2017/10/15

失敗しないために『縮毛矯正』と『ストレートパーマ』の違いを美容師が徹底解説

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

皆さまはストレートパーマと縮毛矯正の違いってご存知ですか?

以外に知らない方が多いことなのですが、ストレートパーマと縮毛矯正には大きな違いがあります。

これらの2つのメニューはくせ毛に対してアプローチする技術メニューになるのですが、知らない方のために現役美容師が、ストレートと縮毛矯正の違いについて徹底解説します。

ストレートと縮毛矯正について

まずは実際にどういう風に違いがあるのか、それぞれの効果使用についてを解説していきます。

ストレートとは

専用の薬剤をつけて、毛髪にある結合を切断・再結合させ、その毛髪が持つ重力の抵抗をそのまま形状させる技術です。つまり、強いくせや強いパーマはきちんととれることはありませんが、髪のもつナチュラルな仕上がりを再現します。

今では多くが「パーマ戻し」という風に伝えているストレートパーマですが、パーマもかかり具合によっては、とれないor施術した後は真っ直ぐな髪でもそのうちとれてくるというケースもよくあります。

縮毛矯正

ストレートパーマとの一番の違いというのはアイロンによる熱処理が施されることです。そのため縮毛矯正をかけた毛髪は、半永久的にストレートままです。(もちろんダメージ具合などによってくせに似た症状がでるケースもあります)

肝心になるのが、アイロンによる熱処理なため「トップを1㎝あけてボリュームを出す」「アールをつけてアイロンして丸みをつける」など技術による調節もできるのが特徴です。

昨今、矯正剤の進歩もあり、昔みたいに「矯正をした後はかけました感が出るのが嫌」なんてことはないくらいナチュラルに仕上げることもできています。

しかし、技術メニューの中では群を抜き髪にダメージを与えるというのがデメリットになります。

かける頻度や、かけ方が大切になります。

どっちがいいのか

くせ毛の方というのは、自分の髪にコンプレックスを感じている方が多いとは思います。

そこで、ぼくがお伝えしたいのは1番は自分のくせ毛を活かしたヘアスタイルにすることです。

ストレートヘアである真っ直ぐの髪にするだけが正解ではなく、思い切ってショートにするのもいいですし、くせ毛を活かしてパーマにするというのいいということで、その選択肢としてストレートヘアがあるだけなのです。

その中で、ストレートヘアにするという選択をする時にも、どのようなストレートにするか?どんな髪質なのか?髪やスタイルによって必要なものを施すことが大切なのです。

では「ストレートと縮毛矯正はどっちがいいのか?」についても解説していきます。

目的が違う

ストレートパーマと縮毛矯正の1つ目の違いは、かける目的が違うということです。

ストレートパーマとは、髪にカールや軽めのウェーブ程度のパーマを落とす元々のストレートヘアに戻したい時やボリュームを削るという時にオススメします。

そして縮毛矯正とは、元々の髪質にクセがありそのクセを真っ直ぐに矯正をしたい時にかけます。

髪をストレートにするという面では同じことですが、元々の髪にあるくせやパーマに強さによってかける目的が変わります、まずは目的を明確にすることが大切です。

ここに関してはどちらかと言うと、ご自身で決めるというよりは目的と髪のの状態を考慮して美容師の判断に任せるというのも1つです。

くせ毛についてのエントリーはこちらです。

髪へのダメージが違う

ストレートパーマと縮毛矯正の2つ目の違いは、髪へのダメージの大きさが違うということです。

ストレートパーマ専用の剤でストレートに仕上げるストレートパーマに対し、縮毛矯正は剤だけでなく、ストレートアイロンを使用し熱処理を施し、髪を真っ直ぐに矯正します。

矯正はストレートアイロンの熱を利用するため、クセが強い髪でもストレートになりますが、髪へのダメージがとても大きくなります

一方ストレートパーマは、縮毛矯正に比べて髪のダメージは少ないですが、もともとの髪質にクセが少ない方でないと真っ直ぐにになりにくいものになっています。

ストレートの持ちが違う

ストレートパーマと縮毛矯正の3つ目の違いは、施術後のストレートヘアの持ち(期間)が違うということです。

ストレートパーマはカールをつけるパーマと同じように、約2か月前後で取れていく傾向にあります。

一方縮毛矯正は髪をストレートに矯正するので、縮毛矯正をかけた部分の髪は半永久的にストレートヘアが保たれると言われています。

しかし、施術後に伸びてきた根元部分の髪には縮毛矯正がかかっていないので、半年~1年程たつと、根元のクセが目立ってきてしまうことがあります。

それぞれのメリット

ストレートパーマにもメリットがあり、縮毛矯正にもメリットがそれぞれあります。そのメリットを考えることも大切です。

ストレートパーマのメリット

  • パーマを落としたい
  • リーズナブルに済ませれる
  • 施術時間が早い
  • 髪のダメージが少ない
  • コテで巻いたりストレートヘアも楽しめる

縮毛矯正のメリット

  • 髪のくせが強くてもキレイにストレートになる
  • 長期間、ストレートを保てる
  • ボリュームをしっかり収められる
  • ある程度のくせでもしっかりと対応できる

分かりやすくメリットとしても並べてみました。

ヘアケアポイント

こちらはストレートパーマ・縮毛矯正ともに共通事項になります。髪をキレイに保つポイントについても解説します。

48時間はシャンプーをしない

ストレートパーマや縮毛矯正をした後、48時間以内はシャンプーを控えるようにしましょう。

施術後、美容室を出るときにはキレイなストレートヘアに固定されているように見えますが、実はまだ髪に剤(ストレートパーマ・矯正)が定着していません。

剤により髪の内部成分が構築されているものを再構築していますが、再構築までの時間が約48時間程度かかると言われています。

そのため、48時間以内にシャンプーをしてしまうと、髪にダメージを与える原因になり、くせ毛の原因である髪の凹凸のある状態にしてしまうのです。

しかし美容室によっては、48時間以内にシャンプーして良いと言われることも、48時間以上シャンプーしないでくださいと言われることもあります、それはストレートスタイルの持ちに関わることなので、極力控えるようにしましょう。

濡れた髪は早めに乾かす

ストレートパーマや縮毛矯正をした髪は、お風呂などで濡れたら、できるだけ早く乾かすようにしましょう。

濡れた髪というのは、髪の表面にあるキューティクルという髪の皮のようなものが開いています。そのキューティクルの隙間から髪の水分がどんどん蒸発してしまいます、

またキューティクルが開いている状態で髪同士に摩擦が起きると、キューティクルが剥がれてしまう可能性もあります。

ストレートパーマや縮毛矯正によって傷んでいる髪に、これらの負担を与えてしまうと、せっかくのストレートヘアが、パサついたりツヤを感じられなくなったりするかもしれません。

そのため、濡れた髪はできるだけ早く乾かすように意識しましょう。

ドライヤーにこだわりをもつと、よりキレイに保てます。

過度なブラッシングしすぎない

ストレートパーマや縮毛矯正をした後は、必要以上にブラッシングをしないようにしましょう。

施術によって傷んでいる髪には、ブラッシングによる摩擦が負担となってしまいます。

朝のスタイリングや、シャンプーの前に髪の絡まりを解くときなど、必要な時以外は手ぐしや、大きめなクシで整える程度にして、ブラッシングをしすぎないように心がけましょう。

ブラッシングを全くしないのも逆に絡まりの原因になります。適度にはブラッシングはするようにしましょう

まとめ

いかがでしょうか?今回はストレートパーマと縮毛矯正との違いをあらゆる視点で解説してみました。

何も知らずに色々髪にしてしまうと、髪には負担だけがかかります。髪に与えたダメージというものを、治すことはどんな方法をもってしてもありえません。

だからこそキチンと相談するための知識として持っておくべきです。

ぜひ、参考に。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.