美容師の日記ブログ

男が「女性の髪をさわる」仕草にドキッとする理由とは!?

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

男が女性の仕草でドキッとする事ってたくさんありますよね。

よく聞く話だったら、例えば・・

  1. さりげなーく髪をさわる(髪がなびく)
  2. 目線があった時のふいな笑顔・目線そらし(感ん違い)
  3. 服の端を「ちょんちょん」と引っ張られる
  4. かるーいパンチ(ボディータッチ)
  5. てへぺろ顔・アヒル口(一部の人の意見)
  6. 満面の笑み(爆笑じゃない方)

その中でもとくに、髪をさわる仕草というのは嫌いな人はいないんじゃないかなと思います。

きし
きし
女性が髪をかき上げたり、ひとつにまとめたりする髪をさわる仕草を見て、内心ドキッとしている男が多いって言う事は知っていましたか?

今回は、男が女性の髪にさわる仕草についてのエントリー。

 

女性の髪をさわる仕草になぜドキッとするのだろうか?

女性の髪をさわるという行為に対して女性の色気というものを感じる事がありますが、なぜ髪なのでしょうか?

まずは、女性らしさを感じる髪をさわる仕草をまとめてみました。

『人気3選』髪をさわる仕草

それではどんな髪の触り方が良いのでしょうか?

髪を結ぶ・ほどく


髪が邪魔になるときに結ぶのは女性としては自然な行動ですが、それを見た男性はドキッとしています。

「食べている時に髪をうしろで結わく」
「運動をするときに髪をしばる姿」

こういう仕草にグッとくるという意見もありますね。

髪をかき上げる


女性が長い髪をかきあげる仕草にグッとくるという男性もいてますが、女性にしか見られない仕草ということで、ツボにハマる男性

は多いみたいですね。

「手でかきわけるところ。食事の時に手でかきわけている」
「長めの前髪をかきあげる感じ」

男性はこれが1番好きな人が多いのではないかと思います。

髪を耳にかける


顔にかかりそうな髪を耳のうしろにまわす仕草が好きという男性も。何となく仕事ができる女性に見えるのは、大人の女性に弱い男たちにはたまらないですね。

仕事をしだす前の耳をかける姿

これはショートでも、ロングでもできますね。

女性が髪をさわるしぐさの心理学

髪をかき上げるしぐさについても紹介していきます。

女性が髪をかき上げるしぐさの、大抵は男性に対して好意を持っていて、女性として見てほしい、認識してほしいという心理状態を表しています。

髪は女性らしさの象徴であります、ですから髪をかき上げて、女性らしさを演出し、相手にアピールするということもあるみたいですね。

女性が髪をさわるしぐさの心理
  1. 緊張を隠すため
  2. キレイに見られたいという女心
  3. ただ顔がかゆい
きし
きし
もちろん、単純に髪の位置が気になって、髪をさわって位置を整えているだけの場合もありますから、ここのところは、注意が必要ですね

なぜ男の心に響くのだろうか?

これは至ってシンプルです。

髪は女性の象徴だからです

髪をさわる事で男はドキっとします。それは女性の髪が女性の象徴だと言う事を、男は本能で理解しているからだと言われています。

そして髪をさわる事でイメージも変わる事から男の心に響くやすいのだと思います。少しイメージが変わるのが魅力的に見えたりもしますからね。

ヘアスタイルとはかなり重要なもの

これだけ書きましたが、ヘアスタイルはとても重要なものです、意中の男性を落とす時なんかには使えるのではないでしょうか?

髪にまつわる仕草というの多くは女性にしかできないもの。

長い髪をかき上げたり、まとめたりする姿に女性らしさを感じてしまうのも、わかりますね。髪をさわる事が多いぼくでも女性らしさは感じますからね。

でも、あまりにもわざとらしく髪をいじるとただの清潔感がない人になってしまうので、あくまでもさり気なくするということを忘れずにすべきですね。

きし
きし
男性は髪の長い女性にドキッとすることが多い、そう考えるとショートカットの女性は損をしているような気がしますが、ショートはショートの魅力があります、そこんとこもまた書いていきたいですねー

以上でした。

勉強になりました。

おしまい。

あわせて読みたい
男ウケが良いとされる女性のヘアスタイルについてこんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 今回のエントリーでは、男性からみた女性の好みのヘアスタイルや、男性にウケるヘア...

 

 

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
きしろぐサイトマップ

 

シャンプーカテゴリー

洗い流さないトリートメントカテゴリー

スタイリング剤カテゴリー

くせ毛カテゴリー

オージュアカテゴリー

サロンカラーカテゴリー