【オーガニックシャンプーとは?】美容師がオーガニックシャンプーについてを分かりやすく解説

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

シャンプーの種類って多いですよね。高級アルコール系、石けん系、アミノ酸、ノンシリコンや、最近ではオイルシャンプーなどなど、様々なシャンプーがあります。プロの美容師であっても、年々増えていくシャンプーの多さにはついていけていないことも少なくありません。

さらにそこに、オーガニックシャンプーというものが話題になっています。そこでオーガニックシャンプーについてを分かりやすく解説していきます。

オーガニックとは?

化学肥料や農薬等を使用せず、自然にある物だけを使用して作られた物の総称です。

人体に対する安全性を求める人たちにとっては、無添加よりも基準が厳しいオーガニック製品が、人体に安心、安全であるということが魅力でしょう。

つまりオーガニックシャンプーとは、化学合成農法や化学肥料は使わず有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培された植物を使用したシャンプーのことで、オーガニック認定を受けた植物成分が入っていることが前提になります。

オーガニックシャンプーの特徴

自然由来の成分を使用しているため、お肌への刺激が少ないのが特徴です。

特に、「ラウロイルメチルアラニンナトリウム」や「ココイルグルタミン酸ナトリウム」といったアミノ酸系の洗浄成分は、低刺激でかつ洗浄力もあるため、オーガニックシャンプーに使用されることが多いのです。

ただし、このようなお肌への刺激が少ない成分は通常のシャンプーの成分に比べてコストが高いため、その分シャンプーが高価になりがちです。

しかし、オーガニック植物を使っていたとしても、成分を抽出するために溶剤が使われている製品や、洗浄力が強い成分を含んでいる製品もあるため、やはり購入の際は「オーガニック」という言葉だけで判断せずに、きちんと内容を確認することが大事であるといえます。

オーガニックのメリット・デメリット

オーガニックシャンプーの1番のメリットは安心安全です。オーガニックを表記しているという事は、自然なものしか使っていないという事です。

自然なものしか使っていないシャンプーは、毎日使っても安心で安全です。肌トラブルや科学物質などのアレルギーなどを気にする人には、オススメのシャンプーです。

しかし、オーガニックシャンプーの1番のデメリットはシャンプーの使用感が悪いことです。

自然の成分しか使えないオーガニックシャンプーは、髪のコンディションを整える成分が入れれないことから、シャンプーの使用感が一般のシャンプーに比べると少し悪い傾向にあります。

昔よりは改善されてきていますが、シャンプーの泡立ちや匂い、トリートメントをした後の髪の手触りなどは、一般のシャンプー、トリートメントの方がいいと思います。

さらに消費期限なども一般のシャンプーに比べて短いこともデメリットになるでしょう。

まとめ

有機栽培した植物成分を原料としたオーガニックシャンプーは、頭皮に優しい天然の洗浄成分を使用している分、通常のシャンプーよりもコストが高くなることがあります。

また、保存料が配合されていないシャンプーの場合は、きちんと衛生管理をするのが重要です。保存期間もきちんと確認しましょう。

是非、参考に。