2017/09/22

お湯シャンの正しいやり方についてを美容師がまとめていきます

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

お湯シャンってご存知でしょうか?

最近では芸能人やモデルさんがしている方も多く、メディアなどで取り上げられているために聞いたことのある方は多いはずです。

しかし、お湯シャンってかなり高難易度な洗髪なのは知っていたでしょうか?

そもそもシャンプーとは、なぜあるのでしょうか?なぜシャンプーというものが生まれたのでしょうか?

シャンプーの本来の目的とは洗髪を簡単にできるようになるためです。頭皮の汗や皮脂といった汚れを簡単にキレイにするためにシャンプーというものが生まれました。

つまりシャンプーを使わずのお湯だけで洗髪をするのであれば、ちゃんとしたやり方と知識を知ることが大切になります。

今回はお湯シャンについてを徹底的にまとめてみました。

お湯シャンとは?

お湯シャン1 min

お湯シャンとは、シャンプーやトリートメントを使わずに、お湯だけで洗髪する。

その名も「お湯シャン

あなたは、お湯シャンが流行っているのをご存じでしょうか?抜毛・薄毛は、中高年だけの悩みではなく、今や若い人達の頭を悩ませる問題のひとつとなっています。

その原因が、毎日使っているシャンプーやトリートメントにあるという意見から、若い人達のシャンプー離れが起こっているのです。

シャンプーやトリートメントを使わないと聞くと、ちゃんと汚れがとれるのか?頭が臭くなったりしないのか?汚れが残っていそうな不潔なイメージがありますよね。

しかし、お湯シャンに切り替えた人の話によると、皮脂でベタついたり、ギラギラすることもないようです。

しかしこれはキチンとできていればの話です。

やり方を間違えれば、当然汚れも残りますし、それにより臭いになり、抜毛や薄毛の原因にもなりねないので注意しましょう。

お湯シャンのやり方

お湯シャン3 min ここではお湯シャンの正しいやり方について解説していきます。

お湯シャンの手順

  1. ブラッシング
  2. すすぎ
  3. 湯シャン
  4. すすぎ
  5. コーミング

まずはお風呂前には髪をブラッシングしましょう

意外にできていないのが、このブラッシングです。

お風呂前には髪をキレイにブラッシングしてあげましょう。

 ブラッシングとは
髪を根元から毛先にかけて、優しくブラシを通してまっすぐにとくこと。ブラシは極力、めの粗いもの髪に負担のないものを使いましょう。

お風呂前には必ずブラッシングを優しくしてあげましょう。

ブラッシングをすることにより、髪についている汚れがとれるだけでなく、髪の絡まりなども一緒にとることにより髪のすすぎやすさも、変わります。

すすぎはお湯シャンではとても重要です

3分ぐらいしっかりと流せばお湯だけでも、ゴリゴリと汚れは落ちてくれます、大体8割くらいの汚れはとれれます。

なのでしっかりと汚れをとれるようにしっかりとすすぎましょう。

顔まわりから首もとにかけて、根元から毛先までしっかりとお湯ですすいで、上から下にかけて汚れをおとしていくイメージです。

お湯シャンは頭皮をメインに洗いましょう

髪が長い人ほど、洗い残しがあるので耳周りや顔まわりといった、洗いにくい部分もしっかりと洗ってあげましょう。

洗う時は頭皮を傷つけないように指の腹の部分で洗うことが大切です。

頭皮を爪などで、傷つけてしまうと炎症をおこす恐れもあるので指の腹の部分で洗うように心がけましょう。

ハーブエッセンスがお湯シャンには大切

ハーブエッスセンスとは頭皮のデトックスです。

これがとても重要なことなのですが、上記にもありますがすすぎでは汚れの8割はとれてくれますが、残り2割はどうなるのでしょうか

通常でしたらシャンプー剤で残りの2割の汚れを落とすのですが、お湯シャンの場合はハーブエッセンスというもので頭皮のデトックスをしてあげることが大切となります。

やり方はとても簡単で、週に1度のペースですすぎの前に頭皮にデトックスをつけてあげながら、お湯シャンするようにして洗ってあげるだけです。

そのあとはいつも通りにお湯シャンをします。

頭皮のデトックスをしてあげないとどんどんと汚れが溜まり、皮脂が酸化し過酸化脂質となり、臭いの原因にもなり症状が悪化すると抜毛や薄毛の原因になります。

注意点は、しすぎると逆に汚れだけでなく必要なものまで削ぎ落としてしまうのでやりすぎには注意をしましょう。

専用のハーブエッセンスはこちら

まとめ

いかがでしょうか?

お湯シャンについてをまとめましたが、意外に簡単ではないことがわかっていただけたでしょうか?

人によればシャンプーを時短のためにお湯シャンにするという方もいてますが、時短でいうならばシャンプーを使った方が実は時短になるのです。

シャンプーやトリートメントを使わずに髪をキレイにするということはやはり大変になるので、これからお湯シャンに切り替えていくという方は、事前に注意しましょう。

こちらの記事もご参考ください。

シャンプーのやり方やシャンプー剤についてもまとめています。

ぜひ、参考に。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.