美容師おすすめのヘアケアセット

【脂漏性脱毛症】症状の原因と予防対策についてを解説

【脂漏性脱毛症】症状の原因と予防対策についてを解説

この記事の内容

脂漏性脱毛症の特徴、原因と対策の解説

薄毛や抜け毛以外にも、頭皮のかゆみやベタつきなどが気になることはありませんか?

例えば…

  • 頭皮や髪が皮脂でベタつく
  • 頭皮にニキビができやすく、地肌にかゆみがある
  • 地肌から脂っぽい臭いがする
  • 髪が抜けやすい
  • ブラシでとかすだけで抜ける
このような悩みをお持ちの方は、脂漏性脱毛症の可能性が考えられます

脂漏性脱毛症とはどんな症状なのか。

脂漏性脱毛症というのはあまり聞いたことのない症状だと思います。そこで知らない人にも分かるようにお話します。

そこで、今回の記事では、薄毛の種類の一つでもある”脂漏性脱毛症”について分かりやすくお話していきます。

 

「脂漏性脱毛症」とは?

「脂漏性脱毛症」とは?

 きし
脂漏性脱毛症という言葉を初めて聞く方にも分かりやすくお話します。

つま

女性で悩む薄毛の1つに「脂漏性」の脱毛症があります。

頭皮の毛穴から、この皮脂が過剰に分泌されることで薄毛になってしまう、もしくは髪が抜けてしまう症状を「脂漏性脱毛症と言います。

そして、脂漏性脱毛症には脱毛以外にも症状があります。

実は、皮脂というのは汗と一緒になって膜を作り、頭部を保護するという働きをしています。

 

しかし、過剰に分泌されることによって、空気中や髪に付いたほこりなどが付きやすく、

  1. 毛穴を防いでしまう
  2. 毛穴を詰まらせる
  3. 頭皮の代謝が悪くなる
  4. 毛根の働きが弱まる
など、髪を作り出す細胞の働きが低下し、その結果として薄毛・抜け毛を招いてしまうのです。

 

脂漏性脱毛症の原因は「脂漏性皮膚炎」

 きし
脂漏性脱毛症は「脂漏性皮膚炎」がの原因です。

脂漏性皮膚炎とは?

脂漏性皮膚炎とは、カビの1種でもあるマラセチア菌が頭皮で繁殖し、皮脂にある刺激物質を変化したものによって起因する症状です。マラセチア菌とは常在菌の1つでもあります。

この脂漏性皮膚炎は、毛穴が詰まりそこからくる炎症やかゆみによって頭皮環境が悪くなります。

また、ヘアサイクルである成長期や退行期、休止期まで保つことが難しくなり、最悪の場合は髪が生えなくなり薄毛になる場合もありますので、早めのケアが重要になります。

イメージ図

 特徴
   成長期成長期に毛根が成長し、新しい髪が生えます。2〜6年ほど成長し続けます。
退行期退行期は毛根がだんだんと小さくなっていき、髪を成長させる活動が鈍くなっていく段階です。
休止期休止期は髪の成長がとまり、毛根が眠っている状態です。 およそ3~4ヶ月ほどで再び成長期に入ります。

上記のヘアサイクルを乱し、薄毛や抜け毛になるのです。

かゆみやベタつきに加えて、抜け毛が多くなるとこういうことをチェックする必要があります。

マラセチア菌増殖の原因

脂漏性皮膚炎の原因でもあるマラセチア菌は、常在菌の1種です。

これらは通常であればそれほど害のあるものではありません。

しかし、頭皮が乾燥しフケがマラセチア菌が異常をきたすほどに、繁殖してし発症するのが脂漏性皮膚炎となります。

こららは、頭皮の環境整備が原因になります。

  • シャンプーの回数が適正でない
  • シャンプー剤が合っていない
  • 過度なストレス
  • 飲食物
主な原因はシャンプー剤やシャンプー法にあったりします

頭皮の清潔を保つために行っているシャンプーが洗いすぎによって、乾燥し逆に皮脂を分泌してしまうこともあります。

当然ですが洗いな足りない場合も皮脂が固まってしまう脂漏性皮膚炎になる可能性を上げてしまいます。

さらに、偏った飲食においても発症する可能性をあげるので注意が必要になります。

 

シャンプーってどれも同じじゃないの?

 きし
「シャンプーってどれも同じじゃないのか」という質問もありそうですが、実はそうではありません。

市販シャンプーは洗浄力の強いシャンプーが大半です。

特にラウリル硫酸系のシャンプーが多く、洗浄力が強く必要な皮脂までをも取り過ぎてしまう傾向にあります

頭皮に必要な皮脂を取りすぎてしまうとどうなるか。

必要な皮脂まで取り除くと頭皮は乾燥します。

頭皮は、乾燥から守るため皮脂を必要以上に分泌しようとします、結果的に過剰な分泌となってしまうのです。

 

粃糠性脱毛症と脂漏性脱毛症は似ているが違う

脱毛症の中でも、脂漏性脱毛症と粃糠性脱毛症とは、同じ脂漏性皮膚炎が悪化すること起きる脱毛症です。

 種類 特徴
脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)脂性フケ、細かいフケが特徴。皮脂が剥がれ落ちる
粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)乾燥フケ、大きなフケが特徴。角質が剥がれ落ちる

 

脂漏性脱毛症の予防対策

 きし
次に、脂漏性脱毛症の予防対策についてもお話します。

つま

今回の紹介する内容は予防にも対策にも共通するものになっているのでできることから始めていきましょう!

脂漏性脱毛症の対策としてはいかにして、「脂漏性皮膚炎」をおこさないようにするかということです。

脂漏性皮膚炎の対策

  1. シャンプーを変える
  2. 育毛剤をつける
  3. 食生活を改善する
  4. 病院に行く

この上記をすることによって、症状も大きく変わるはずです。

順番にお話します。

 

シャンプーを変える

 きし
頭皮がべたつくからと言って洗浄力の強いものを使いがちになりますが、頭皮はデリケートです。できるだけ頭皮に優しいものを使うようにしましょう。

脂漏性脱毛症には、頭皮と髪をキレイにするアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

地肌に優しい洗浄力で、必要な皮脂を残しながら洗髪できるのが特徴で、アミノ酸には薄毛・抜け毛への予防も期待できるので、脂漏性脱毛症の方にはぜひ使用してみてほしいシャンプーと言えます。

おすすめシャンプー「ベルタ」

 きし
ベルタのシャンプーは髪も頭皮もキレイになるのでとてもおすすめです!

つま

アラサーの私の敏感は地肌と髪には相性バツグンのシャンプー&トリートメントです!

シャンプーの特徴

「ベルタシャンプー」は、人気女性誌でも話題沸騰している大注目のシャンプーです!ベルタは、多くの女性が悩む頭皮や髪のさまざまなトラブルを改善するための商品です。

ポイントをトータルすると、頭皮と髪のことをこれほど考えているシャンプーはありません!それほど優秀なシャンプー&トリートメントなのです!

美容師としては、このシャンプーはたくさんの人に使ってほしいと考えています!


 

育毛剤でマラセチア菌の繁殖を止める

 きし
頭皮にマラセチア菌の繁殖を食い止めるには育毛剤が最も効果的です。

おすすめの育毛剤「マイナチュレ」

育毛剤の特徴

かなり人気のある育毛剤で、返金保障やスパブラシなどさまざまなサービスもついています。

そして何よりも効果が実証さてているのがおすすめのポイントです。

[jin-button-float visual=”float” hover=”” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8" url=”http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TIKZT+DSJK2I+2GP2+BWVTE”]マイナチュレを見る[/[/jin-button-float]hr>

 

シャンプーの仕方を改善する

 きし
脂漏性脱毛症の方は、力の入れ過ぎや、髪を洗いすぎてしまうことを注意しながらシャンプーしましょう。

おすすめのシャンプーの方法一覧

  1. シャンプー前はブラッシングで髪の汚れをとる
  2. すすぎはシャワーでしっかりとすすぐ(2分ほど)
  3. シャンプーは爪ではなく指の腹で洗う
  4. 地肌を優しく
  5. シャンプー剤もしっかりとすすぐ
  6. タオル優しく拭いてあげる
  7. お風呂上がりは必ず乾かす
爪でゴシゴシと洗うと頭皮を傷つけたりすると脂漏性の可能性が上がります。

とにかく地肌に優しく洗うように注意しましょう。

そして洗いすぎも、逆に皮脂を分泌してしまいます、1日1回を守りましょう

 

脱毛症は食生活の乱れも原因

 きし
皮脂の過剰な分泌の原因は食生活の乱れも原因にあげられます。

脂っぽいものを食べすぎたり、偏った食生活を続けていたりすると皮脂が異常に多く分泌されてしまうのです。

現代人は普通に食べているつもりでも野菜が不足していることが多いと言われていますので、ビタミンやミネラルといった身体を健康に保つために必要な栄養素をたくさん摂取しましょう。

また不規則な生活を送っているような場合にも正常な皮脂の分泌量を保つことができなくなり、過剰分泌となることがありますので注意が必要です。

栄養のあるもの一覧

 栄養 食物
亜鉛牡蠣、かずのこ、ひじき、のり、きなこ、みそ、など
ビタミンAうなぎ、にら、にんじん、かぼちゃ、緑黄色野菜、など
ビタミンB納豆、レバー、セロリ、ほうれん草、小松菜、など

地肌がベタついている・匂う程度であればシャンプーを変えるだけでも改善が期待できます。

 

終わりに…

まとめ

 きし
脂漏性の原因と対策についてまとめてみました。

つま

予防や対策は早めが1番良いので気づいた時から始めていきましょう!
まとめ

原因

  1. 皮脂の過剰分泌とマラセチア菌が原因
  2. 脂漏性皮膚炎となる
  3. 頭皮環境によって発症する症状

対策

  1. シャンプーを変えてみる
  2. 育毛剤をつけてみる
  3. シャンプーを優しく丁寧に1日1回

脂漏性というからには汗と連想しやすいです。汗というのは夏だけに感じがちですが、1年と通して注意すべき症状の1つです。

薄毛の怖いところは、傷みを感じないことから自分では気づきにくいということです。

病気の場合は、身体傷みなどのなんらかのサインとして現れてくれるのでわかりますが、薄毛のサインはとても気づきにくいのです。

大事なのは原因に対しての対策をしっかり取ること。

そして頭皮は敏感で傷つきやすいので、できるだけケアをし予防対策をしましょう。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください