2017/09/23

【縮毛矯正の髪でも赤味を超抹殺】マットの上位互換”グリーン”の効果!

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

今日は、縮毛矯正の髪の悩みの一つである、

赤味を含んだ髪になりやすいということについて

縮毛矯正したあとはカラーを染めても発色しにくくなります。

そして赤味が消えにくいのです。

縮毛矯正の熱変性で髪にある赤みがでます。加え熱変性によりカラーの発色が著しく悪くなります。
赤の反対色はマットなので、赤味を消すためにマットを入れるというのは美容師の常識なのです。

しかし、それでも縮毛矯正の赤みというのは若干残る場合があります。

それぐらい要注意なのです

なので、そんな時‥‥

マットの上位互換の”グリーン”を調合したヘアカラー

がオススメ、赤味を抹殺していきます。

というか今回の処方はスロウのGREENのみです。

ということで、同日施術での縮毛矯正とヘアカラー、

仕上がりはこちら

いかがでしょう?

恐るべし、GREEN

縮毛矯正との同日施術でしたが、縮毛矯正とは思えないくらいにキレイに発色しましたよ〜

まとめ

縮毛矯正後ならGREEN単品の真価が発揮します‼︎

これはかなり期待以上の仕上がりに。

マットの上位互換の”グリーン”は効果絶大だった。

赤味抹殺に成功しました、矯正の後の髪色が気になる方は、ぜひに参考に。

ではでは。

 

こちらの記事もご参考ください。

くせ毛のまとめ記事。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2016 All Rights Reserved.