【厳選】おすすめヘアケアセット!
ヘアカラー

ヘアカラーの基本知識|美容師が教えるケミカル講座

 

男性
男性
ヘアカラーのことを教えて欲しい

美容師のアシスタントから素朴な質問を受けたので記事にしてみました。

とてもすぐに応えれる内容のことではないからです。

ということで、美容師目線での紹介をしながら一般の人にも分かりやすく説明していきます。

「ヘアカラーとはどういうものなのか?」

「なぜヘアカラーでは髪に色が染まるのか?」

そんな専門的な知識ですが、何かの参考になればと思います。

ということで、当記事では美容師向けにヘアカラーの基本知識となるケミカル講座を、分かりやすくまとめてみました。

 

ヘアカラーの種類と特徴

きし
きし
まずは、ヘアカラーの種類についてお話します。
つま
つま
ヘアカラーって実は1つじゃなくて、いろいろあるんですよ。

ヘアカラーでは大きく3つに分類されます。

  1. 脱色剤
  2. 酸化染毛剤
  3. 酸性染毛料

の3つとなります。

それぞれについてお話します。

ヘアカラー剤①「脱色剤」

脱色剤には、一般的にパウダーブリーチライトナーの2種類があります。

2つとも共通しているのは、

  • 13レベル以上まで明るくする
  • 残留色素を分解する
  • 青みや赤みを削る

といったことです。

髪のメラニン色素を分解して、髪色を明るく(脱色)する働きがあります。

パウダーブリーチの過硫酸塩は、2剤を混ぜた時に過酸化水素の酸化力を強め、高い脱色力を発揮します。

あわせて読みたい
ヘアカラーのクリア剤について|美容師がクリアを30秒で分かるように紹介! 美容師向けのエントリーにはなりますが、ヘアカラーにおける「クリア剤」についてお話します。 実はアシスタントに ...

しかし、髪に対するダメージが大きいため、処方には注意が必要です。

ライトナーとは一般的にはアルカリカラーの染料が入っていないものを指します。

パウダーブリーチ ライトナー
pH 9〜11 9〜11
ブリーチ力  高  中
ダメージ  大  中
あわせて読みたい
pH(ペーハー)について|美容師が教える髪とpH(ペーハー)の関係性 「pH(ペーハー)」をご存知ですか? よくpHというワードを見かけます、「お肌のpH」とか「食生活のpH」などという風に、...

ヘアカラー剤②「酸化染毛剤」

一般的なヘアカラー剤は、正式名称では「酸化染毛剤」と呼びます。

酸化染毛剤は、1剤と2剤の2種類の混合液で構成されていることがほとんどです。(中には3浴式ヘアカラーもあります)

  • 明るく染める
  • 暗く染める
  • 色を染める
  • 白髪を染める

などに使われています。

酸化染毛剤の内訳では、1剤の成分は酸化染料とアルカリ剤2剤の成分は酸化剤(過酸化水素)となっています。

つまり1剤が色の調整2剤ではアルカリ剤のサポートをします。

あわせて読みたい
ヘアカラー剤|酸化染毛剤で髪が染まる仕組み かなりマニアックな記事ですが、美容師のアシスタントから素朴な質問を受けたので記事にしてみました。 とてもすぐに応え...

染料が髪に浸透し内部で結びついて発色(酸化重合)します。

アルカリカラーには、毛髪のメラニン色素を分解し、髪色を明るく(脱色)する働きがあります。

1剤の酸化染料は、さらに染料中間体(プレカーサー)、調合剤(カップラー)、直接染料(ニトロ染料)の3つに分けられ、目的の調合に合わせて配合しています。

それぞれの働きは以下の通りです。

  1. 染料中間体(プレカーサー)・・単独で酸化重合して発色します。
  2. 調合剤(カップラー)・・単独ではほとんど発色せず、染料中間体と組みあわせる事で発色します。
  3. 直接染料(ニトロ染料)・・毛髪に浸透して鮮やかに着色しますが、分子量が小さいので褪色しやす特徴があります。
  4. 1剤のアルカリ剤の役割は、毛髪を膨潤させ、酸化染料の浸透を助ける事と、過酸化水素の働きを促進させ酸化力を高める事です。

酸化染毛剤は、そのpHによって大きく3つのタイプに分かれます。

アルカリカラー 低アルカリカラー 中性カラー
pH 9〜11 8〜10 6〜8
ブリーチ力  中  低 なし
ダメージ  大  中 極小

 

ヘアカラー剤③「酸性染毛料」

酸性染毛料は、一般的に「酸性カラー」「塩基性カラー」と呼ばれます。

酸性カラーとは、マニキュアのことです。

酸性色素で髪のキューティクル付近にイオン結合して着色します。

酸で毛髪をプラスの性質にし、マイナスの性質を持つ酸性色素がイオン結合します。

酸性染毛料は脱色作用がないので、髪へのダメージはほとんどありません。

しかし、髪色を明るくする事ができないために、グレイヘアや黒髪にはほんのりと色味を加える時に使用します

あわせて読みたい
ヘアマニキュア(酸性カラー)の特徴とメリット・デメリットまとめ 今回は「ヘアマニキュア」というヘアカラーについて。 そもそもマニキュアというヘアカラー剤をご存知でしょうか? ...

塩基性カラーとは、カラートリートメントのことです。

分子が大きく髪の内側には浸透せず、髪表面に付着してイオン結合することで色を付けることができます。

アルカリカラーはジアミンなどが配合されている通常のヘアカラーに使われるもので、反対に半永久染毛剤はマニキュアなどの酸性染料と言われるダメージが少ない(ほぼない)というヘアカラー剤になっています。

あわせて読みたい
塩基性カラー|美容師がカラートリートメントでもある塩基性染料についてを語る「塩基性カラー」ってご存知ですか? 塩基性カラーとは、普通には聞き慣れないヘアカラーですが、一般的なドラッグストアなどでも購入でき...
 pH ヘアマニキュア/カラートリートメント
ブリーチ力 なし
ダメージ なし

すべてのヘアカラー剤の種類と特徴別に、グラフにまとめるとこんな感じになります。

 

脱色剤 酸化染毛剤 酸性染毛剤
一般名称 ・パウダーブリーチ

・ライトナー

・アルカリカラー

・中性カラー

・酸性カラー

・塩基性カラー

分類 ・医薬部外品

・脱色剤

・医薬部外品

・永久染毛剤

・化粧品

・半永久染毛剤

原理 メラニンを壊し(脱色)、髪の明度を上げるという事に特化しています。 メラニンを壊し(脱色)、明度を上げつつ酸化染料が毛髪内部で酸化重合して発色します。 酸性色素がキューティクル付近でイオン結合し、着色します。

 

【次のページでは、サロンカラーとホームカラーの違いについてお話していきます】

1 2
ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。