【厳選ヘアケアセット】おすすめアイテム

【セルフカラーの黒染めには注意】美容師が教えるヘアカラーを美容室でおすすめする理由

【セルフカラーの黒染めには注意】美容師が教えるヘアカラーを美容室でおすすめする理由

この記事の内容

セルフカラーの注意点まとめ

美容師をしていると自宅で行うセルフカラーの黒染めの失敗をたくさん見ます。

黒くするぐらいだから、家でサクッとすませよう

としてセルフカラーで済ませてしまい、色がムラムラになってしまったり、変な髪色になってしまうことも少なくありません。

そこで当記事では、黒染めの失敗についてと美容室でする黒染めのおすすめの理由についてわかりやすくお話します。

ポイント

美容師が”黒染めのセルフカラー”についてアドバイスします

 

セルフカラーでの「黒染め」をするということについて

セルフカラーでの「黒染め」をするということについて

 きし
セルフカラーの黒染めというのは、単純に染める以外にもたくさんの悩みがあります。

つま

セルフカラーの黒染めをする前にぜひ見てください!!

当記事では、さまざまな人が当てはまってくると思います。

長期の休みの後にヘアカラーを楽しんだ後にを色をなおしたり、就活の面接前にカラーをしたり、黒染めをするタ理由はそれぞれあります。

セルフカラーをする人には大きく3つの理由があると思います。

3つの理由

  • 「カラー料金を安くすませたい」
  • 「時間がないから…」
  • 「そもそも美容室に行きたくない…」

こういう理由なりますが、セルフカラーで黒髪にする前にお伝えしたいことがあります。

セルフカラーで「黒髪」にする前に伝えたいこと

 きし
髪とは大きな印象をもちます、それこそ顔やメイクなどよりも、単純ですが面積が広い分大きな影響力があります。

人があなたに持つイメージや、人があなたにもつ第一印象は「髪で決まる」と言っても過言ではありません。

そんな大事なヘアスタイルのカラーをそんな安っぽくすませてはいけません。

もちろん市販のドラッグストアでカラー剤を購入してセルフカラーをすれば約1000円前後で済むかもしれません、美容室のサロンカラーをすれば軽く5倍以上はかかります。

しかし、あなたのイメージや第一印象が1000円ほどの価値によって悪くなる可能性があることを考えてみてください。

もし、それを直そうとすればセルフカラー+美容室(サロンカラー)代が結局かかるので、逆に費用もかさみ、髪も傷み、時間浪費をし、良いことは一つもありません。

ぜひ、セルフカラーをしようと考えているなら美容室でカラーをすることをおすすめします。

へアカラー失敗例

ヘアカラーの失敗例には3つの失敗があります。

3つの失敗例

  • 色がムラムラなってしまう…
  • 緑っぽくなる…
  • 髪が傷んでしまう…

というな危険性があります。

そもそもですが…

なぜ黒染めを自宅のセルフカラーをすると失敗するのか?

髪の多さや長さなどたくさん大切なことはありますが、ぼくが重要にしているものは「いつカラーをしたのか?」というものと髪の明るさになります。

それを理解せずに、なにも考えずに黒くしようとすると失敗します。

本来、髪を染める際には新生毛(健康な状態の髪)と既染毛(ヘアカラー、紫外線、熱のダメージがある髪)の2種類を染め分ける必要があります。

髪の状態はそれほど大切なことなのです。それを知らずにすると成功することもあれば多くは失敗しているはずです。

黒染めは本来とてもパワーのあるカラー剤です。パワーのある黒染めをセルフカラーの場合は毛先まで塗ることしかできません。

そのために、髪が傷みやすかったり、色がムラムラになったりもします。

注意
不自然な黒髪は逆に目立つ

黒の種類にもさまざまな黒があります、一般的には6レベル〜2レベルという表記の明るさが黒い髪のラインとなっています。

一般企業などは8レベルや7レベルくらいまでの明るさなら、カラーをしても良いというのをよく聞きますね。

しかしそれもまた、髪の明るさの状態によりどこまで下がるかがわからないのです。例えば、

  • 「金髪の女子」と「茶髪の女子」がいます。

これはイメージです、大体のおおよそですがパッと見て全然明るさが違う2人のヘアに、同じ黒染めのカラー剤で染めた場合は同じ色になると思いますか?

MEMO
そもそも真っ黒な髪の子は今は少ない

そもそも論にはなりますが、年々紫外線が強くなる日本においては真っ黒な髪の子の方が珍しかったりします、それぐらい黒髪というのはおしゃれとしても確立しつつありますからね。

だからこそ狙ってだすのではない限りはやめた方が良いのです。

 

【次のページでは、実際に美容室で黒染めをしたものをご紹介します】