美容師のブログ

【髪が細い・軟毛・猫っ毛は生まれつき?】原因と対策についてを美容師が徹底解説

あなたは自分の髪質に悩んではいませんか?

  • 髪が細い
  • 軟毛
  • 猫っ毛

こういう髪質の人の一番の悩みはボリュームがでないという悩みを抱えてらっしゃるはずです。

また、ボリュームがでないの他にもコテで巻いてもすぐにとれる毛先がよく絡まるなどなど、そんなお悩みを持った方はたくさんいます。特にトップのボリューム問題に関しては多くの方が同じ悩みを感じていられます。

そんな悩みの原因である髪が細いということは生まれつきだとあきらめていませんか?

そんな細毛の原因についてを徹底紹介します。

髪について

髪の役割って知っていますか?何気なく生えている髪ですが、そんな髪にもちゃんとした役割というものがあるのです。

髪の役割
  1. 頭部の保護
  2. 不要物の排出
  3. 触覚機能・保護のサポート
  4. 装飾

この4つが役割として、髪は生えています。

髪は1人当たり約10万本生えています。

そしてそんな髪には寿命があります。1日におよそ50本~100本ほどは抜けると言われています。また、抜け毛の量は季節によっても抜け毛の量が変動するといわれています。

関連記事>>>美容師が教える髪の基礎知識

あわせて読みたい
美容師が教える髪の基礎知識 美容師として髪(毛髪)についてを一般の人にもご紹介します。 髪をキレイにするためには、まずは髪のことを知っていきま...

 

なぜ髪が「細い」「猫っ毛」「軟毛」という悩みがあるのか?

きし
きし
まずは髪が細いや猫っ毛などの悩みがあるのでしょうか。
つま
つま
細毛や猫っ毛の髪の悩みによる原因を知っていきましょう♪

なぜ髪が「細い」「猫っ毛」「軟毛」というような悩みがあるのか?

細毛の原因について分かりやすく紹介していきます。

多くの場合は、「遺伝と「ヘアサイクルに左右されます。

生まれつき髪が細い原因の1つである遺伝ですが、髪の量や質に個人差があるのは、親からの遺伝が大きく影響をしていると言えます。

日本人の多くは太く直毛と言われていることが多いようですが、それとは異なり細毛や軟毛、猫っ毛などさまざまな種類があります。

きし
きし
家族と髪質が似ている、もしくは同じということはないでしょうか。おそらく多くの人は似ているでしょう。それは細毛や軟毛のメカニズムとなっています。

そのため、多くの場合は遺伝毛穴の大きさに左右されます。

猫っ毛の原因① 髪質の「遺伝」とは毛穴によるもの

遺伝とは、身体の構造から類似し結果として類似してしまう髪質のことです。

本来、髪はこのようにして地肌から生えてきています。

地肌にある表皮から真皮まである毛穴が、遺伝によって類似しているということです。

つまり、多少の違いはあるけどもある程度は決まっているのです。

これが細毛になってしまう原因の1つです。

猫っ毛の原因② ヘアサイクルによって髪質は変化する

髪というのは「成長期」「退行期」「休止期」という時期を、一定の周期で繰り返し髪を生え変えています、これをヘアサイクルと言います。

 特徴
   成長期成長期に毛根が成長し、新しい髪が生えます。2〜6年ほど成長し続けます。
退行期退行期は毛根がだんだんと小さくなっていき、髪を成長させる活動が鈍くなっていく段階です。
休止期休止期は髪の成長がとまり、毛根が眠っている状態です。 およそ3~4ヶ月ほどで再び成長期に入ります。

ヘアサイクルが短くなることが髪にとって悪影響になる

正常なヘアサイクルの成長期は2~6年ですが、薄毛の場合はそれより短くなってしまっている可能性があります。

つまり、成長期が短いと言うことは、髪が十分に成長できていない状態になります。

通常より早く退行期・休止期に移行し、毛根が小さい状態が続くために、細い毛が増えていくというわけです。

実は毎日髪は抜けている

実は髪というのは毎日抜けていくものです。

1日に抜ける髪は、およそ50~100本ほどです。

抜け毛は自然なものですから、心配しすぎるのはよくありませんが、もし抜け毛が「いつもよりちょっと多いかな?」100本を超えているかもしれないので、注意です。

ヘアサイクルの乱れる原因について

ヘアサイクルの乱れる原因はいくつかあります。

ヘアサイクルの原因について
  • 生活習慣の乱れ
  • 睡眠不足
  • 喫煙や過度の飲酒
  • ストレス
  • 偏った食生活

これら生活習慣の乱れは、血流・血行不良を招き、髪に栄養が充分に行き届かなくなってしまいます。

髪に栄養を送るのは血液のみです。

この血流や血行不良は髪の栄養と止めているといことになるので注意が最も必要です。

このヘアサイクルの乱れが細毛の原因の1つでもあり、さらに放置し続けると抜け毛や薄毛の原因にもなるのです。

つまり、このヘアサイクルの循環を良くすることで髪は正常を保つことができ、逆にヘアサイクルの乱れを放っておくと細くもなっていくということなのです。

  1. 血流・血行
  2. ホルモンバランス

この2つが大きなポイントになります。

血流・血行

ヘアサイクルの乱れの原因の1つとしては、血流・血行の不良といわれます。

心臓をポンプとして、頭皮には血液が送られ、血液からの栄養を送られています。

栄養がなければ髪は痩せ細くなり、髪が健康的に育たなくなる場合があります。

血流不良を引き起こす原因は、ストレスや運動不足など多数ありますが、日常生活習慣が大きく影響していえると言えます。

ホルモンバランス

ヘアサイクルの乱れの原因の2つ目としては、ホルモンバランスの乱れもあります。

ホルモンのバランスが乱れることで、健康なヘアサイクルも乱れてしまいます。

個人差はありますが、髪が細くなるなど健康な毛髪が生えにくい成長しにくい状態になります。

これには、睡眠時間・食生活・喫煙・飲酒などさまざまな影響によってなりえるのです。

 

細い髪・軟毛・猫っ毛は生まれつきなのか?

きし
きし
ここまでで分かるように、細い髪・軟毛・猫っ毛は生まれつきの部分もあれば、そうでない部分もあるのです。
つま
つま
生まれつきの遺伝によってある程度の髪質や形状などは決まりますし、ヘアサイクルによって髪が細くなるケースもあるのです。
まとめ
  1. 生まれつきの遺伝によってある程度は決まる
  2. 生活水準によってヘアサイクルが変動し変わる
  3. つまり細い髪・軟毛・猫っ毛は生まれつきでもあり、生まれつきでない場合もあるといういことです

細い髪を太くすることはできる?

ここまで原因についてを紹介しましたが、実際に細くなった髪を太くすることはできるのか?

太くすることは、不可能です

 

髪を生成する成分は日々のヘアサイクルの乱れにより少しづつ減少していきます。

減少してしまった成分を作り直すことはできないのです。

しかし、乱れを循環にすることで、髪には順調に成長しいつまでも健康な髪になります。

細毛になる進行をとめることができるので、なくなったものをつくりなおすことはできませんが、とめることはできるので、早めにストップをかけましょう。

 

まとめ

遺伝するのはヘアサイクルというものですが、その後の生活習慣でもより髪が細くもなります。つまりは、髪が細いのは生まれつきだけのせいではないということです。

髪のヘアサイクルというものは遺伝され、髪質は親と類似したものにはなりますが、生活習慣を見直すことで健康な髪を維持することが大切になるということです。

素敵なヘアライフのために。

あわせて読みたい
【細い髪・猫っ毛で悩む人に】美容師がほんとにおすすめする『洗い流さないトリートメント』細い髪や猫っ毛に洗い流さないトリートメントをつけてベタついてしまった・・そんな経験はありませんか?それはあなたに合った洗い流さないトリートメントとつけ方ではないだけなんです。美容師がほんとにおすすめする洗い流さないトリートメントとつけ方をご紹介します。...
あわせて読みたい
【厳選シャンプー】猫っ毛・細い髪・軟毛に美容師が本当におすすめする『シャンプー3選』細い髪・猫っ毛・軟毛の原因と「ボリュームがでない」「コテで巻いてもすぐにとれる」「毛先がよく絡まる」、そんな経験はありませんか?それはあなたに合ったシャンプーと方法ではないだけなんです。美容師がほんとにおすすめするシャンプーをご紹介します。...
ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
きしろぐサイトマップ