2017/09/27

美容師がオススメするドライヤーの「復元ドライヤー/エレクトロンドライヤー」のメリットデメリットと使用感を徹底解説【4モデル比較検証写真付き】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

今回のエントリーでは、現役美容師であるぼくがオススメするドライヤーについて解説します。

復元ドライヤーというドライヤー

結果から言うと、超高機能かつ高性能なドライヤーなのです。

美髪を育むドライヤーというものがコンセプトである「復元ドライヤー/エレクトロンドライヤー」というものが超オススメなのですが、その理由をガッツリと解説します。

(公式サイト参照)

「髪を傷めないで、美髪を育むドライヤー」を開発できないのか?「電磁波も発生しない体にも健康的なドライヤー」を開発できないのか?そんな想いで2年の歳月をかけ開発に成功したのが『復元ドライヤー』なのです。この構造は世界初!熱線のヒーター部からも育成光線を放射させるために、育成光線放射率93%という驚異のパワーを出す温光石を45ミクロンまで小さく装着しました。

さらに、出口に2枚のセラミックフィルターを装着することで、髪に確実にマイナス電子と育成光線が届くように設計。出口に2枚の障害物があるにも関わらず大風量になっており、低温で機能性ドライヤーがこの小型サイズで実現できたことは凄いことなのです。

復元ドライヤーのポイントとなるのは『育成光線』というエネルギー

育成光線とは、人体の細胞と共振共鳴作用をおこす6〜20μmの波長のこと。つまり通常のドライヤーみたい熱風で水分を蒸発させるわけではなく育成光線で共振共鳴をおこし気化させるということ。

美容室でドライヤーを購入歴がある方は。

風量や風圧などの弱さを不満に感じたりすることもありますが、ドライヤーとしてのそもそものメカニズムが違うのでこれは仕方ありません、目的と用途があります

身体や髪を元気にするエネルギーで、人体から出ているエネルギーと同じなので身体には、もっとも優しいエネルギーということになります。

さらにマイナス電子で細胞を復元

プラス電子は酸化(体がさびる)、マイナス電子は還元(体が若返る)。マイナス電子のエネルギーで活性酵素の除去や、細胞を元気にする役割を果たしてくれます。

低温の温風で、髪が乾かせることが1番の特徴で、風の吹き出し口での温度が HIGH80℃ LOW65℃ という低温です。

身体や肌にも良いというメリット

搭載されたセラミックスが育成光線(人体から照射される遠赤外線と同じ波長の遠赤外線)を照射し、美髪効果やリフトアップ効果を実感出来ることが特徴で美容機器としても活用できます。

動画でも解説しています。

髪を復元ドライヤーでドライ&ブローしてみた感じの仕上がり

サクッと使ってみた結果的には、一度の施術では見た目に関して言えば、あまり変化はないです。

使い続けないと変化は表れにくいらしく、プロレベルでないと見分けがつかないですね、ただしこれはセラミック系のドライヤーの特徴の一つですが、かなりツルツルになるからか手触りは段違いになります。

まぁ、そもそもは復元ということなので、当て続けることでどんどん髪がキレイになりキレイになるということです。

通常のドライヤーでは当て続けると痛み、パサつく、熱で硬くなるというものが1番の悩みですが、復元ドライヤーでは、まさに硬くなることがなく、髪が超柔らかくなります!

メリット
  • ツルツルになるので手触りがやばい
  • 低音なために全く熱くない
  • 人気ドライヤーの中では超低価格

“//kazukikishi.com/wp-content/uploads/2017/04/FullSizeRender-12.jpg” name=“” type=”r”]最近で人気のあるヘアビューザーやダイソンなんかと比べるとかなりの低価格な上に、ドライヤーだけでなく美容器具としての使い道があるので、女性にとっては必需品ではないでしょうか?[/fbvoicel]

うちの妻もお風呂上がりには、スキンケア後に共振共鳴作用のある電磁波のある美容器具を使用していますが、ドライヤーと美容器具と2つを1つでできるとは超便利ですよね。

デメリッ
  • 音が少しうるさい
  • 少し重い気がする
  • コードの収納に困る(ドライヤーの形状的に)

音はこれぐらいで結構な音です。

“//kazukikishi.com/wp-content/uploads/2017/04/FullSizeRender-12.jpg” name=“” type=”r”]家などであれば音って結構重要じゃないかなと思います、慣れもあるかもですが結構音がでかい・・[/fbvoicel]

デメリットは慣れればそんなに気になってこないかな・・

一般の美容室ドライヤーと比べる

吹出口の温度について
  • 一般的美容室ドライヤー 120度〜
  • ヘアビューザー(レプロナイザー) 110〜140度
  • ダイソン 70度〜
  • スカルプドライヤー60度〜
  • 復元ドライヤー65度〜80度


実際に復元ドライヤーと一般美容室のドライヤーで、比較検証してきます。今回使用する一般美容室ドライヤーはこちら。

よく使われているドライヤー「ノビー」です。

一般的美容室ドライヤー(左)VS復元ドライヤー(右)です、吹出口を比べて見ましたが見た目だけでも全然違いがあります。

そして、実際にどれくらい違うのかというものを様々な髪で比較していきます。

  • 後ろから見て左が復元、右が一般
  • ブラシで軽くブロー
  • アウトバスやスタイリング剤は一切つけずに施術

黒髪ロング

シャンプー後にドライ&ブロー。

カットも一切せずにドライ&ブローのみをさせてもらいましたが、手触りだけでなく見た目にもまとまりがでてくれました。

サロントリートメントした後の比較

こちらはサロントリートメントである「オージュア」をしたあとにドライ&ブロー。

こちらも復元ドライヤーの方にかなりまとまりが。さらにボリューム的にもかなりおさまりがあるのでクセのある人にもオススメですね。

ヘアカラー後にも検証

ヘアカラーをした後にドライ&ブロー。

こちらの方はクセが強いからか、違いがあまりわかりませんねぇ。うーん、使い続ければ効果がでてくる気はしますが・・。

ブリーチカラーをした髪にも検証

ブリーチカラーした後にも比較していきます。ブリーチ後なので当然ダメージがある状態です。

かなりおさまりとぱさつきが軽減されているように思います。ケミカルダメージにはかなり効果的ですね。

全体をわかりやすくまとめると・・

まとめ

美容室ならではの検証でしたが、いかがでしたか?

何人かを半分に分けて比較してみて感じたのは、とにかく手触りがめちゃくちゃ良くなるということでした。

とくに、復元ドライヤーを当てれば当てるほどキレイになっていくのには衝撃がありましたね、美容師としては髪をキレイにするというのに対してはもう手放せないマストツールになりました。

簡単にまとめると・・

  • おさまりが良くなる
  • パサつきもおさまる
  • ケミカルダメージやエイジング毛にも効果的
  • ドライヤーだけでなく、美容器具としも効果が期待できる

ドライヤーは毎日乾かすようにというアドバイスを美容師さんにされたことがある人が大半だと思います、しかし乾かすと髪にダメージを与えることにもなります。

乾かさなければスタイルのまとまりが悪くなる、しかし乾かせばダメージになる・・・、そんな矛盾解決してくれます。

かなりの人気商品のために気になる方はお早めにチェックを。

価格

17,000(税込)

現在の流行のドライヤーの中では超低コストではないかと思います。レプロナイザーなどは30000を超えますからね。その価値はありますが・・。

それでもドライヤーとしても美容器具としても効果の高い「復元ドライヤー」は超オススメな商品です。

購入したい方はこちら

LINEでも注文できます。


電話注文はこちら。

おすすめのアウトバストリートメント、

CMADKという擬似キューティクルが髪をしっかりと保護してくれるだけでなく、エイジングケアも同時にできるので髪を摩擦だけでなく、老化からも守ってくれます。

ぜひ、参考に。

次の記事はこちら↓

 
Site map


チェックエントリー

シャンプー剤の教科書

くせ毛の教科書

スタイリング剤

洗い流さないトリートメント



 
この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.