最強のシャンプーランキング30選

矯正+デジタルパーマ=「ストウェーブ」の特徴とメリット・デメリット

2 min
きし

きし

ストウェーブって技術をご存知ですか?

縮毛矯正であるストレートと、パーマであるウェーブを複合させたメニューというのがストウェーブという技術になるんですが、まぁぶっちゃけ何年も前からある技術なんですよね。

そんなストウェーブという技術について、サクッとお話します。

この記事の著者
この記事の著者

ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

ブロガー

ゆきな

Yukina

プロフィール


運営者は、美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー洗い流さないトリートメントスタイリング剤(ワックス)ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

「縮毛矯正×デジタルパーマ」という技術について

くせはあるけど縮毛矯正だけだと飽きてしまうそんな人にはピッタリなメニューですよ、美容室によってストカールなんていうメニューにもなってたりします。

関連記事【パーマを徹底解説!】女性におすすめの「コールドパーマ」「デジタルパーマ」「エアウェーブ」を美容師が解説!

ストウェーブのメリット

何よりも気になるのがメリット。

1番のメリットとなるのはスタイルのレパートリーが増えるという事でしょう。

「くせがあったからパーマがかけれなかった…」

「ストレートだけだとボリュームがなさすぎる…」

などの悩みがあり、今までは縮毛矯正orパーマだったものが、縮毛矯正orパーマorストウェーブという3つの選択肢になります。

そして、もう1つは時間短縮です。

ストウェーブの工程
  1. カット(スタイルにもよります)
  2. 薬剤塗布
  3. シャンプー
  4. ドライ&ストレートアイロン
  5. ワインディング
  6. 薬剤塗布
  7. お流し
  8. ブロー

多少前後はしますが、大まかな手順になります。別々にする事で 数工程は増えます。

本来、パーマとストレートを別々にする事だけでも、かなりの時間になります、シャンプーやドライ&ブローを削減できるだけでも大きな時短となります。

3時間(縮毛矯正)+2時間(パーマ)=5時間が、ストウェーブにする事で4時間ほどに短縮されます。髪質によってはさらに効率的になります。

ストウェーブのデメリット

もちろんメリットだけではありません、メリットがあるならデメリットも存在するものです。

  • ストウェーブができないヘアスタイルがある

ショートは基本的にできない、というかする必要はないと思いますが…ストウェーブは基本セミロングや、ロングのメニューになります。ショートでもかけれない事はないですが、スタイル維持が極端に変わります。

  • 時短にはなるがどれでも長時間メニュー

時短ができると言っても、時間がかかるメニューの1つにはなります。さすがに4時間という長時間はきついですね。

  • 料金設定が高い

これもですが、元々の高額設定である縮毛矯正+パーマはやはり高めの料金設定になるはずです。

ストウェーブとはこんな感じです

ストウェーブ ストカール
ストカール ストウェーブ
ストウェーブ ストカール

ストレート感はこんな感じ

ストカールストウェーブ

ストウェーブ ストカール
根元から耳のラインぐらいまでの縮毛矯正は、ツヤ感を維持しています。

パーマ感はこんな感じ

ストウェーブ ストカール

ストウェーブ ストカール
ストレート感を壊さないようにウェーブをつくります。

ストウェーブストカール

いかがでしょうか?

ストウェーブについてや、メリットやデメリットについて紹介しましたが、色んな事を踏まえても素晴らしいメニューの1つです。

ストウェーブはたくさんの要望を叶えられるメニュー

くせの悩みを解消、ボリュームの悩みを解消できるメニューです。

とても素敵になりました。

ぜひ、参考に。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください