【厳選】おすすめヘアケアセット!
シャンプー

「リンス・コンディショナー・トリートメント」のヘアケア品の違いについてを分かりやすく解説

 

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

 

シャンプーで洗髪したあとにトリートメントはつけていますか?

あなたが使用しているのは、「リンス・コンディショナー・トリートメント」のどれでしょうか?

 

先日、こんな質問がありました。

「リンス・コンディショナー・トリートメントの違いってなに?」

意外と知らない人が多いこの質問。

人によってはこの3種類を、ひとくくりにしている人もいらっしゃいますが、実はちゃんとした違いがあります。

そのため目的によってどれを使うかを変えるべきなのです。

 

当記事では、リンス・コンディショナー・トリートメントの違いを分かりやすくお話します。

「コンディショナー・リンス・トリートメント」について

きし
きし
まずは「リンスとコンディショナーとトリートメント」について知りましょう。
つま
つま
髪をキレイにするヘアケア剤と言われるものです、よく考えて選びましょう。

 

シャンプーは、「アニオン界面活性剤という成分で、汚れを浮かして地肌キレイにしてくれます。

しかしシャンプーでは、余分のものまで洗い流してしまい、髪がからまりやすい状態、傷みやすい状態になってしまいます。

 

そのためシャンプーをしたあとは髪をコーティングして守る必要があります。

その役割となるのが「リンス・コンディショナー・トリートメントとなります。

 

これらのヘアケア品には主に、「カチオン性界面活性剤」という成分があり、シャンプーの界面活性剤はマイナスインで汚れを落とし、

ヘアケア剤はプラスイオンで髪に水分を吸着しやすくしてくれる効果があります。

    • アニオン性界面活性剤マイナスイオンで、泡立ちが良く、洗浄力に優れています。主にシャンプーに配合されています。
    • カチオン性界面活性剤プラスイオンで、毛髪表面を整えて、なめらかにします。主にリンス・コンディショナー・トリートメントに配合されています。

    それぞれが、どんな違いがあるのか分かりやすくグラフにしてみました。

     種類 特徴
    リンス髪のすべりをよくし、扱いやすくします
    コンディショナー髪の表面を整えてダメージ部分をケアする
    トリートメント毛髪の表面も内部も整えて、ダメージ部分をケアします

    リンスは髪の手触りを、コンディショナーは表面をキレイにします。トリートメントは手触りや表面、髪内部までをキレイにしていきます。

    髪をキレイにする順に並び替えると、リンス>コンディショナー>トリートメントといった感じになります。

     

    それぞれは髪をキレイにする成分や成分量に違いがあるために、比例して価格も変動していきます。

    リンスの方が低価格なものが多く、コンディショナー・トリートメントは髪のキレイにする効果に比例して、高価になっていきます。

     

    「コンディショナー・リンス・トリートメント」はどれが良いのか?

    きし
    きし
    リンスとコンディショナーとトリートメントでは、どれが良いのでしょうか?
    つま
    つま
    女性ならトリートメント一択です、ロングヘアーの人ほどトリートメントを使うべきです。

     

    どれが良いのかは人によって違います。

    それは、人によって優先させるポイントが違うからです。

    ポイントとして・・・

    • 髪のキレイさ
    • 価格

    このヘアケア剤については、シンプルにこの2択になります。

    というのも、できるだけ価格を抑えたいのならばリンス一択、髪をキレイにするのならばトリートメント一択になるのです。そのあいだにコンディショナーがあるような感じです。

     

    簡単にすると、トリートメントのコストを抑えていったものが、コンディショナー・リンスというものです。

    髪をキレイにすることを優先させるか、価格を抑えることを優先させるか、というあなたの優先ポイントによって選択をするべきなのです。

     

    トリートメントには2種類あります

     

    トリートメントには2種類のタイプが存在します。

     

    先日、お客様からも「トリートメントは週に1度するものでしょ?」という質問をいただきました。

    そうでもあるし、そうではありません。

    実は、トリートメントには、毎日する「デイリータイプ」と週に一度だけする「ウィークリータイプ」があるのです。

     

    このトリートメントは、成分が全然違うので、どちらかを使っているから良いというものではなく、髪を万全な状態にするのであれば、両方のトリートメントを使うべきなのです。

     

    まとめ

    きし
    きし
    まとめると、リンスやコンディショナーを使っている人はトリートメントを使うことをおすすめします。
    つま
    つま
    トリートメントでもピンからキリまであるので、自分にあったものを使いましょう。

     

    意外に知られていないことを分かりやすく紹介してみました、自分の使っているヘアケア品はなんなのかを、1度見直してみましょう。

     

    「美容室のトリートメントって高いよね?」

    っていうことをよく聞きますが、

    美容室では、リンスやコンディショナーは販売していることはありません。髪をキレイにするという部分に特化しているために、高価な商材が多いのです

    髪をキレイにしたいのならば、サロンシャンプー一択ですよ。

    関連記事>>>【2018年版】人気の美容室専売サロンシャンプー18選!美容師が香りや成分を厳選したランキング記事!!

    あわせて読みたい
    サロンシャンプー
    【保存版】極上サロンシャンプー30選|美容師のおすすめランキング美容室帰りのキレイな髪の秘密は美容室のサシャンプーです。価格は高めですが髪をキレイにするには必須と言えます。そこで美容師が厳選したサロンシャンプーをランキング形式でご紹介していきます。...

    シャンプーを変えてあげるだけではダメですが、合わせて参考にしてもらうと、髪がどんどんキレイになっていきますよ。

     

    ABOUT ME
    岸 和希
    美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。