美容師おすすめのヘアケアセット

赤ちゃんの筆の作り方|美容師が教える初心者にも分かる注意点

Q1,赤ちゃん筆Q&A

赤ちゃん筆1 min

ここで、赤ちゃん筆を制作するにあたりさまざまなQ&Aをまとめてみました。

Q1,どのくらいの髪で筆がつくれる ?

 きし
A,商品によっtことなりますが、長さ5㎝以上、束ねた量が8mm以上あればお作りできます。長さ3㎝、量6mmから制作できるものもあります

Q2,胎毛が少ない場合はどうすればいいの?

 きし
A,お送りした胎毛のみで可能なサイズの筆を制作いたします。もし、制作が不可能な場合はこんな方法もあります。
  1. ご家族の髪を筆の内側に入れ、胎毛を外側に使用して制作
  2. 再度、髪を伸ばしていただき、その髪を筆の内側に入れて、胎毛を外側に使用して制作します

Q3,くせ毛でも筆になりますか?

 きし
A,「火のし」という工程で髪のくせをとり、直毛にしますので大丈夫です。

Q4,毛先のある胎毛以外でもつくれるの?

 きし
A,出来ます、成長した後の髪で、七五三記念・ご入学記念・ご結婚記念・米寿のお祝いなど、心に残る記念筆を制作することができます。

Q5,どのくらいの期間で筆が完成するの?

 きし
A,商品によって異なりますが、約1〜2ヶ月ほどです。

Q6,ずいぶん前にカットした胎毛でもいけるの?

 きし
A,大丈夫です、必要な長さと量があれば制作できます。

Q7,何歳くらいまで伸ばせば、赤ちゃん筆が作れるの?

 きし
A,赤ちゃんによって髪の量に個人差があるので明確にはできませんが、早い方で1歳未満で作られる場合もあります。ですが、一生に一度の大切な赤ちゃん筆ですので、2〜3歳くらいまでしっかりと伸ばすことをおすすめします。

Q8,保管方法はどうしたらいいの?

 きし
A,最も気をつけていただきたいのが、虫食いとカビです。湿気が少なく風通しの良い、ほこりのたまらない場所に、防虫剤と一緒に保管してください。

まとめ


いかがでしょうか?初心者でも分かる赤ちゃん筆の作り方と、作るときの注意点をまとめてみました。 赤ちゃん筆ってとても大切なイベントの一つです。大切な子供さんの胎毛は一生に一度です。しっかりと知識を身に着けてから、やっていきましょう。

ぜひ、参考に。

良ければこちらの記事もご参考ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください