2017/09/22

【高級アルコール系シャンプーには気をつけろ!】美容師が伝えるシャンプーについて

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

みなさんシャンプーで使ってはいけないものがあるものはご存知でしょうか。よく市販シャンプーはダメだとか言われますが、それは高級アルコール系シャンプーというものが市販の中にはとても多くあるために市販シャンプーはダメと言われることが多いです。

今回は高級アルコール系シャンプーについてを解説していきます。

高級アルコール系シャンプーとは?

高級アルコール系のシャンプーとは、市販されている大部分のシャンプーで、特に大手メーカーが販売しているシャンプー剤はこのタイプが多いです。

成分に香料が含まれているため香りが非常によく、泡立ちも非常にいいのが特徴です。販売価格も低価格なものが多く、とてもリーズナブルなシャンプーとなっています。

高級アルコールとは?

高級アルコールとは、価格が高価という意味ではなくアルコール分子中の炭素が6つ以上含まれているものを「高級アルコール」と言います。逆にアルコール分子中の炭素の数が5つ以下のものは「低級アルコール」と言い、高級アルコールの例としては、セタノール、ステアリルアルコール、オクチルドデカノールなどがあげられます。

炭素の数が多ければ多いほど油性のが強くなるので泡立ちが良く、洗浄力も高くなります。ただし、高級アルコールを界面活性剤の成分としたシャンプーは頭皮への負担や刺激が強いので使用の際は注意が必要です。

高級アルコール系シャンプーの原料

上記の特徴だけだと良さそうに聞こえるかもしれませんが、実は中身を開くと変わります。

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム

ラウリル硫酸ナトリウムのほとんどは石油から作られています。

石油からラウリルアルコールを生成し、これが高級アルコールと呼ばれるものです。その物質に濃硫酸で化学反応を起こして、ラウリル硫酸エステルを作ります。

さらに、この物質にナトリウムで化学反応を起こして出来上がるのがラウリル硫酸ナトリウムです。

しかし、このラウリル硫酸ナトリウムは頭皮に対して刺激が強すぎるということが問題となり、ラウリル硫酸ナトリウムをもとにしてラウレス硫酸ナトリウムが作られました。

ラウリル硫酸ナトリウムとラウレス硫酸ナトリウムは、同じものではなくて、全く違うものです。しかし、高級アルコールから作られるという面では同じなので、「高級アルコール系界面活性剤」として、同じ系列にまとめることができます

この成分は安価に作れますが、頭皮に刺激が強いことが特徴です。

つまり高級アルコール系シャンプーは刺激が強いため、頭皮も髪も痛めやすい髪をつくってしまうので、それが多いとされる市販のシャンプーは極力控えた方が良いということなのです。

まとめ

今回は高級アルコール系シャンプーについてフォーカスしてみました、成分が危険だとは言いましたが最も危険なのは高級アルコール系シャンプーの成分バランスが特に危険なのです。バランスが悪く、髪や頭皮にとってはできれば避けてあげたい成分をが多く配合されているシャンプーが、高級アルコール系シャンプーなのです。

少しでも多くの方がシャンプーを選ぶ時にサポートができればいいなと思います。

こちらの記事もご参考ください。

シャンプーのやり方やシャンプー剤についてもまとめています。

ぜひ、参考に。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.