2017/09/22

【朝シャンVS夜シャン】シャンプーするタイミングでベストなのはどっちなのかメリット・デメリットをまとめてみた

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

シャンプーって朝シャン派ですか?夜シャン派ですか?

自分の好みやライフスタイルによって、朝にする人と夜にする人とはそれぞれではありますが、「どちらのほうが良いのか」という質問に対してを、どちらのタイミングが良いのかというのを、今回は分かりやすくまとめてみました。

朝シャンとは?夜シャンとは?

シャンプー4 いつのタイミングでシャンプーをするのかによって変えます。

朝にシャンプーをすれば朝シャン、夜にシャンプーすれば夜シャンとなります。

元々、夜シャンというのは普通に時間帯シャンプーするだけなので、朝シャンする人のみが使う言葉です。夜にシャンプーしている人が「夜シャン」なんて使いませんから。

流行語大賞にもなった「朝シャン

今では一般的になっている朝シャンですが、昔は一般的ではありませんでした。

朝シャンは、朝にシャンプーをするところを1987年にCMで放送したことをキッカケに認知度が上がったのが始まりとなります。

その年には、朝シャンが流行語大賞となり女子高生を中心に広がったのです。 朝シャンをするために、朝食を抜くなど健康面でのデメリットが叫ばれましたが、朝にシャワーを浴びることで寝汗や寝癖を流せるなど多くのメリットが注目されたのです。

3人に1人は朝シャンというデータ

今では一般的になった朝シャンは、夜にお風呂に入らず朝のシャワーだけで終わらす人のことも指します。現代では、3人に1人の割合で朝のシャワーだけで終わらす人がいるのです。

朝シャンは、寝汗と共に寝癖や体臭も防げるので朝シャンだけの人が増えてきているらしいです。

それぞれのメリット

シャンプー6 ぼく自身も朝シャン10日ほど体験してみました。

朝シャンに場合は夜にシャワーだけのお湯シャンのみ、夜シャンの場合は朝にシャワーで流すように10回ずつの内容です。

個人的に感じたそれぞれのメリットはこんな感じに。

朝シャンのメリット
  • 寝汗・寝癖が簡単に解決できる
  • 体の血行が良くなる
  • 朝から気分がスッキリする
  • 朝にシャンプーをすることによって髪がまとまる

朝シャンの注目すべきは、寝朝・寝癖が簡単に解決できる効率化だと思います。

ショートやミディアムスタイルなどの寝癖がつきやすい長さでは寝癖がついてしまうと直すのに一手間かかります。それを簡単に解決できるとなったら魅力を感じてしまいますよね。

さらに、朝からシャンプーをすることによって爽快感もあり、仕事などの効率化に繋がります。

しかし、逆に朝シャンをすることにより過剰にキレイになり必要な皮脂まで洗い流し、頭皮にダメージになるであったり、朝の朝食の時間が削られてしまったりと、時間のゆとりがなくなるデメリットも存在します

夜シャンのメリット
  • 1日の汚れをスッキリとることができる
  • 清潔な状態で就寝できる
  • 時間にゆとりがもてる
  • 夜にリラックスする
  • 熟睡できる

夜シャンでは、やはり頭皮が清潔になるというのが一番の目的ではないでしょうか。

そもそも、1日のたまった汚れを落としてから就寝するのが一番良いと言われてみると納得しますよね。

汚れが残っている状態では熟睡の邪魔になりましたね(個人的にはこれが超絶嫌でした)、朝シャンの習慣がある人にはつらいだろうけど夜シャンの方が健康ではあります。

朝シャンも経験して感じることは・・

個人的には夜にはシャンプーはしたいですね

それぞれにメリットをまとめてみました、もちろんどちらにもメリットがありますが、やはりライフスタイルにもよるので基本的には人によりますね。

結局どっちが良いのか?

仕事

美容師としては完全に夜にシャンプーをした方が良いです。

やはり気になるのは頭皮の清潔面です。寝る前に汚れを残した状態にしておくというのはとても危険な状態で、1日の汚れを夜に落とすというのはやはりとても大切なことです。

逆に言うと夜にシャンプーをしないことにより髪にとって大切なヘアサイクルを乱してしまう恐れがあります。 FullSizeRender 97

 特徴
   成長期 成長期に毛根が成長し、新しい髪が生えます。2〜6年ほど成長し続けます。
退行期 退行期は毛根がだんだんと小さくなっていき、髪を成長させる活動が鈍くなっていく段階です。
休止期 休止期は髪の成長がとまり、毛根が眠っている状態です。 およそ3~4ヶ月ほどで再び成長期に入ります。

例えば、日中に汗をかくと、皮脂となり頭皮に残ります、そして空気に触れることで酸化して過酸化脂質になります。

この過酸化脂質が問題で、症状が悪化してくると、ヘアサイクルを乱す原因になります。さらには過酸化脂質はシャンプーでとれいくいというケースもあるのです。

つまり、皮脂の間の早めの段階に落としてあげることでゴリゴリと落ちてくれるので、早めに洗ってあげることが何よりも大事になります。

まとめ

ぼく自身も朝シャンと夜シャンを経験して、実際に感じたことも交えて書いてみました。

やはり朝シャンと夜シャンでは、夜シャンの方を圧倒的にオススメをしています、双方にメリットもありますが、ライフスタイルも含め、夜にシャンプーしてあげる方がゴリゴリと汚れもとれるし、ストレスもなくなります。夜の寝る前には頭皮を清潔にしてからにしてあげましょう。

こちらの記事もご参考ください。

シャンプーのやり方やシャンプー剤についてもまとめています。

ぜひ、参考に。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.