2017/09/22

「言っていること」と「やっていること」が違う人は朝活を全力でおすすめします

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

よくある話ですが、言ってることとやっていることがちがうってひと結構いませんか?「朝、遅刻するなよ〜」って言いながら遅刻したり、「この仕事を忘れないように!」って言いながら忘れてたりという人です。

実は、ぼくがそれなんですよね。

でもこれってちょっとした自分のルーティンの変化で変わるので忘備録みたいな感じでまとめます。

朝活すれば1日の動きが効果的に変わる

みなさん、朝って仕事のどのくらい前に起きますか?

美容師やっていると職業上、ヘアスタイルはキレイにしないといけませんから、自分の頭のスタイリングもあるので少し早めに起きることありますが、どれくらいでしょうか。女性の場合ならメイクもあるからさらに早いですよね。

ぼくは仕事の就業開始時間の2時間ぐらい前に起床に30分ほどで用意して、職場までは5〜10分ぐらいで到着します。

そのためぼくの朝は毎日30分〜40分ほど朝活をしています。

ちなみにぼくの朝活は・・

  1. 1日のタスク管理
  2. スタイリング
  3. 情報収集
  4. ブログ
  5. 読書
  6. スタッフとのコミュニケーション

と言った感じでできることを一つでも多く消化していくというスタイルなために、朝からゴリゴリと活動をしまくっているということです。

1日の動きをまとめることができる

朝活をすることによりなによりも大切になるのは、脳の活性化に繋がることです。

単純に、朝の起きたままで仕事するよりも、朝活をする分だけ早起きしたら1日の動きが良くなります。そこに加えて1日のタスク管理をすればスムーズにもなるし、情報がインプットされることによりモチベーションが上がるし良いことしかありません。

例えば、朝5分ほど遅刻をしたとします。その日1日はそれはまぁグダグダになるはずです。脳も回転していなければ、体もついてきません。そしてリズムも悪くなりいつもの調子に戻すのに時間と労力がかかります。

しかし朝活をすることにより、脳の活性化が活発になるだけでなく、1日のタスクをまとめることすらできるので効率化にしかなりません。

言っていることとやっていることが違うって人はまずは1日の言っていることをまずはやりましょう。

きし

そのためには朝の情報収集や、1日のタスク管理だと思います。実際に朝活をするようになってからは、仕事が効率的になっています。

日々の習慣にすることで充実した1日を過ごせるのではないでしょうか?

さらに遅刻がなくなります

遅刻が一切なくなります。人間の身体とはすごいものです、きちんとインプットされます。

人がインプットされるのは何も知識だけでなく、ルーティンといったいわいる習慣などもきちんと身体にインプットされるのです。

次第に慣れてくることにより、時間の使い方の効率が上がり自分のキャパが広がっていきます。

言っていることやっていることが一致していくのではないでしょうか。

ぼくも朝活を楽しみます。

それでは。

運営者のプロフィール

とりあえず読むべき記事10選

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.