髪に関わるさまざまなことに特化した美容師ブログ

きしろぐ

月別カテゴリー

初めて人へ!髪に関わる役立つ記事・読みたい記事が分かる「髪知識の厳選サイトマップ」はこちら







【アディクシー×透明感】外国人風カラーが叶う「アディクシーカラー」の特徴を徹底解説!

 
  2018/02/16
WRITER
 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

アディクシーカラー」をご存知でしょうか?

今回は、ミルボン社の「オルディーブ アディクシーカラー」という商材であるカラー剤についてをプロとして分かりやすく解説していきます。

さらに、実際にロングヘアモデルでヘアカラーもしてみたのでデモンストレーションもかねて使用感や考察をまとめていきます。

ミルボンとは?

ミルボン min

ミルボンとは1965年以降、ヘアサロン専用ブランドとして成長している美容メーカー社です。ミルボンの商材はもともと、美容室でしか購入できないものだったことをご存知ですか?

しかし最近では、楽天などのネットショップでも販売されており、元々がヘアサロン専用品ということもあり、品質も高く、髪質が改善した・まとまりがよい・ボリュームがアップした・などの口コミが多く、人気の美容メーカーが「ミルボン」です。

正式社名「株式会社ミルボン」。英文社名「Milbon Co., Ltd.」。化学工業。昭和35年(1960)「ユタカ美容化学株式会社」設立。同40年(1965)現在の社名に変更。本社は大阪市都島区善源寺町。業務用頭髪化粧品メーカー。

出典

ミルボン社の良いところ

美容師をしているとミルボンの情報というのは、とても多く流れてきます。ミルボン商品のみ取り扱う「ミルボンサロン」というものまであるぐらいです。

そこで美容師が感じるミルボン社のシャンプーの特徴をまとめ人気の理由を解説していきます。

オルディーブ アディクシーカラーとは?

オルディーブ1 オルディーブは、ひとり一人の異なる髪素材、その時々の女性の気持ちに応え、上質かつ繊細な質感表現を叶えるサロン専売のオーダーメイドヘアカラーです。

それに加えて「ブラウン」をかき消して自由自在に高彩度を発色させるのがオルディーブ・アディクシーカラーです。

上質な色味と質感を思いのままに表現できるプロフェッショナルヘアカラーブランド

お客さまの数だけ、なりたいイメージがあります。

ORDEVEは、ひとり一人の異なる髪素材、その時々の女性の気持ちに応え、上質かつ繊細な質感表現を叶えるオーダーメイドヘアカラーです。

サロンヘアカラーを楽しむすべての女性が輝き続けることを応援します。

アディクシーカラー チャート

オルディーブアディクシー

メインが7色、

全30色の構成となります。

アディクシーカラーのコンセプト

ヘアカラーをもっと自由に楽しくをコンセプトにダメージレス・ツヤ・透明感が一度にそろう新感覚のヘアカラー剤ですがその他のヘアカラー剤とどう違うのでしょうか?

そこでアディクシーカラーの魅力もまとめました。

アディクシーカラーのポイント

  1. ツヤと透明感を感じられる高発色ヘアカラー
  2. ダメージが少なく次回のカラーチェンジも簡単
  3. 色持ちが良く手触りとまとまりがある
  4. 放置時間も短くて良いの効率的
  5. 薬剤が塗りやすいので髪への負荷が少ない
  6. ニオイがすくない。

外国人のような自由なカラーデザインが新たなファッションカラー価値観へ

個性を表現したい女性は周囲との違いを求める傾向にあります。

SNSなどの普及により欧米の文化に触れる機会が増え、外国人を身近に感じることが多くなってきています。

ヘアカラーが「特別なこと」から「当たり前」になっている中で自分の個性にあったカラーデザインを求められるお客さまがどんどん多くなってきています。

それを叶えるのが「アディクシーカラー」です。

「Instagramで毎日オシャレな外国人や、キレイなヘアカラーを見て参考にしています」(20代前半女性)

求められている外国人風カラーとは?

外国人カラーとは欧米風デザイン=赤味がないベースのヘアカラーです。今求められているのはスマートフォンでも分かるぐらいの髪色です。

  1. Instagramにアップするために画面越しでも分かるような色にしてほしい
  2. Instagramにアップするから色が抜けていく過程もオシャレに見えるように

それを叶えるのがアディクシーカラーではブラウンをかき消すポイントは高彩度の「青」です。

アプリエカラーは「クリアブルーベース」

クリアベース

クリアな青を毛髪内部へしっかりと届けてブラウンをかき消します。

・青色をにごりのないクリアな発色へ

青の発色に適した発色調整分を1剤と2剤のそれぞれに選定し、ブラウンをかき消すクリアな発色を叶えます。

薬剤の内容
  • 1剤:HEDTA・3Na2 水塩(金属封鎖剤)
  • 2剤:ヒドロキシエタンジホスホン酸液(金属封鎖剤)

    ヒドロキシエタンジホスホン酸 4Na 液(金属封鎖剤)

・染料を毛髪に届けて芯から染まる

1剤に配合のリン酸ジセチルを配合して液晶クリームを形成しているので染料を毛髪に効率的に届けます。

薬剤の内容
  • 乳化剤

アディクシーカラーのカラーチャートはブラウンをかき消す5色

どの色相・レベルもブラウンを削ることにこだわったブルー軸で構成し、さらにクリアな色味表現を可能にするシンプルな染料構成になっています。すべての明度で透明感のある高発色を実現することができます。

ブラウンを削ることができる5色のカラー
  • グレーパール(青味のあるモノトーン)
  • サファイア(ブルーアッシュ)
  • エメラルド(カーキマット)
  • アメジスト(バイオレット)
  • シルバー(紫味のあるモノトーン)

アディクシーカラーの「2剤オキシダン」は状態に合わせて使い分ける

アンモニアの揮発を抑えた低刺激臭、不快感を抑えたカラー施術となります。

2剤の種類

  • 6%

髪を明るくする、リフトアップ時に使用します。

  • 4.5%

透明感を保ちながらトーンダウン、軟毛や髪が明るくなりやすい人に使用します。

  • 3%

ダメージが気になる人、髪を暗くする、トーンダウンの時に使用します。

アディクシーカラーの検証ポイント

やはり注目すべきなのは他のカラー剤との比較でしょう。

ぼくも去年までは、オルディーブのカラー剤を使用していましたが、色が弱いと感じてからスロウカラーに乗り換えたうちの1人ですからね。

実際にインストラクターの方も「ミルボンカラーを離れていた美容師さんがアディクシーが登場した事によって戻ってきてくれています」と言っているくらいです。

アディクシーカラーの特徴は、日本人特有のブラウンをかき消して欧米人の地毛のような仕上がりに・・・ってまんまのコンセプトですね。

と言う事は・・・

お決まりのアッシュカラーでの検証です

最近では定番になりつつあるメインカラーです。

もはや、外国人風がもういまや定番な感じですよねぇ〜

きし

今回は、モデル2名を違う色を使い実証していきたいと思います。

オルディーブ実証ポイント

  • サファイア(アッシュ色)を使用
  • グレーパール(グレー色)を使用
  • 匂い
  • 色の濃さや透明感

オルディーブアディクシー

カラーチャートです。

うーん、色のレパートリーはそんな多くない感じですね。色は5種類と強調色が3種類なので少なめな感じ。インストラクター曰くオルディーブとの組み合わせで色の幅を増やしていくとのことです。

きし

スロウカラーやイルミナカラーの対抗手段で言うと、低明度の暗い濃い色があるとの事、スロウカラー、イルミナカラーには6レベル以下の暗い色はありませんので差別化をするらしい。

その剤は今回は使えなかったのですが、また実証したいですね。

オルディーブアディクシー

実際に塗布してみた感じは匂いは軽減されている感じです。

オルディーブアディクシー

モデルケースを2つにわけ、ぼく流に解説もしていきますので、実証したモデルケースをご覧ください。

アディクシーカラーのモデル①

オルディーブアディクシー

事前状態では、黄色みがでている状態でほぼブリーチ毛です。

すでに赤みが削れているのでキレイに入る事は間違いなしです。

オルディーブアディクシー

その上に、オルディーブアディクシーでのメイン色を塗布していきます。

アディクシーカラー サファイア

今回のオルディーブアディクシーの目玉であるサファイアです。

色でいうとアッシュ色

むちゃくちゃ対抗していますね。はは。

オルディーブアディクシー

無駄にアップに。

アディクシーカラーの仕上がり

オルディーブアディクシー

ウェット状態、まぁまぁなイメージ。正直なところはスロウカラーやイルミナで色の透明感や濃さは見慣れているのでそんなに大きな驚きはありませんでしたね。

インストラクターの方には申し訳なかったですが。

アディクシーカラードライ&ブロー後

オルディーブアディクシー

オルディーブアディクシー

オルディーブアディクシー

オルディーブアディクシー

オルディーブアディクシー

オルディーブアディクシー

オルディーブアディクシー

オルディーブアディクシーのメインであるサファイアの仕上がりです、かなりキレイな色ではないでしょうか。

アディクシーカラーはかなりの透明感です!

エッセンスを加えずにそのままの色でこれだけキレイになってくれれば十分対抗できるのではないでしょうか?

これに色を加える事で、さらに極まりますね。

アディクシーカラーのモデル②

オルディーブアディクシー

モデルケース2人目も、黄色みがありアンダーの状態では赤みが削れているので、とてもキレイに入りそうな感じです。

オルディーブアディクシー

ペタペタ・・

オルディーブアディクシー

ペタペタ・・

やはり匂いも少なく、刺激も少ない感じらしいです。

オルディーブの強みはここですよね、他社と比べて使用感はとても良くて個人的にはおすすめです。

オルディーブアディクシー

こちらは少しアッシュから外れますが、

処方 アディクシーカラー グレーパール

目玉の1つでもある去年から人気なグレー色である「グレーパール」

色で言うと、グレーベージュです。

オルディーブアディクシー

アディクシーカラー仕上がり

オルディーブアディクシー パっと見た感じなんですが、こちらの色は微妙な感じが・・・。

アディクシーカラードライ&ブロー後

オルディーブアディクシー

オルディーブアディクシー

オルディーブアディクシー

オルディーブアディクシー

オルディーブアディクシー

オルディーブアディクシーオルディーブアディクシー

キレイっちゃキレイなんですけどね・・。

オルディーブカラーのグレーパールの仕上がりですが、思っていたよりも色が弱いなと感じましたね。単品の私用なのでこんなものと言われればそれまでですが、個人的には弱く感じました。

少し残念・・・

そもそもが色を加えて使う仕様の色らしいですね。なのでもっとガッツリと処方して使うとキレイな透明感がだせるみたいです。

アディクシーカラーのまとめ

ぼくが気になったポイントをまとめると・・・

良いポイント
  • サファイアがキレイに染まる
  • 3、5レベルの色の他にはない色がある
  • シルバー、グレーなどこれからもニーズがある色をピックアップしている

気になるポイント

  • サファイア以外が微妙らしい

インストラクターにも確認したところ、サファイア(アッシュ)と言う色を軸に、足りない色を処方していくみたいで、使い込んでいく事でオルディーブアディクシーのクセを理解して真価が発揮するらしいですね。

しかし、ミルボンの事は毎年どんどん新色を出してしるので、どんどん色も増えていくと予想しているのでこれからに期待ですね〜。

とても楽しかったです。

あざました。

他のヘアカラーエントリーもぜひご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
詳しいプロフィールはこちら






オージュアのサイトマップ

 

サロンカラーのサイトマップ

 







Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.