美容師のぼくが「ボクシング」を1年ほどして感じたメリットとデメリットを語ります

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

趣味の一つですが、ぼくはボクシングをしています。

そもそもなぜボクシングかと言うと、運動不足とビールによるビールっ腹が、気になり体を絞めていきたいと思い、アレコレと探しだしたのがキッカケでした。

そして、気軽にできるスポーツで候補にあったのが・・・

  • ボルタリング
  • ボクシング
  • ダンス
そこからなんとなくで決めました(まぁリズム感は死ぬほどないのでダンスは却下ですが) 始めてから、だいたい2年ぐらいなので、色々とまとめてみました。

 

ボクシングとは?

両手にグローブをはめ、こぶしで相手を打ち合い、勝負するスポーツ競技。拳闘(けんとう)と呼ばれることもあります。

ボクササイズなど今や簡単に始めることができるスポーツです

体重を落とすためなら食事制限をするだけでもできますが、体にたまった脂肪はなかなか落とすことはできません。

それよりも食事制限だけのダイエットをすると、脂肪だけじゃなく筋肉まで痩せ細り、代謝が落ちて痩せにくい体になってしまいます。ダイエットをするには、食事制限と運動を一緒にすることが大切です。

その上でボクシングは、とてもバランスが良いです。腕だけでなく身体全体を使うスポーツなので。筋肉だけでなく身体作りができるスポーツです。

ボクシングジムワークの紹介

スムーズにこなせば、一回の時間が約1時間半〜2時間ぐらいの目安です。仕事との両立をするためには、この辺はとても大切です。

時間は有限ですから

短い時間でいかに効果的に体に変化が現れるかがとても大切。 しかしライ○ップは嫌です。楽しくなさそうなのと食事制限がキツいです、ぼくはある程度は食べ動き、理想の身体になることが大切だと思っていますで。 ジムでは、3分=1セットという基準で進めます。

縄跳び

足腰鍛えるのと、リズムレッスン。跳べりゃなんでもいいんだけど、なんかかっこ良く飛びたくなります。 しかし、意外に3分って長いです、コツとしたら両足で跳ぶのではなく片足づつで跳ぶとかなり楽に跳べます。1〜3セットほど。

シャドーボクシング

一人で仮想の敵を想定し、自ら立って手足を動かす。 仮想の敵からの攻撃を避けながら殴るなどの攻撃に転じるトレーニング、鏡の前で自分のフォームの確認するためのトレーニングにもなります。

シャドーボクシングがあるからこそダイエットに最適なのはご存知でしたか?運動には、大きく分けて有酸素運動と無酸素運動の二つがあります。酸素を使って脂肪を燃焼させるのが、有酸素運動です。

シャドーボクシングは有酸素運動と無酸素運動の複合運動であるため、短い時間で効率的にエネルギーを消費できるのです。

パンチングボール(シングル)

テレビとかでよくやっているやつ。

音がすごいなるので気持ちよいです。しかし真っ直ぐ当て続けるのが難しく、難易度が結構高いです。

主には、動体視力と反射神経を鍛えます。たまにこれは意味がないとか言われることもあります、実際に強いチャンピオンでしていない方などもいますから。

しかし、動体視力や反射神経はボクシングにとって必要なことです、ゴリゴリと鍛えていきましょう。

パンチングボール(ダブル)

真っ直ぐ殴るレッスン。ボールを殴るため、中心にヒットしないとそれるため、とても難易度が高い。シングルよりも少し難しいかな。

こちらも動体視力と反射神経が鍛えられます、さらに身体を動かすしながらするためにシングルよりもトレーニングが必要となります。

マスボクシング・ミット打ち

スパーリングと違い、基本は寸止め形式で距離感やスタミナをつけるレッスン。マス=寸止め・練習用などの意味があるみたいです。

基本的にはボクシングで1番楽しいものが、マス・スパーリングです。楽しめるぐらいまでに上達することは初心者は目標とすべきでしょう。

ミット打ちは、とても楽しく爽快感もあります。

ボクシング感、それがミット打ち

「パン、パ、パァアァァン」と初心者の方でもボクシング感を味わえます。

美容師のぼくが一年ほど「ボクシング」をして感じたメリット・デメリット

ぼくは始めてから半年くらいは週1日、半年から一年くらいで週2日、今は週3日通いって感じで増えていっています。 なんのスポーツでもそうですが、やり始めよりも上手くなってきたという実感を感じ出してからが楽しいですよね。

メリット

  1. とにかく短時間で筋力アップが測れます
  2. 適度に疲労するために睡眠がよくとれる
  3. 楽しいので、ストレス発散
  4. 体力がつく(仕事が疲れない)
  5. ボクシングはオールマイティーに鍛えれます

楽しいし、ハマります!

ボクシングの1番の良いところは、身体全体を鍛えていけるというところです、一般のイメージだと腕だけのスポーツに思われがちですが、有酸素運動、無酸素運動はもちろん、足腰もしっかりと使うスポーツです。 そして体力がつくので、仕事ぐらいであれば全く疲れなくなります、彼女との買い物が疲れなくなります、子供と遊ぶの疲れなくなります(まだいませんが・) なんか色々と、疲れなくなります。

デメリット

  1. 飲食の量が増えがち
  2. 行けないと逆にストレスになる
  3. 費用がかかる
  4. 筋肉痛

運動したからと、余計に飲食が増える。運動後のビールとかうますぎる‼︎ ストレス発散で行くのはいいんだけど、行けなくなると逆にストレス溜まっちゃいます、本末転倒です。

まとめ

時間を無駄に過ごすだけなら、是非ともオススメするスポーツの1つです。

ぼくも美容師なので「顔腫れ」は、NGなのでスパーリングはしません。しかし上記のジムワークだけでも十分楽しめるし、体もかなり絞れます。(最近はスパーリングをしたくてしょうがありません)

目的にあったジムワークもできるし、やはり上手くなっていく実感があるので筋トレだけのジムやライ○ップよりは、ボクシングがオススメになります。 ボクシングする時もシューズとグローブだけは良いの使うほうが良いです。手と足は大事なので。

ちなみにぼくの通っているジムは「エコボクシングジム」はいてる人も良い人ばかりで、ストレスなくトレーニングできます。

初心者が多いので居心地が抜群です。

上級者やプロが多いジムだと、正直力量の差があり楽しめない可能性もありますので。

しかし初心者でもリングに上がれるし、敷居は低いので、序盤から楽しめます。

和歌山でお住まいの方は是非に。見学無料です。

是非とも参考に。

ではでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA