2017/07/25

【パラフェニレンジアミン】ジアミンアレルギーの症状と原因と対策を美容師が徹底的に調査した

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

市販のヘアカラー剤を使用して、頭皮がかゆくなったり、赤くなったり、という経験はありませんか?

これらの症状は、ヘアカラー剤に配合されているジアミンという成分のアレルギーが考えられます。

症状がひどい場合は頭皮だけでなく、顔や体などが赤くかぶれるなど、様々なアレルギー反応を引き起こしてしまいます。
ジアミンアレルギーの症状だけでなく、原因と対策を学び、悩みを解決しましょう。

ジアミンアレルギーとは?

ジアミンアレルギーとは、ヘアカラー剤(酸化染毛剤)に含まれるパラフェニレンジアミンという酸化染料が原因で起きるアレルギーのことです。

ぼく達が普段何気なく使用しているおしゃれ染め白髪染めといったヘアカラー剤にはパラフェニレンジアミンという成分が含まれています。

パラフェニレンジアミンは最近の研究で、アレルギー反応であるアナフィキラシーショックを引き起こす原因になると判明しました。

もともとカラーリングでアレルギー反応が出ていた方や長期間繰り返し染めている方、そしてお肌が敏感で弱い方は症状を引き起こす可能性があります。

「私は大丈夫」と油断していると、後天的なアレルギーになってしまうので注意が必要です。

ジアミンアレルギー発症までの仕組み

ジアミンアレルギーを起こしてしまう主な原因パラフェニレンジアミン、この成分はとても刺激の強い成分のため、頭皮や皮膚にふれるとかゆみや炎症などのアレルギー反応を起こしてしまいます。

特に冬場などの乾燥している時期などは、頭皮が敏感なために傷つきやすくなっていて、小さな傷口などを通して毛穴から体内にこの成分が入ってしまい、頭皮だけではなく、体の様々な部分でアレルギー反応がでてしまう可能性があります。

人それぞれアレルギー反応の出るまでの期間が違うため、使用を続けていくうちにアレルギー反応が突然現れることもあります。

ジアミンアレルギーの症状とは?

ヘアカラー剤を使用してから、急に頭皮にかゆみがでたり、頭皮が薄くなったり、そんな症状が気になる方はもしかしたらジアミンアレルギーにかかっているかもしれません。

様々な症状を引き起こすと言われているジアミンアレルギー、まずは主な症状をまとめてみました。

  • かゆみ
  • 湿疹
  • 赤み
  • 顔やまぶたの腫れ
ジアミンアレルギーの症状は人によっても異なりますが、ピリピリと痛みをともなった辛い症状が見られることが多いです。

アレルギーが発症したらどうすれいい?

違和感を感じたら、まずは病院へ行くことをおすすめします。

ヘアカラーをしてから、少しでもいつもと違う変化や違和感があれば、すぐに皮膚科など病院に行ってください、というのも現状、美容室ではジアミンアレルギーが発症してからの対処法、対策などはないからです。

そのため自分の判断で、「これくらいなら・・」と、ヘアカラーを使用し続けたり、塗り薬などを塗らないようにしてください。

症状を悪化させる原因になりかねません。

ジアミンアレルギーの治療法

症状は人によってさまざまですが

  1. ステロイド剤の外用
  2. アレルギー剤の内服治療

など、病院での治療が一番最善な治療と言えるでしょう、そして症状に合わせた薬を処方してもらえれば、症状が改善に向かうはずです。

ただし、症状が快方に向かったからといって、再びジアミン配合のヘアカラーを使用してしまったら、またアレルギー反応がでてしまうので注意しましょう。

アレルギーが出た際のカラーは?

このような症状が出た場合のヘアカラーは・・

  • ヘナ
  • マニキュア
  • カラートリートメント

を使用すると良いです。

上記の商材はジアミンフリーなため、色のレパートリーは少ないものの安心安全にヘアカラーをすることができます。

まとめ


ヘアカラーに含まれるジアミン系成分によるアレルギーですが、安心してヘアカラーをするためにも、使用の前には必ずパッチテストを行いましょう。

パッチテストとは?

パッチテストとは、アレルギーの試験的なものです。かぶれやすい身体の一部にカラー剤を塗布し48時間ほど放置してアレルギー反応がないかを簡易的に判断する試験です。

もちろん、パッチテストだけで必ずアレルギーの確認ができるわけではありませんが、リスクを抑えるためにも大切です。

また、発症してしまった場合は自分の判断で対処せずに、医療機関に行き早めの治療をし、重度のアレルギーを引き起こさないようにしましょう。

ぜひ、参考に。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.