おすすめのヘアケアランキング詳しくはこちら

セルフカラーの黒染めには注意!美容師が教えるカラーを美容室でする理由

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

この記事の内容

セルフカラーの注意点まとめ

美容師をしていると自宅で行うセルフカラーの黒染めの失敗をたくさん見ます。

黒くするぐらいだから、家でサクッとすませよう

としてセルフカラーで済ませてしまい、色がムラムラになってしまったり、変な髪色になってしまうことも少なくありません。

そこで当記事では、黒染めの失敗についてと美容室でする黒染めのおすすめの理由についてわかりやすくお話します。

POINT

黒染めのセルフカラーについてアドバイス

おすすめシャンプ

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

 

セルフカラーでの「黒染め」をするということについて

セルフカラーでの「黒染め」をするということについて
きし

セルフカラーの黒染めというのは、単純に染める以外にもたくさんの悩みがあります。

廣瀬

セルフカラーの黒染めをする前にぜひ見てください!!

当記事では、さまざまな人が当てはまってくると思います。

長期の休みの後にヘアカラーを楽しんだ後にを色をなおしたり、就活の面接前にカラーをしたり、黒染めをするタ理由はそれぞれあります。

セルフカラーをする人には大きく3つの理由があると思います。

3つの理由
  • 「カラー料金を安くすませたい」
  • 「時間がないから…」
  • 「そもそも美容室に行きたくない…」

こういう理由なりますが、セルフカラーで黒髪にする前にお伝えしたいことがあります。

セルフカラーで「黒髪」にする前に伝えたいこと

セルフカラーで「黒髪」にする前に伝えたいこと
きし

髪とは大きな印象をもちます、それこそ顔やメイクなどよりも、単純ですが面積が広い分大きな影響力があります。

人があなたに持つイメージや、人があなたにもつ第一印象は「髪で決まる」と言っても過言ではありません。

そんな大事なヘアスタイルのカラーをそんな安っぽくすませてはいけません。

もちろん市販のドラッグストアでカラー剤を購入してセルフカラーをすれば約1000円前後で済むかもしれません、美容室のサロンカラーをすれば軽く5倍以上はかかります。

しかし、あなたのイメージや第一印象が1000円ほどの価値によって悪くなる可能性があることを考えてみてください。

もし、それを直そうとすればセルフカラー+美容室(サロンカラー)代が結局かかるので、逆に費用もかさみ、髪も傷み、時間浪費をし、良いことは一つもありません。

ぜひ、セルフカラーをしようと考えているなら美容室でカラーをすることをおすすめします。

へアカラー失敗例

へアカラー失敗例

ヘアカラーの失敗例には3つの失敗があります。

3つの失敗例
  • 色がムラムラなってしまう…
  • 緑っぽくなる…
  • 髪が傷んでしまう…

というな危険性があります。

そもそもですが、なぜ黒染めを自宅のセルフカラーをすると失敗するのか?

髪の多さや長さなどたくさん大切なことはありますが、ぼくが重要にしているものは「いつカラーをしたのか?」というものと髪の明るさになります。

それを理解せずに、なにも考えずに黒くしようとすると失敗します。

本来、髪を染める際には新生毛(健康な状態の髪)と既染毛(ヘアカラー、紫外線、熱のダメージがある髪)の2種類を染め分ける必要があります。

髪の状態はそれほど大切なことなのです。それを知らずにすると成功することもあれば多くは失敗しているはずです。

黒染めは本来とてもパワーのあるカラー剤です。パワーのある黒染めをセルフカラーの場合は毛先まで塗ることしかできません。

そのために、髪が傷みやすかったり、色がムラムラになったりもします。

注意

不自然な黒髪は逆に目立つ

一般企業などは8レベルや7レベルくらいまでの明るさなら、カラーをしても良いというのをよく聞きますね。

しかしそれもまた、髪の明るさの状態によりどこまで下がるかがわからないのです。例えば、

  • 「金髪の女子」と「茶髪の女子」がいます。

これはイメージです、大体のおおよそですがパッと見て全然明るさが違う2人のヘアに、同じ黒染めのカラー剤で染めた場合は同じ色になると思いますか?

MEMO

そもそも真っ黒な髪の子は今は少ない

だからこそ狙ってだすのではない限りはやめた方が良いのです。

目次に戻る

「黒染め」を美容室でおすすめする理由

「黒染め」を美容室でおすすめする理由
きし

黒染めではセルフカラーではなく、サロンカラーをおすすめしています。

廣瀬

とくに黒染めはダメージもあり髪への負担が大きいのです!

「だったら黒染めする時はどうしたらいいの?」

どうするべきなのかを考えると、ある程度に自然に仕上がるようにするためには美容室でするサロンカラーがおすすめです。

基本的に、黒染めで真っ黒にするよりは黒染めよりはかなり濃いめのアッシュ色がおすすめです。

かなりキレイになりますし、髪への負担も少なくすみます。

実際にブリーチ毛を黒髪に染めてみた

実際にブリーチ毛を黒髪に染めてみた

実際に黒染めしたものをご紹介

スロウカラー
スロウカラー
スロウカラー

いかがでしょうか?

アッシュって結構明るくなっちゃうんじゃないの?

って思いがちですが、黒染め用のアッシュカラーもあるので、黒染めに不安を感じている人はそういうヘアカラーもおすすめです。

ただ黒くするだけよりも少しアッシュを入れてあげることで、光加減によってキレイな色をつくることができます。

目次に戻る

あとがき

あとがき
きし

黒染めの危険性と実際におすすめな黒染めについてご紹介しました。ヘアカラーもとても奥が深いので、さまざまは髪色ができるのでよく考えてしていきましょう。

黒染めと言っても、組み合わせや処方の仕方によって色幅が広がっていきます。

例えば、強めの白髪染めでなくて、白髪染め用の濃い色にアッシュを混ぜると濃いめの黒染めアッシュをつくることができます。

アッシュカラーの幅広さを知らない人は多いのです。そのためにサロンカラーの黒染めはおすすめとなります。

そして、できればセルフカラーの黒染めは控えましょう!

真っ黒が悪いわけではありませんが、ぼくは黒染めをする時は黒よりもその人にあった色をしてあげるのが一番だという風に考えています。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次