2017/09/22

石けんシャンプーのメリットやデメリットを分かりやすくまとめてみた

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

石けんシャンプーとはご存知でしょうか、石けんというからにはとても身体にはよさそうだけど、実際どうなの?って疑問がでてくるのが石けんシャンプーです。

今回は石けんシャンプーについて分かりやすくメリットとデメリットでまとめてみました。

石けんシャンプーとは?

石けん系シャンプー剤は、石鹸をベースとしたシャンプー剤で、自然志向の方から絶大な信頼を寄せられていますオーガニックシャンプー剤もこの中に含まれることもあります。

その上で低コストなため、リーズナブルなシャンプーとしても親しまれるものでもあります。

 種類 高級アルコール系 石鹸系(オーガニック) アミノ酸系
洗浄力 高い 高い 弱い
刺激 強い 普通 低刺激
メリット 低コストに抑えれる 低コスト、自然志向 髪や頭皮に優しい

石けん系シャンプーの原料

  • 脂肪酸ナトリウム
  • グリセリン
  • 油脂
  • 水酸化ナトリウム
  • 脂肪酸カリウム
  • 純石けん

石けん系シャンプーは脂肪酸ナトリウムとグリセリンを原料にすることが多いようです。

動植物の油脂に水酸化ナトリウムを加えることで、脂肪酸ナトリウムができて、さらにグリセリンを取り出すのです。動植物の油脂の中の成分にはヤシ油、パーム核油、牛脂などがあります、ヤシ油とはココナッツの種から採れた油のことです。パーム核油とはアブラヤシの種から採れた油のことです。

つまり、自然にも存在しているものを原料としています。そのため頭皮に対して優しいシャンプーとなっています。

しかし、石けんシャンプーのほとんどはアルカリ性のため、洗い上がりは髪がパサパサになることもあります

石けんシャンプーのメリット・デメリット

ここでは石けんシャンプーについてまとめていきましょう。

石けんシャンプーのメリット

  1. 環境に優しい
  2. 洗浄力が高く洗い上がりが良い
  3. 爽快感がある
  4. 天然原料・無添加安心して使える

石けんシャンプーのデメリット

  1. 洗浄力が高く余分なものまで取り除く
  2. 髪がパサパサになりやすい
  3. ヘアカラーの退色が早い
  4. 皮脂が過剰分泌されやすい

1番問題になってくるのは使用感が悪いことでしょう、使用感が悪いというのは髪がパサつくや頭皮がつっぱるといった刺激が強いこととなります。

その原因としては・・

  1. シリコンやコーティング剤を使っていない
  2. アルカリ性である

が挙げられます。つまり髪を大事にしていくのであれば、メインシャンプーとして使い続けることはやめた方が良いということです。メインとして使い続けてしまうことで、髪だけでなく頭皮も弱るのです。

まとめ

石けんシャンプーのメリットとデメリットについてをまとめてみました、やはりメリットよりもデメリットの方が効果があるために使用は控えた方が良いでしょう。

ぼくは基本的に髪中心の考えなのであしからず。

こちらの記事もご参考ください。

シャンプーのやり方やシャンプー剤についてもまとめています。

ぜひ、参考に。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.