美容師おすすめのヘアケアセット

美容師がヘアカラー『2剤』のオキシ濃度の違いを解説【 6% 5% 3% 図解付】

美容師がヘアカラー『2剤』のオキシ濃度の違いを解説【 6% 5% 3% 図解付】

この記事の内容

ヘアカラーにおける”2剤”の特徴と詳細

かなりニッチなヘアカラー質問の1つです。

2剤は一体どういう役割があって、種類の違いなどが分からない

ということで今回の記事は、ヘアカラーの技術ではなく、薬剤についての紹介記事になります。

お客様からも…

ヘアカラー剤が2つもあるんだけど、あれってなに?

美容師のアシスタントからの質問だったのですが、一般の人にも分かるように分かりやすくまとめてみました。

というのも、市販カラーをしたことがある人なら、ご理解いただけると思いますが、ヘアカラーをする時は、2つの薬剤があります。

この1剤と2剤を混ぜて使う混合液がヘアカラーとしてなります。

当記事では、美容師が教えるヘアカラー剤の「2剤」の特徴についてを分かりやすくお話します。

 

ヘアカラー剤の「2剤」について

ヘアカラー剤の「2剤」について

 きし
まずはヘアカラーについてのことを知りましょう。

つま

ヘアカラーで2剤のあるものは「酸化染毛剤」と「脱色剤」の2種類です。

2剤は主に「酸化剤」(過酸化水素)1剤中のアンモニアによって分泌されて酸素を発生させます。

過酸化水素は、1剤中のアルカリ剤のサポートをすることが大きな役割になります。

1剤のアルカリ剤と2剤の過酸化水素の化学反応によって、髪のメラニン色素を分解する働きがあります。

つまり2剤の調整によって髪の明るさのコントロールをすることもできます。

発色した染料の分子は結合して元より大きくなるという性質があるので、髪の内部に浸透した後は閉じ込められます。

染料の大きさや、メラニンの分解量などの調節を2剤の種類によって行います。

つまり、2剤では染料の大きさや分解量の調節をしていきます。

MEMO

髪にはメラノサイトから生み出される「メラニン色素」という色素が存在します。

イメージ図

 

このメラニン色素が黒髪の黒になる色素になり、これらを分解することによって髪は茶色になり、さらに多くの色素量を分解することによって金髪となります。

毛髪内部コルテックスの図

そして、髪に元々あるメラニン色素を分解し、その分解したあとに染料を入れます。

発色した染料の分子は結合して元より大きくなるという性質があるので、髪の内部に浸透した後は閉じ込められます。

こうしてヘアカラーの色が髪に定着するというわけです。

 

これがヘアカラーの染まる仕組みとなります。

髪にヘアカラー剤を塗布すると、1剤の中のアルカリ剤が髪のキューティクルを開きます。

そうする事により、ヘアカラー剤が髪の内部に浸透していきます。

2剤の役割は、1剤のサポートをすることにあります

 

【次のページでは、オキシ濃度の違いについて紹介】