年齢によって薄毛は変わる??年齢別脱毛症の種類と症状について

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

今、男性でも女性でも気になるという抜毛や、薄毛問題、

原因というのは様々なことからおこりますが、実はこんなことでも薄毛の症状が変わるってことを知っていましたか?

年齢によってこの脱毛症は変わる

年齢や、年代によって薄毛の症状が変わり、その他の年代で起こる脱毛症にもそれぞれ名前がついているのです。

年代に分けると3つ

  1. 若年性脱毛症
  2. 壮年性脱毛症
  3. 老人性脱毛症

そして、年代によって脱毛症になる原因は変わり、また様々な原因によって対策もまた様々です。具体的にどういう症状で、どのような原因があるのか解説します。

若年性脱毛症(じゃくねんせいだつもうしょう)

若年性脱毛症は10代~20代で起こる脱毛症のことです。

若年性というのは、医学的に特定の疾患があるわけではありませんが、本来の脱毛が始まる年齢より前に起きる症状と言われています。若い年齢で発生する脱毛症のために若年性となります。

年齢的、肉体的にまだ老化が始まっているとは呼べない年代でありながら、毛母細胞が正常な毛髪サイクルを維持できなくなり、額の生え際や頭頂部の髪が細くなったり、抜け毛が多くなるなどして次第に薄毛が目立つようになってしまうのが若年性脱毛の特徴です。

若年性脱毛症は、若い男性に多いですが若い女性にもおこります。

若年性とは若い年代ですが、起こる年代によって若年性という名称となっているため、その他の年代で起こる脱毛症にもそれぞれ名前がついています。

壮年性脱毛症(そうねんせいだつもうしょう)

壮年性脱毛症とは、30代~50代にかけて発症する脱毛症のことです。

最も脱毛症が起こりやすい年代ともいえるので、 壮年性脱毛症=AGA(男性型脱毛症)と言われることが多いです。

女性の場合はFAGA(女性男性型脱毛症)とも呼ばれています。

男女共に、この原因は同じで、男性ホルモン(テストステロン)が、毛根の毛母細胞で、DHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、髪の成長を妨げてしまうのです。DHTが、ヘアサイクルを乱れの原因となり、薄毛になってしまうと言われているのです。

この脱毛症の対策は、早ければ早いほど改善が早いです。

少しでも薄毛が、気になり始めたら早めのケアを始めましょう。

老人性脱毛症(ろうじんせいだつもうしょう)

老人性脱毛症とは、60代以降に発症する脱毛症のことです。

老人性脱毛症の原因は、 若年性脱毛症・壮年性脱毛症とは根本的に違ってきます。それは年齢を重ねたことによる、細胞の老化が原因となるのです。

つまり全体的に毛根自体に髪を生成する力がなくなってきているからなのです。

老人性脱毛症の症状の特徴は、生え際や頭頂部など一部から薄毛が進行するAGA・FAGAとは違い、頭髪全体が薄くなる、髪が細くなる、 髪のハリやツヤが失われていきます。

自然な老化現象のひとつでもあるので、発症してからでは対策は難しいものです。

つまり、早めに予防しておくことが最も大切になります。

若いうちからの予防対策・ケアなどをするようにしましょう。

まとめ

今回のエントリーでは、年代によっての薄毛の種類などを解説しました。

多くの悩まれる薄毛ですが原因を理解し、それに合った対策をしないと間違ったケアをしても改善はされません。自分の症状に合った対策が非常に大事になります。

是非、参考に。

育毛剤

やはり頭皮に直接アプローチをかけるのが最も効果的です。とくに育毛剤とは手軽に薄毛予防ができるアイテムです。そしてリスクがないことから、コツコツしないといけませんがかなり効果が期待できます。

マイナチュレ

FullSizeRender 102

女性人気のある育毛剤です。効果が実証されているのがオススメのポイントです。

オススメの育毛剤もご紹介します。

チャップアップ

FullSizeRender 101 かなり人気のある育毛剤です。返金保障やスパブラシなど様々なサービスもついています。そして何よりも効果が実証さてているのがオススメのポイントです。