2017/09/21

【くせ毛だからスタイリングが上手く決まらない!?】美容師が教えるドライヤーの使い方を見直して楽チンにスタイリングを目指そう!

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

くせ毛でスタイリングが上手くいかない・・

スタイリングしてもすぐうねりがでてくる・・

そんな風に悩んでいる人も少なくないはず、特に雨の日や湿気の多い日などはより一層まとまりが悪くなり、ストレスをためるというのもよく聞く話です。

そんな悩みのある方には、スタイリングよりも何よりもブローを大切にしてほしいです。

くせ毛でお悩みの全ての方のためにまとめました。

くせ毛のブローの大切さについて

くせ毛のブローとは一体なんなのか?まずはそこから解説していきます。

ブローとは、元々ある髪をキレイに輝かせるスタイリングの一種です。メイクで言うところの下地やファンデーションのような土台の役割をしてくれます。

ヘアスタイルにおいて最も重要なことがフォルム(カットでつくるヘアスタイルの形)ですが、2番目には実はブローが重要になるのです。

ブローとはスタイリングの土台になります

ストレートアイロンやカールアイロンの前にブローをしてあげることにもぼくたちはよくブローをします。様々なところでブローとは活躍してくれます。

よく「ストレートスタイルにするんだったら、アイロンで良くない?」と聞かれたりしますが、ブローはまた全然違う役割なのです

しかし「美容室に行けばキレイにブローしてくれるけど、でも自分でなんかこんな風にキレイになんかできない」という悩みもまたよく聞きます。でもくせ毛のブローと言うのは、とても簡単なことなんです。要はなれることとやり方が重要になります。

例えば、「高校生の女の子が自分でアイロンする」かのようなイメージでブローをするのです。なにも美容師さんみたいにブラシを使う必要もないです。

どうしてもできない場合は、手(ハンド)とドライヤー(ブロー)でするハンドブローがなんかでもキレイになります。

でもブローって痛むんじゃないの?

こちらはスタイリングに対する考え方になります。

まずは、痛むか痛まないかの答えは、髪は痛みます。通常のドライヤーはは毛髪にある水分を高温の風により蒸発させて乾かすので、髪には負担がかかり、ダメージになります。

ただしダメージのない髪=キレイなヘアスタイルではないという考えです。

キレイなヘアスタイルのためには髪にダメージを与えるようなことも必要なのです。

例えば、ヘアカラーやパーマと言った技術メニューも髪には負担になります、しかしキレイにするためや、可愛くするためにヘアカラーやパーマをするように、日々のキレイの土台をつくるためにはブローは必要なのです。

なのでブローは髪には負担にはなりますが、やり方を工夫してまとまるヘアスタイルをつくりましょう。

きちんと髪を乾かさないと・・・

「自然乾燥だとダメですか?」という質問もよくあります。自然乾燥をする人も結構多いですよね、なので自然乾燥をしてはいけない理由をもまとめました。

  • 頭皮に雑菌が繁殖する
  • 頭皮の臭いの原因
  • 髪がパサつき、うねりやすくなる
  • 摩擦が起きやすくダメージの原因に
  • ヘアカラーやパーマの崩れの原因に

プロからすれば

“https://kazukikishi.com/wp-content/uploads/2017/04/FullSizeRender-12.jpg” name=“”]

絶対にドライヤーで髪は乾かした方がいい!
[/voicel]

ブローのやり方

それでは本題のやり方について解説していきます。

まずはしっかりとタオルドライ

まず髪を乾かす前にしっかりとタオルで水分を取りましょう。

髪をこすり合わせたり、叩いて水分とるのではなく優しく水分をタオルで拭くようなイメージです。

目安としては髪を触った時に、手に水分が全くつかないぐらいまではよく拭きましょう。タオルドライが不十分だとドライヤーの時間が長くなり、余計にダメージにも繋がるし、効率も悪くなります。

正しく乾かしましょう

ドライヤーである程度まで乾かしますが、無闇に縦横無尽に乾かすのはNGです。

最初は前髪がある場合は前髪から

まずは前髪から乾かしていきます。変なくせがつかないように乾かしていきます。さらに前髪には一番くせが出やすいので、最初にしっかりと乾かしましょう。

次に根元を乾かしてから毛先を乾かしましょう

根元にドライヤー近づけて乾かすと乾きやすいです。分け目を消したい場合は左右に振って分け目をなくすようにして乾かしましょう。

その時はできるだけドライヤーが地面を向けるように、下に向けて乾かすとおさまりもよくなります。

分け目がつかないように、手でかくようにして無造作に乾かしましょう。

ブローでは必要になるものは3つ。

  1. ドライヤー
  2. ブラシ
  3. ダッカール

ブラシはこういうのがオススメです。

FullSizeRender 92

デンマン(左)ロール(右)のブラシです。どちらでも使いやすい方でブローしましょう。

いくつかポイントまとめておきます。

  • 1〜3㎝くらいの間隔でブローする
  • 慣れるまではドライヤーやブラシをどこかに置きながらブローする
  • 慌てず落ち着いてブローする

細かく丁寧にブローをすると髪がキレイになります。

ドライヤーにこだわると、さらに良いスタイルになりますよ。

洗い流さないトリートメントよりもシャンプーの方が大切

洗い流さないトリートメントはどれが良いですか?なんてこと聞かれると、それよりもシャンプーの方が大切ですよと伝えることが多いです。

洗い流さないトリートメントも大切なことですが、シャンプーやトリートメントありきでの話です。

こういうシャンプーがオススメです。





まとめ

ブローについてのエントリーでしたが、「ブローなんてできない・・」なんて話をよく聞きます。

しかしブローよりもストレートアイロンで真っ直ぐしたり、コテアイロンで巻き髪をつくるほうがよっぽど難易度が高いですよ。それに比べたらブローは簡単にできて、その上でキレイですよ。

ヘアスタイルの土台となるブローをしっかり使いこなしましょう。

ぜひ、参考に。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.