【厳選】おすすめヘアケアセット!
アプリエカラー

APPLIE(アプリエ)について|美容師がハイ透明感カラーのメカニズムを解説

 

美容師のみならず、美容に敏感な方の間でも話題になっているヘアカラーがあるみたいです。

スロウカラー、オルディーブアディクシーなど、ここ最近の新カラー剤の登場で何かと美容師業界が賑わっています。

ぼく自身も興味はつきません。

どのカラー剤にも、共通している従来のカラー剤との異なる点は「透明感」や「深みです。

今回ご紹介するのは、さらにその上をコンセプトにした「ハイ透明感」と銘打って世に送り出されたヘアカラー剤アプリエカラーです。

ホーユープロマスター APPLIE(アプリエ)とは?

業界初の3剤式ヘアカラーが誕生。

ヘアカラーの1剤と2剤に”パウダーを入れる”というイノベーション。

これにより、ついに1プロセスで、15レベルまでの高明度・高彩度な仕上がりを実現しました。

ハイ透明感カラー

プロマスター アプリエは、業界初となる技術でエンドユーザーの「ニーズ」を解放し、新たな市場を創造する高付加価値ヘアカラーです。引用元 公式サイト

ブリーチを使わずして、ブリーチカラーのような透明感をつくることができる特化しているカラー剤ですね。

きし
きし
ヘアカラー好きからしたら興味がでないわけがないですね、外国人のようなカラーを簡単にすることができる代物ですから。

本来、透明感をだすためには素材(髪)の状態がとても大事になります、つまり土台つくりが必要になるということです。

イルミナやスロウカラーなど、いくら透明感と言っても土台によっては仕上がりが、左右されます。

あわせて読みたい
イルミナカラー55選|美容師がつくるブリーチなしでも透明感のあるヘアカラーカタログ「イルミナカラー」というヘアカラー剤をご存知ですか?2016年に発売されたのですがとてもキレイな発色から美容師だけでなく一般の方にまで知られるほと、勢いにのっているヘアカラー剤です。そんなイルミナカラーを50スタイルほどカタログ形式にまとめました。...
あわせて読みたい
THROW(スロウ)カラー 50選|美容師がつくるスロウカラーカタログ 「究極のアッシュ」というのものがコンセプトのスロウカラーです。 しかし、究極のアッシュと言えどもキレイなヘアカラーというの...

その上位互換としてハイ透明感というものができるというわけですね。

アプリエカラーの「ハイ透明感カラー」って何?

ハイ透明感とは、ダブルカラー並みの透明感を1プロセスで可能にした透明感のこと指します。

今までのヘアカラーでは、ブリーチカラーもしくはブリーチカラーと同じくらいに退色している髪色でないとでない透明感を簡単につくることができませんでした。

しかし、それを簡単につくることができるというのがアプリエカラーの「ハイ透明感なのです。

従来のカラー剤と「アプリエカラー」との違い

従来のカラー剤とは2浴式となっています

  • 1剤+2剤=従来のカラー剤
あわせて読みたい
ヘアカラーの基本知識|美容師が教えるケミカル講座 美容師のアシスタントから素朴な質問を受けたので記事にしてみました。 とてもすぐに応えれる内容のことではないからです...

このように1剤(染料)と2剤を使用して染めていくのが、従来のヘアカラーです。

例えば、

オルディーブアディクシーというミルボンのヘアカラー剤は、従来の染色に加えて「クリアベース」と言う特殊な手法を用いています。

これでも十分に良いクオリティをつくってくれるヘアカラー剤です。

あわせて読みたい
美容師が教える「アディクシーカラー」説明書|美容師が教える特徴とスタイルを紹介! 「アディクシーカラー」をご存知でしょうか? ミルボン社が提供するオルディーブカラーの新バージョン「アディクシーカラー」 ...

そして、これらとは根本的に違うのがアプリエカラーです。

プロマスターアプリエカラーは「3浴式ヘアカラー」

1剤、2剤に加えることで”メラニン色素を分解すると同時に発色を高める「業界初のパウダー」でハイ透明感を実現します。

プロマスターアプリエ パウダー(3剤)

1剤に含まれるアルカリ剤と2剤に含まれる酸化剤の両方 に働くパウダー。酸化染料の重合を助け、メラニン色素を分解します。一方で脱染(染料の分解)を抑え、色濃く染めることができます。

他のブリーチ剤の種類との比較

 種類  効果  染色力  脱染力  染色力の向上
脱色剤 毛髪のメラニン色素の分解 × ×
脱色脱染剤 毛髪のメラニン色素の強い分解と酸化染料の分解 ×
脱染剤 酸化染料だけを穏やかに分解 × ×
アプリエ 毛髪のメラニン色素のやや強い分解と酸化染料の染色力向上 ×

3剤式ヘアカラー”プロマスター アプリエ”が今まで両立しなかった、メラニン色素の分解と酸化染料の染色力向上を実現できます。

今までは、ブリーチして髪のメラニンを分解してから、カラー剤で染めることによって手に入る透明感というものを、アプリエだけでできるようになりました。

アプリエカラーの種類
  • ブルーアッシュ
  • オリーブグレージュ
  • プラチナアッシュ
  • ラベンダーアッシュ
  • ミルクティーベージュ
  • セピアグレージュ
  • ベビーピンク

計7種といった種類のラインナップです。

このカラー剤はハイ透明感というコンセプトなだけあって暗めの色がありません

11レベルより下はない明度が高い特化型カラー剤です。

アプリエカラーの使用方法

1剤と2剤の総量に対してPCバウダー(3剤)をミックスします。

少しややこしいですが、慣れるとなんてなさそうですね。

 種類  総量 1剤  2剤  PCパウダー
ショート  99 30 60 9
ミディアム  132 40 80 12
セミロング  165 50 100 15
ロング  198 60 120 18

しかし、3浴式ということは必然としてコストがかかってくるというのも1つのデメリットだと感じています。

その辺りは、従来のヘアカラーと値段によって合わせていかなければいけないということは、自由度は少し下がるんじゃないでしょうか。

 

【次のページでは、アプリエのカラースタイルをご紹介していきます】

1 2
ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください