美容師おすすめのヘアケアセット

【牽引性脱毛症とは?】美容師が症状の原因や対策まとめ

【牽引性脱毛症とは?】美容師が症状の原因や対策まとめ

この記事の内容

牽引性脱毛症の特徴、原因と対策の解説

女性はいつでもキレイにしていたい。

そう思うのは自然の流れです。

しかし、忙しくなれば髪をまとめたり、束ねたままにしてしまい効率化を優先してしまいます。

毎日のようにまとめてたり髪を束ねたままにしておくことによって、髪の生え方が変わったり変なところに分け目がついたりすることはありませんか?

実はそれ、女性に多い脱毛症の1つ牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)かもしれません。

今回の記事では、牽引性脱毛症についての特徴、原因や対策など、分かりやすくお話していきます。

 

「牽引性脱毛症」とは?

 【牽引性脱毛症とは?】美容師が症状の原因や対策まとめ

 きし
牽引性(けんいんせい)という言葉を初めて聞く方にも分かりやすくお話します。

つま

女性で悩む脱毛症だと言われています。

牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)とは、髪が何らかの理由により引っ張られることにより抜け毛が多くなり、薄毛になってしまう脱毛症です。

さまざまなヘアスタイルのアレンジの流行で髪への負担が増えて牽引性脱毛症になってしまうことがあります。

牽引性脱毛症とは、分け目や結び目の髪が薄毛になり頭皮の地肌から、抜け毛や薄毛になる症状のことを言います。

 

牽引性脱毛症の症状

牽引性脱毛症の原因としては、

  • 「長時間にかけて髪をくくっている」
  • 「長期間おなじ分け目」
などによって、頭皮の物理的刺激や負荷がかかり、抜毛・薄毛になります。

つまり、毎日くくりっぱなしにしておくと頭皮に負担がかかってしまい薄毛になるという恐ろしい症状です。

 きし
とくに仕事や家事に加えて育児などのダブルワークをされていると、髪をまとめる機会が多くなってしまいますが、くくりっぱなしにしていると起きやすいとはとても恐ろしい症状です。

また髪を引っ張ることがなくても、長期間のあいだ同じ分け目にしているだけでも、紫外線などの刺激や負荷がかかり、分け目部分の髪が、だんだんと薄くなってしまうこともあるのです。

そのため、通常の脱毛症(AGA・FAGA)では身体の内に原因であるホルモンやストレスといったものではなく、身体の外的な原因が大きい脱毛症の1つです。

【AGAとは?】男性型脱毛症という薄毛の原因と改善方法【AGAとは?】男性型脱毛症という薄毛の原因と改善方法 【FAGAとは?】女性の薄毛の原因の一つのFAGAについてを美容師が解説【FAGAとは?】女性の薄毛の原因の一つのFAGAについてを美容師が解説

 

牽引性の具体的な原因

 きし
牽引性脱毛症を引き起こす原因には、さまざまな事例があります。

牽引性脱毛症の原因

  1. ポニーテール
  2. 三つ編み・編み込み
  3. お団子
  4. ヘッドアクセ
  5. エクステ・ドレッド
  6. アイロン
  7. 同じヘアスタイル

しかしこれらは、絶対にいけないというわけではなく、長期間や長時間のあいだに同じにすると牽引性脱毛症を発症するかもしれないということです。

それぞれの注意点をお話していきます。

 

ポニーテール

髪をピッタリ結ぶというのは、常に髪が引っ張られている状態になります。

とくに強く引っ張っていると、髪が引っ張られ頭皮にはとても強い負担がかかります。

さらに重さもあるので動くたびに頭皮に負担がかかってしまうのです。

タイトルにもあるようにくくりっぱなしにすることで、抜毛や薄毛にもつながりますので注意しましょう。

三つ編み・編み込み

髪を引っ張り、さらに絡ませてヘアアレンジをしているので、髪にはとても大きな負荷がかかっている状態です。

三つ編や編み込みをする時は髪を優しく、さらに長時間はしないようにしましょう。

あいだで髪を休ませてあげることが大切です。

お団子

流行したいた時に比べて少なくなってきたヘアアレンジですが、やはり流行のヘアスタイルともいえます。

サイドからゆるく髪をもってきて後ろでのお団子。

手軽で簡単にできるアレンジで、オシャレなのでしている方も少なくないでしょう。

このアレンジの場合お団子の部分に大きな負荷がかかります。

カチューシャ・ヘッドアクセサリー

オシャレのためにしているヘッドアクセやカチューシャも毎日同じようにつけていると髪がひっぱられ、頭皮への負担になってしまいます。

さらには頭皮を傷つけてしまう可能性もあるので注意が必要です。

エクステンション・ドレッドヘア

かなり強めに髪が引っ張られている状態。

頭皮にかゆみをおこしたり、シャンプーやリンス・整髪料が残っていると頭皮にニキビができ、そのまま部分的に薄毛になってしまう事も少なくありません。

短期間であれば問題はありませんが、長期間は控えるようにしましょう。

コテ・ヘアアイロン

今では、年齢問わず髪を巻いたりストレートにしたり楽しめる時代です。

しかし、髪を巻いたりストレートにする事で、髪を引っ張り頭皮にも刺激を与えてしまうために抜け毛も多くなってしまうのです。

特に、毎日巻き髪をしている方は注意が必要が必要となります。

分け目が同じ

毎日同じ分け目で何年も過ごして居る方は、頭皮に小さな負担が少しづつですが蓄積されています。

また、紫外線などの影響を一番受けてしまうのも分け目です。

何年、何十年と同じ場所にしておくと、どんどん薄くなってしまいますので注意が必要です。

 

牽引性脱毛症の予防対策

 牽引性脱毛症の予防対策

 きし
次に、牽引性脱毛症の予防対策についてもお話します。

つま

今回の紹介する内容は予防にも対策にも共通するものになっているのでできることから始めていきましょう!

牽引性脱毛症は、髪を引っ張ることをやめるだけで自然に改善されます。

ただし症状が悪化している場合では、その部分から髪が生えなくなったり細い髪しか生えてこなくなることがあります

  1. 毎日同じヘアスタイルを避ける
  2. 髪と頭皮に休息する時間を与える
  3. シャンプー・育毛剤などもおすすめ

順番にお話していきます。

毎日同じヘアスタイルを避ける

 きし
当たり前の事ですが、牽引性脱毛症を改善するには、まずヘアスタイル・アレンジを変える事が必要です。
  • 「会社の規則でスタイルが決められている」
  • 「どうしても髪を結ぶ必要がある」
という場合には、できるだけ結び直すように意識してみてください。

少しでも頭皮に悪影響がないように意識する事が大切です。

牽引性脱毛症は、ヘアスタイルの見直し・頭皮や髪に負担をかけないように意識するだけでも自然な回復・改善が見込めます

 

ヘッドマッサージをして髪と頭皮に休息する時間を与える

 きし
牽引性脱毛症が原因で、髪が抜けてしまい、新たな髪が生えてこないという状況の方は、血行・血流が悪くなっている恐れがあります。

薄毛になっている部分の頭皮と、健康的な髪が生えてきている部分を触り比べてみて下さい。薄毛部分の頭皮が硬くなっていませんか?

頭皮が硬い=血行が悪い証拠です。

血行が悪い状態だと、髪の成長に必要な栄養分が頭皮に行き届いてない・発毛を妨げている恐れもあります。

頭皮をもみほぐしていく事で、育毛に必要な頭皮環境も整えられヘアサイクルも正常の状態に戻せます。

 

シャンプー・育毛剤などもおすすめ

本来ならば自然に治す事のできる牽引性脱毛症ですが、

  • 「何ヶ月も髪が生えてこない」
  • 「できるだけ髪を生やしたい」
  • 「自然な回復が見込めずに不安を抱えている」

というストレスを感じている方は要注意。

ストレスは血行不良を引き起こし、さらに薄毛を悪化させてしまう恐れがあります。

不安・ストレスを感じやすい方は、育毛剤を使うのもおすすめします。

 きし
しかし、育毛剤を選ぶ際には1つ注意が必要です。牽引性脱毛症の場合は頭皮も相当ダメージを受けていますから、弱った頭皮に刺激が強い育毛剤を使ってしまうと、肌荒れを起こしかねません。

かゆみやフケが出てきてしまい、ひどい場合には育毛剤でアレルギーを引き起こしてしまうこともあるので、刺激の少ない無添加の育毛剤を選ぶ事が条件にしましょう。

おすすめシャンプー「ベルタ」

 きし
ベルタのシャンプーは髪も頭皮もキレイになるのでとてもおすすめです!

つま

アラサーの私の敏感は地肌と髪には相性バツグンのシャンプー&トリートメントです!

シャンプーの特徴

「ベルタシャンプー」は、人気女性誌でも話題沸騰している大注目のシャンプーです!ベルタは、多くの女性が悩む頭皮や髪のさまざまなトラブルを改善するための商品です。

ポイントをトータルすると、頭皮と髪のことをこれほど考えているシャンプーはありません!それほど優秀なシャンプー&トリートメントなのです!

美容師としては、このシャンプーはたくさんの人に使ってほしいと考えています!

 


おすすめの育毛剤「マイナチュレ」

育毛剤の特徴

かなり人気のある育毛剤で、返金保障やスパブラシなどさまざまなサービスもついています。

そして何よりも効果が実証さてているのがおすすめのポイントです。

[jin-button-float visual=”float” hover=”” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8" url=”http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TIKZT+DSJK2I+2GP2+BWVTE”]マイナチュレを見る[/[/jin-button-float]hr>

 

終わりに…

 まとめ

 きし
牽引性の原因と対策についてまとめてみました。

つま

予防や対策は早めが1番良いので気づいた時から始めていきましょう!

牽引性脱毛症は、ヘアスタイルなどの外部の物理刺激によって起こる脱毛症です。

まとめ
  1. 髪を引っ張ることによって負荷がかかる
  2. その他にも紫外線や髪の重力によっても
  3. 長期間・長時間の同スタイルは控える

物理刺激を取り除いたり、時間を短くすることで改善することがあります。

ただ、頭皮が長期間引っ張られ続けた場合は、なかなか改善しないこともあります。毎日のおしゃれであるヘアアレンジから薄毛を招きかねないなんて嫌ですよね。しかし、どのタイミングで誰がなるかも逆にわからないからこそ、全員に可能性があるので十分に注意が必要と言えます。

薄毛の怖いところは、傷みを感じないことから自分では気づきにくいということです。

病気の場合は、身体傷みなどのなんらかのサインとして現れてくれるのでわかりますが、薄毛のサインはとても気づきにくいのです。

大事なのは原因に対しての対策をしっかり取ること。

髪を束ねたり、アレンジをしたりするときには頭皮を、気遣ってあげるようにしましょう。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください