは繊細でとても難易度が高いカラーになります。

その上で少しでも圧倒的美髪創りのサポートが、できればといいう考えでさせて頂いております!

 

ブリーチカラーをする上でのオススメのポイントをいくつかご紹介

ブリーチ

  1. 外国人風ならばブリーチした後の寒色系カラー!!
  2. 定期的にカラーをする
  3. 一度で出来ると思わないこと
  4. 下限まで色を落とす事ができる
  5. 色が圧倒的美髪色になります

おおよそのブリーチ退色の目安について

通常のブリーチカラーの場合の退色

  • 1週間〜 色が薄くなってくる
  • 2週間〜 色が抜けてくる
  • 3週間〜 黄色みがでてくる
  • 4週間〜 染め頃。カラーがオススメです

ブリーチ無しのカラーの約1,5倍〜2倍ぐらいの間隔になります。

そして、ブリーチカラーというものは積み重ねの原理になっており、重ねれば重ねるほどキレイになっていくという仕様になっております。

ぼくは、ブリーチする際は「ブリーチ」と「ブリーチサプリメント」を併用しています。ブリーチと言えどできるだけダメージレスかつ、安全に施術するように心がけています。

随時更新していきます!

(最終更新日2017年)

 

外国人風ヘアカラーカタログ

ブリーチサプリメントとの相性がとにかく最強‼︎

痛まないブリーチ。ブリーチサプリメントのご紹介

実際は、90%ほど髪と頭皮への負担が少なくて済むようになり、なおかつリフト力もあるという、またなんとも夢のあるアイテムがでてきました。

一度ブリーチで赤みを消しておくと、

ほぼ確実に赤みはとれるのでキレイな髪色をつくることができる

ダメージのことも考慮して、ブリーチサプリメントの使用が超オススメです。

そして、頭皮には全く刺激はなく、さらにはブリーチ特有の刺激臭もないので苦手だった人もかなりしやすくなりました!

グラデーションカラーとの相性もバッチリ

ブリーチ

ナチュラルな感じなグラーデーションカラースタイルです。

というもの。退色も含め今後の想定などを考慮して考えて提案したブリーチカラーリングになります。ブリーチした後の髪を、下限まで落とし自然に見えるようにしています。そして・・

染めるたびに透明感が増す毛先にブリーチのグラデーションカラー

カラーは積み重ねの原理です、染めれば染めるほどキレイになる、ナチュラルなグラデーションカラー、こういうカラーもオススメです‼︎

ナチュラルな仕上がりにもできるので、仕事など規定が厳しい方にもオススメになります

style=”display: block;”

 

スロウカラーでの外国人風カラー

ブリーチカラーは1回染めただけでは理想にはなりません


つまり最も必要なのは『回数』

積み重ねる事で、ブリーチカラーは深みも透明感も高まっていきます。よくあるのですが、透明感も深みを一度につくってしまう事はほぼ無理です。

ある程度、深みを強くするか、透明感を強くするかではないと回数を重ねる事でよりブリーチカラーはキレイになります。透明感と深みを同時につくる事ができます

ぼくがブリーチカラーする時は一度目は、カラーの下限まで落とす事が多いです

ブリーチカラーの良いポイントというのは「深み」と「透明感」を同時に出してくれる事

クリアな透明感のあるカラーなんかも回数が必要になるので一度ではできません。

何回かカラーを積み重ねてからつくる必要があります

 

 

ブリーチカラーで透明感のあるカラーに

グラデーションにブリーチしている髪が退色してきたので、そのままカラーをしていきます。ブリーチカラーだから成せる色ですね。

春夏秋冬関係なく美しい色です。サックリとだせるのでオススメです

 

定番の外国人風カラー

スロウ

外国人風といえば間違いなくアッシュです!

そして、ブリーチとスロウカラーの組み合わせは最強です

スロウのアッシュからマットや、モノトーンをローテーション形式で染めるのもオススメです。飽きないカラーができるというのも魅力です。

同系色だと、蓄積していてキレイに当然染まるが、とくにスロウの寒色系ラインはとてもキレイに染まる。

染めるのが楽しくなります!!

ブリーチ

髪色で人のもつイメージを変えます、髪色の「インパクト」が全くちがうので、チャレンジしましょう!

濃いめの外国人風カラー

絶対にできます、外国人風カラー。

しかし、人工的につくるものなのでもちろん、努力やカラー方法はとても大切になります。

大切なのは「諦めない事」です

途中で、できないから今までのものを無駄にするというのはとても残念です。髪質や髪色によっては複数回、必要だったりもします。しかし、諦めなければ絶対できます!

キレイな髪は、やり続ける事が大事になります!

 

 

白っぽい感じにする時は・・

ブリーチ

白っぽい色になるようなブルーアッシュに調整したカラー

かなり濃く色が入るように、明るさも下限まで落としています、ちなみに今回のケースではアッシュですが、髪の状態により変えます。

アクセントカラーを多めに処方する事で色味を濃く表現しています。黄色みが少し強いのでヴァイオレットもブレンドトナーを加えています。

おおよそ1週間から2週間ほどで退色し、キレイなグレー色になります。

通常よりも濃い色に狙うメリットとしては、圧倒的に色持ちがよくなるという事

一週間後はこんな感じに・・

ブリーチ

ベリーピンクというものもキレイです!

ブリーチ

ペリーピンクもキレイに染まります!

まずはブリーチサプリメントを使用し、「赤み削り」に入ります!‼︎

ベリーピンクも赤みを邪魔とするのです。

ピンク多めの処方にしています。サブにパープルを入れています。ブリーチで赤みを削った後に、黄色みを削るためのパープルです。こんなキレイに入ります。

今回は、スロウカラーのピンクを使いましたが、とても素敵なベリーピンクになります!

 

こんな感じの時のレスキューカラーとしても・・

「インディゴ」「ヘナ」には要注意です‼︎

ブリーチ

セルフカラーでの失敗によるレスキューカラーです。

ほんとに注意です。

特に、「インディゴ」や「ヘナ」という表記の市販カラーには、注意してください‼︎髪がえらいことなります。

その後のハイトーンカラーが「超高難易度」になります!

剤によってはブリーチしても取れないなんてことも、あります。

カットをして「無くなるまで取れない」ケースです。インディゴの色に合わせて、カラーをしなくてはいけなくなるので是非注意しましょう。

イルミナカラーとのブリーチカラー

ブリーチ

イルミナカラーの「トワイライト」という色で仕上げたカラー

かなり濃く、鮮やかに染まり上がるのでオススメです!

かなり攻撃的ですが、ガッツリと入ってくれるのでお好みで染めれます

その他随時更新していきます。
(最終更新 2017年)

 
 



Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.