シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いについて分かりやすく徹底解説します

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

みなさん、ノンシリコンシャンプーって聞かれたことってありますよね?

今は使っているシャンプーは、ノンシリコンシャンプーですか?シリコンシャンプーですか?

そもそもシリコンシャンプーって何かをご存知でしょうか?今回はシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いについてを分かりやすく解説します。

ノンシリコンシャンプーって何?

ノンシリコンシャンプーとは、どのようなシャンプーのことを指しているのでしょうか?一般的にシャンプーに配合されているシリコンは、ジメチコンシクロメチコンシロキなどの成分があり、髪のキューティクルを保護し、指通りをなめらかにする役割があります。

人体に対して刺激が少なく、安全性も高いため、化粧品などにも使われています。つまり髪をキレイにするためにシリコンシャンプーというものがあるのです。

そして、これらシリコンの成分が配合されていないものが、ノンシリコンシャンプーです。

シリコンとは?

正式にはシリコーンといい、シリコン(元素の1つであるケイ素)を化学的に合成処理したものです。

シャンプーに使用されるのは指通りをなめらかにして髪の摩擦やダメージを軽減させるためで、 シリコンは洗い流さないトリートメントやヘアワックスなどのヘアケア製品のほか、日焼け止めやファンデーションなどの化粧品にも配合されています。

さらにシリコンには2種類あります

シリコンには2種類あります。

  1. 水溶性シリコン
  2. 油溶性シリコン

に、分かれます。

水になじみやすいシリコンが水溶性シリコン

水となじみにくいのが油溶性シリコンとなります。

この水となじみにくい油溶性シリコンがシリコンの悪いもので、水となじみにくいために髪には悪いものなり、市販シャンプーによく配合されています。

なぜシリコンとノンシリコンがあるのか?

オーガニックなどはほぼ全てがノンシリコンシャンプーとなっています。

天然由来であるオーガニックなどは、頭皮や髪に優しいということをコンセプトとしてつくられていますが、その普及とともに同じようにしてノンシリコンシャンプーは髪や頭皮に良いというのが世に広まったとされています。

さらにはシリコンがあるこで、シリコンシャンプーは毛穴にシリコンがつまり薄毛になるや、シリコンがあると髪を乾かすと焼けてしまうなど、ノンシリコンのメリットばかりが大きくなり、シリコンがダメという間違った情報まで広まりました。

シリコンとノンシリコンのそれぞれのメリット

実はそれぞれのメリットというのはそれほど大差はなく、どちらが良いと言うのもないのです。

あえて分けるとしたら、

シリコンがあると髪がキレイになる成分多くなり、逆にノンシリコンは天然由来がメリットとなります。

しかし、大半のシャンプーにはシリコンが少なからず入っており、そのシリコンが水溶性シリコンか油溶性シリコンによって、次のカラーやパーマなどが入りにくいといったものの方が大切かもです。

この油溶性シリコンは、主に市販で販売されているシャンプーに多く配合されているため、市販シャンプーはあまり良くないともされています。

それよりもシリコン入りかノンシリコンよりも、自分にあったシャンプーを探すことが大切になります。

どっちが良いのか?

先ほどのメリットにも書きましたが、どちらがいいかというのは全くもって基準にはなりません。

つまり良いシャンプーかどうかはシリコン入りか無しかでは決めれないため、こだわりを持つほどではありません。その他の部分でシャンプーを選別しましょう。

シリコンシャンプー・ノンシリコンシャンプーおすすめ

まとめ

シリコンがあろうがなかろうが、良いシャンプーは良いです。しかし、シリコンがあること髪や頭皮には悪いみたいな情報がまだ残っています。

しかしシリコンはほとんどのシャンプーには入っていて、シリコンがあることにより髪はキレイになります。

そしてオーガニックなどもノンシリコンなものが多く、頭皮にとても優しいというメリットもあります。

自分に合うシャンプーを見つけてキレイな髪をつくりましょう。

是非、参考に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA