くせ毛

梅雨時期の湿気対策には「ストレートパーマがいい?」「縮毛矯正がいいの?」についてを語ります

 

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

 

梅雨と言えばどんなイメージをお持ちでしょうか?

  • ジメジメする
  • 髪がまとまらない

と、言ったところでしょうか、どれも共通しているのが湿度の高さです。

梅雨時期は気温が上がらないのに、湿度だけが上がりその高さから、髪がまとまらないといった悩みにつながります。

 

湿気対策として、おそらく大半の人が「ストレートパーマor縮毛矯正をします。

しかし、どちらをすべきなのでしょうか?

ストレート?」「縮毛矯正?

どちらが湿気対策に良いかというのを、知らない人が多い印象です。

 

そこで今回の記事では、梅雨時期には「ストレートパーマが良いのか?」「縮毛矯正が良いのか?」を分かりやすく紹介していきます。

梅雨時期の湿気対策

きし
きし
梅雨時期は髪がまとまらず、やりにくくなってしまいます
つま
つま
とくにくせ毛の人は要注意です!!!

 

梅雨時期のまとまらない原因は、湿気によるくせ毛の変化が主なポイントです。

一言で「くせ毛」と言っても種類はさまざまで、どんなくせ毛なのかをまず知ることが必要になります。

梅雨時期の湿気対策はできる選択肢がいくつかあります。

  1. ストレートパーマ/縮毛矯正をする
  2. ヘアケアをする
  3. ヘアアレンジをする

ぼくは基本的には湿気対策としてこのようなアプローチをします。

そしてこの中から選択をしていくのですが、自分のくせの状態を理解することが何より大事になります。

 種類 特徴
波状毛髪自体に波打つようなウェーブがかかっているというのが特徴のくせ毛です。
縮毛髪が細かくチリチリと縮れたようになっているくせ毛です。
捻転毛髪がらせん状に「ねじれている」のが特徴のくせ毛です。
連球毛1本の髪の中に、細い部分、太い部分があり、髪の表面が凸凹なのが特徴のくせ毛です。

梅雨の湿度が高いと、これらのくせ毛が強くなります。

そのくせ毛の強さを把握してから対策をたてましょう。

あわせて読みたい
「梅雨はくせ毛にとってまとまらない時期」髪が広がる原因と湿気対策まとめ こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 夏が近づくと気になってくることは、梅雨ではないでしょうか? ...

 

そして、湿気対策としてストレートパーマ/縮毛矯正するのですが、実はストレートパーマ縮毛矯正って、全く違うメニューなのを違うのをご存知でしたか?

では、梅雨時期の湿気対策にはストレートが良いのか、縮毛矯正が良いのか、についてを紹介していきます。

「ストレート」と「縮毛矯正」それぞれの特性

きし
きし
まずはそれぞれの特性についてを知りましょう。
つま
つま
自分に合ったものをすることをおすすめします!

 

どう違うのかというのは、そもそもが施術する目的が違います。

  • ストレートパーマは髪をナチュラルな状態に調整をする
  • 縮毛矯正はくせを矯正しストレートヘアにする

という風に目的が違います。

ストレートパーマとは、髪にあるカールや軽めのウェーブ程度のパーマを落とす、元々のストレートヘアに戻したい時ボリュームを削るという時に効果的なのに対して、

縮毛矯正とは、元々の髪質のクセを真っ直ぐにしたい時にかけます

 

梅雨時期はどちらがおすすめかと言うと・・

縮毛矯正の方が断然おすすめです。

 

きし
きし
梅雨で髪がやりにくくなる原因は、くせ毛が梅雨のせいででやすくなることにあります!
つま
つま
そのためにくせ毛を矯正する縮毛矯正がおすすめになります!

縮毛矯正をかけ続けることで、スタイルキープもされますし、梅雨時期でのやりにくさというものはあまり感じません

しかし、デメリットも存在します。

  • スタイルチェンジがしにくい
  • 定期的にかける必要があるので時間がかかる
  • コストがかかる

定期的に縮毛矯正をされている方であれば、なんら問題はありませんが、梅雨時期の湿気対策のみの縮毛矯正ならば、デメリットがあることも知りましょう。

あわせて読みたい
梅雨時期の湿気対策に「ストレート/縮毛矯正」をするときの気をつけるべきポイントについてを解説します こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 女性にとっての天敵と言えば梅雨・・ 梅雨時期には、髪がま...

 

くせ毛があまり気にならない人ならストレートパーマがおすすめ

 

きし
きし
くせ毛があまり気にならない程度であればストレートパーマがおすすめです。
つま
つま
効果が大きくでないで、梅雨時期が終わったときにも修正がしやすいです。

縮毛矯正に比べると、くせ毛を矯正することはできませんが、ストレートパーマならではのメリットもあります。

  1. コスパが良い
  2. 時間効率が良い
  3. くせは残るのでナチュラル

 

普段くせ毛があまり気にならないけど、梅雨時期だけは少し気になる

そんな人には、縮毛矯正をするよりはストレートパーマの方がおすすめになります。

 

まとめ

きし
きし
これは美容師によって変わるかもしれませんが、ぼくは断然縮毛矯正の方がおすすめになります。
つま
つま
梅雨時期はくせ毛のうねりや広がりがよりやりづらくなってしまうのです!

 

いかがでしょうか?

湿気対策である「ストレート」か「縮毛矯正」はどちらがいいのかというのに対しての見解でした。

それぞれのくせ毛に対してのアプローチにはなるので、どちらが良いと言い出すとキリはないですが、ぼくは縮毛矯正をおすすめしています。

さらに、トリートメントでの梅雨時期対策もおすすめしています、こちらも価格的にも時間的にもしやすいので、組み合わせることで相乗効果が発揮するのでおすすめです。

あわせて読みたい
【梅雨の広がる髪にはトリートメントをすべき】その理由を美容師が超わかりやすく解説します こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 「梅雨は髪がまとまらない・・」 そう悩む女性は多いです。...

 

ご参考なれば幸いです。

 

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
きしろぐサイトマップ

 

シャンプーカテゴリー

洗い流さないトリートメントカテゴリー

スタイリング剤カテゴリー

くせ毛カテゴリー

オージュアカテゴリー

サロンカラーカテゴリー