2017/09/22

【比較】「市販シャンプー」と「サロンシャンプー」の違いをプロ美容師が解説

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

シャンプーを使うときは、市販シャンプーとサロンシャンプーのどちらを使うでしょうか?

いつも使っているシャンプー、何を基準に選んでいますか? ブランド、香り、髪の仕上がりなど、選ぶ理由は人それぞれですね。

毎日使っているシャンプーが、髪の悩みの原因だったらどうしますか?

きし

髪や頭皮やのトラブルを抱えている方は、一度シャンプーを見直してみることをおすすめします。

そのトラブルでよくある質問である、市販シャンプーとサロンシャンプーの違いを徹底解説します。

市販シャンプーとサロンシャンプーの違いについて

大きな違いは消費者のニーズに合わせているかどうかというところです。

市販シャンプーは、主に使い心地の良さとイメージの良さ”を重視しています。

泡立ちが良くて気持ちいい」「指通りもツルツル」「いい香り」という感じです。

そして、1回の使用でも分かりやすいことが追求されています。

サロンシャンプーでは素材の美しさとヘアデザインの美しさのバランスを重視しています

できるだけ髪や肌に負担をかけないようにしつつ、カラーやパーマやカットを駆使してつくり出したヘアスタイルを楽しんでもらえるように考えられています。

市販のものと比べて泡立ちが弱かったり、ツルツル感が少ない」「値段がちょっと高い」「1回の使用では効果が分かりにくい」ということがあるかもしれませんが、使い続けるうちに”髪の状態が確実に良くなっている”と実感できるはずです。長期スパンでのケアができます。

2つの大きな違いとは?

サロンシャンプーとは、美容室といったヘアサロンで取り扱われている特別なシャンプーです。市販シャンプーとは、サロンシャンプーを低コストでつくったものです。

そのため大きな違いというのはコスト=価格でしょう。多くの消費者はまずは価格で判断することが多いでしょう。

その他にも

  1. 成分
  2. 種類のレパートリー
  3. 購入場所

様々な違いもあり、これが市販シャンプーとサロンシャンプーの違いとなります。

それぞれのメリットとデメリット

市販シャンプーのメリット

  • 簡単に泡がたつ
  • 香りがよい
  • ボトルやパッケージが良い
  • コスパに優れている
  • 宣伝で目立つ

様々なメリットがあるものの、長期間使用すると髪や頭皮に負担を与えたり、デザイン崩れ、カラーやパーマが落ちやすい、かかりにくいなどの弊害を起こす場合があります。

それはコストを抑えるために、髪にとっての良い成分とも抑えてしまった結果となります。

しかしそれ以外にはなく、髪のことだけを考えるのであればサロンシャンプーを使う以外の選択肢はありません。

そのため市販シャンプーの使わない方がいいという美容師が多いのです。

サロンシャンプーのメリット

  • 髪や頭皮に優しい
  • ヘアスタイルをキレイにする
  • ダメージから髪を守る
  • 香りなど髪だけでなく全体に良い効果がある

サロンシャンプーでのデメリットとは価格購入場所です。

コストがかかる上にサロンでしか購入できないことが一番のデメリットにはなるでしょう、かたや市販シャンプーなどはコストが安い上についでに購入できますからね。

どっちを使うべきなのか?

プロとしては美容室のサロンシャンプー一択になります。

しかし、ぼくは自分の優先度によって選ぶべきだと思います。例えば「価格>ケア」なのか「ケア>価格」なのか?自分が優先すべきことにより違うと思います。

価格を優先させたいのなら市販シャンプーを使うべきだし、髪をキレイにしたいのならサロンシャンプー。その両方ならば二刀流で市販シャンプーとサロンシャンプーを併用するといった形も良いでしょう。

価格の方が優先させたいのに高コストであるサロンシャンプーを使うのは少しずれていますし、必ずしもサロンのシャンプーを使わなければいけないことはありません。

自分にあったシャンプーを選びましょう。

ちなみにノンシリコンシャンプーの方がよいなどと間違った情報もよく聞きますがそれは間違いです。詳しくはこちろもどうぞ。

まとめ

市販シャンプーとサロンシャンプーの違いについてをまとめてみましたがいかがでしょうか?簡単にまとめると・・

  1. 価格
  2. 成分
  3. 種類
  4. 購入場所

しかし、やはり美容師としてはできればサロンシャンプーを使っていただきたいというのが思いにはあります。「断固として市販シャンプーはダメ!」ということは言いませんが、髪のキレイのためにはサロンシャンプーを使ってあげましょう

髪のキレイのために。

こちらの記事もご参考ください。

シャンプーのやり方やシャンプー剤についてもまとめています。

ぜひ、参考に。

 

 
Site map


チェックエントリー

シャンプー剤の教科書

くせ毛の教科書

スタイリング剤

洗い流さないトリートメント



 
この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.