【厳選】おすすめヘアケアセット!
ヘアカラー

ヘアカラー剤|酸化染毛剤で髪が染まる仕組み

 

女性
女性
なぜヘアカラーで髪が染まるのか?

かなりマニアックな記事ですが、美容師のアシスタントから素朴な質問を受けたので記事にしてみました。

とてもすぐに応えれる内容のことではないからです。

ということで、美容師目線での紹介をしながら一般の人にも分かりやすく説明していきます。

「なぜヘアカラーでは髪が明るくなるのか?」

「なぜヘアカラーでは髪に色が染まるのか?」

そんな専門的な知識ですが、何かの参考になればと思います。

ということで、当記事ではなぜヘアカラーで髪が染まるのか(色が染まるのか)を、分かりやすくお話します。

 

ヘアカラー剤(酸化染毛剤)について

きし
きし
では、なぜヘアカラー剤で髪の色が染まるのでしょうか?
つま
つま
当記事では、かなりマニアックですがヘアカラーで染まる原理についてを話します。

一般的なヘアカラー剤は、正式名称では「酸化染毛剤」と呼びます。

酸化染毛剤は、1剤と2剤の2種類の混合液で構成されていることがほとんどです。(中には3浴式ヘアカラーもあります)

酸化染毛剤の内訳では、1剤の成分は酸化染料とアルカリ剤2剤の成分は酸化剤(過酸化水素)となっています。

つまり1剤が色の調整2剤ではアルカリ剤のサポートをします。

酸化染毛剤の他にも、脱色剤(ブリーチ)や酸性染毛剤(マニキュア)がありますが、ここでは普通のヘアカラーでも酸化染毛剤で進めていきます。

脱色剤 酸化染毛剤 酸性染毛剤
一般名称 ・パウダーブリーチ

・ライトナー

・アルカリカラー

・中性カラー

・酸性カラー

・塩基性カラー

分類 ・医薬部外品

・脱色剤

・医薬部外品

・永久染毛剤

・化粧品

・半永久染毛剤

原理 メラニンを壊し(脱色)、髪の明度を上げるという事に特化しています。 メラニンを壊し(脱色)、明度を上げつつ酸化染料が毛髪内部で酸化重合して発色します。 酸性色素がキューティクル付近でイオン結合し、着色します。
あわせて読みたい
ヘアマニキュア(酸性カラー)の特徴とメリット・デメリットまとめ 今回は「ヘアマニキュア」というヘアカラーについて。 そもそもマニキュアというヘアカラー剤をご存知でしょうか? ...
あわせて読みたい
塩基性カラー|美容師がカラートリートメントでもある塩基性染料についてを語る「塩基性カラー」ってご存知ですか? 塩基性カラーとは、普通には聞き慣れないヘアカラーですが、一般的なドラッグストアなどでも購入でき...

1剤と2剤を混ぜることで、酸化染料は発色する仕組みになっていますが、これはサロンカラーであっても市販カラーであっても同じです。

あわせて読みたい
「サロンカラー」と「市販カラー」の違いメリット・デメリット別まとめ 今、女性の約7割の人が「ヘアカラー」をしています。 そのヘアカラーは、「サロンカラー」と「市販カラー」に分かれており、 ...

ヘアカラー「1剤」

ヘアカラーの1剤は、主に「酸化染料(パラフェニアレンジアミンなど)」で酸化発色します。

1剤中のアルカリと2剤の過酸化水素の化学反応で発生した酸素で発色(酸化重合)する仕組みになります。

ヘアカラーのバリエーションも年々増加しており、色を選ぶ際には染料が1剤に含まれているので、ヘアカラーの色も1剤で決めるのが基本となります。

あわせて読みたい
髪色で見るヘアカラーバリエーション|美容師が作ったヘアカラーチャート色見本髪の色には様々なものがあります。自分の似合う髪色を知るためにはたくさんの髪色を知る必要があります。そこで美容師がたくさんの髪色のバリエーションを色別にまとめてみました。...

 

「アルカリ剤」(アンモニア、モノエタノールアミン)では、髪のキューティクルを開き1剤2剤の混合液を髪の内部へ導き、2剤の過酸化水素を分解し酸素を発生させるというのが、アルカリ剤の役割になります。

 

【次のページでは、2剤についてを話していきます】

1 2
ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。