2017/09/23

【書評】鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

昔、オーナーが独立前に読んでいた本らしいです。

鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール

実話を元にした、親子のストーリーです。

母親の目線で進んでいきますが、母親ではなくても、全く気にならなくて感情移入はしやすかったです。

ぼくは、なにか胸のつっかえがおちました。

読み終わったあとは、心地よい気持ちになります。

以下抜粋。

現実に起きる出来事は、一つの結果です。結果は必ず原因があり、その原因は、あなたの心の中にあるのです。つまり、あなたの人生の現実は、あなたの心を映し出した鏡だと思ってもらうといいと思います。
反面教師は有名ですが、まさにその通りな文面です。
必然の法則というのがありましてね、それを学ぶと次のようなことがわかるんです。じつは、人生で起こるどんな問題も、何か大切なことを気づかせてくれるために起こるんです。つまり偶然起こるのではなくて、おこるべくして必然的に起こるんです。ということは自分に解決できない問題は決して起こらないのです。起きる問題は、すべて自分が解決できるから起きるのであり、前向きで愛のある取り組みさえすれば、後で必ず「あの問題が起きてよかった、そのおかげで…」と言えるような思想をもたらすのです。
問題をどう乗り越えるか、自分のために起きている問題と捉えるか。捉え方や感じ方って人それぞれですがとても大切なことです。無駄な時間などないですから。
ゆるすことでやすらぎが手に入る

「ゆるせない‼︎」と誰かを責めているとき、私たちはやすらぎを感じることができません。体には余計な力が入り、心は波立ます。さらに、この状態が続くと苦しくなってきます。

私たちは、「ゆるす」という選択をすることもできます。ゆるすことで私たちの体も心もゆるんで、リラックスできます。そして、過去の呪縛から解放され、やすらぎと精神的な自由を手にいれることができるのです。
これが一番かと。誰かを攻めている時って、ほんとカッコわるいなと思います。受け入れたり、ゆるすということが一番らくなのに。
次のようなビリーフを持っていると、相手をゆるすことにブレーキがかかります。
  • ゆるすと自分が損をしてしまう
  • 自分が嫌な思いをしたのは100%相手の責任であった
  • 自分に責任はない
  • 自分の責任を認めるより、被害者でいるほうが楽である
  • 相手は、罪の報いを受けるべきである
  • 恨みは復讐しないと晴れない
  • 自分を守るためにはゆるしてはいけない

これらのビリーフが自分を幸せにするかどうかよく考えてみてください

よくあるビリーフですよね。わかっていながらもゆるせない時ってあるけど、「ゆるすための8つのステップ」なんかもあるのでまとまりとしては納得できる内容でした。

とてもスッキリします。ゆるすというか受け入れるという表現のほうが自分ははいりこめましたね。

書評としては

とても読みやすい本だった

あとがきや目次を抜くと、59Pという短さなのでサラっと読めてしまいます。

でも、内容はとても濃く、悩んでいる時に読むとなんか、胸の中からスーッとする感覚に。

実際に始めて読んだ時も30分ほどあれば読めるのでとにかくオススメの一冊です。

ぜひ、参考に。ではでは〜

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2016 All Rights Reserved.