2017/09/22

シャンプー剤の適量ってどのくらいが適量なのか?(長さや毛量別のグラフ付)

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

毎日するシャンプー。

当然のようにシャンプー剤を使用すると思いますが、あなたは1度のシャンプーはどのくらい使用されますか?

お客さまからも質問をよくされる内容です、

シャンプーの適量ってどのくらいが適量なの?
についてをわかりやすくまとめてみました。

シャンプー剤の使用量はどのくらいなのか

適量とはどのくらいが適量なのか?

それに対して大切になるのは、レングス(髪の長さ) 毛量髪の硬さシャンプー剤の適量になります

例えば・・

 レングス(長さ)  毛量(普通)+髪の硬さ(普通)
ショート 1,5プッシュ
ミディアム・ボブ 2プッシュ〜2,5プッシュ
セミロング 2,5プッシュ
ロング 3プッシュ

という風になります。

それに加えて毛量が多いと、当然シャンプー量が多くもなりますし、髪が硬いとシャンプーの泡立が悪い場合があったり、逆に毛量が少ないと普通よりも少ないのが、適量といった風に髪質によって適量は変わります。

さらに髪のすすぎでも大きく適量は変わります

シャンプー2

髪のすすぎを適当にしていることはありませんか?

髪のすすぎはシャンプーの土台になります、しっかりとすすぐことにより泡立ちはよくなります。

シャンプー剤+ 水分+空気との摩擦=「泡立」になります。

そして、泡立がしっかりしてるほど髪には負担が少ないのです。

シャンプーの土台ともなるすすぎは、シャワーで約2分ほどしっかりとすすいであげましょう。

様々な髪質の適量をグラフ化してまとめてみました

 レングス(長さ) 毛量(少)+軟毛 毛量(少)+硬毛 毛量(普)+軟毛 毛量(普)+硬毛 毛量(多)+軟毛 毛量(多)+硬毛
ショート 1P 1,5P 1,5P 2P 2P 2P
ミディアム・ボブ 1,5P 2P 2P 2,5P 2,5P 2,5P
セミロング 2P 2P 2P 2,5P 2,5P 2,5P
ロング 2P 2P 2,5P 3P 3P 3P

ロングよりも髪が長いと増えると思いきや、基本的にはシャンプー剤は3プッシュもあれば大抵の場合は事足りるので使用量の使いすぎはコスパが悪くなるので気をつけましょう。

さらに、上記のグラフは市販シャンプー剤を目安にしています。サロンシャンプーの場合は泡立も良いのでもう少し適量は少なくすみます。

まとめ

いかがでしょうか?

髪質や長さ別に適量をまとめてみました。

正しいシャンプーには、正しい適量が大切ですよ。

ぜひ、参考に。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.