おすすめのヘアケアランキング詳しくはこちら

「サロンカラー」と「市販カラー」の違い!メリット・デメリット別まとめ

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

きしです。

前回の記事では「クリア」というカラー剤について語りました、クリアを簡単に説明すると、色を一旦クリアにすることができ、その後のカラーに活かすことができる、あったら便利なカラー剤です。

美容室にしかありませんが。

今回の記事のテーマでは、よく質問のあるサロンカラーと市販カラーの比較についてです。

この記事の内容

サロンカラーと市販カラーの違いについて

今、女性の約7割の人が「ヘアカラー」をしています。

そんなヘアカラーは、「サロンカラー」と「市販カラー」に分かれており、多くの人は「美容室でする」か「家で自分でする」ぐらいの違いでしか認知しておりません。

ヘアカラー剤なんてどれで染めても一緒でしょ?

なんて元も子もないような考えをしているあなた!!!

実は、自分でする市販カラーとするサロンカラーではたくさんの違いがあるんです。

そこで今回の記事では、サロンカラーと市販カラーの違いについて分かりやすくお話します。

おすすめシャンプー

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

 

「サロンカラー」と「市販カラー」の特徴

「サロンカラー」と「市販カラー」の特徴
きし

まずは、サロンカラーと市販カラーのそれぞれの特徴についてお話します。

廣瀬

自分でするやする以外にもたくさんの違いがあるんですよ。

サロンカラーと市販カラー(ホームカラー)の特徴にはいくつかの違いがあります。

「求める仕上がりを重視するサロンカラー」と、「使い勝手の良さを重視する市販カラー」。

大きな違いは、この2つになります。

それぞれの違い

それぞれの違い
きし

分かりやすくすると、自分でするか、するかということがあります。

するサロンカラーは、新生毛と既染毛を染め分ける繊細な技術でキレイに染めます。

また、高度なカラー技術である「ウィービング」などを駆使し、美しく立体感を表現したりもします。

さらにサロンにおいては、髪の状態を考慮して選べるアルカリカラー、低アルカリカラー、中性カラーなどの1剤や、過酸化水素濃度が3%〜6%の2剤が揃えられています

一方、ホームカラーにはひとりで施術されることを想定し、髪に広がりやすい粘性や容器、刺激臭のこもらない不揮発性のアルカリ剤が使われていることが多いです。

ただし、髪に広がりやすい反面、既染毛に薬剤がついてしまい、とくに毛先部分に染料やダメージが蓄積しやすい傾向があるので、注意してする必要があります。

グラフ化すると…

スクロールできます
 サロンカラー ホームカラー
施術者美容師本人
色表現豊かな色表現(〜100色以上)ヘアデザイナーが薬剤を選定して、高い技術で施術します。色表現の幅が狭い(〜30色程度)お客さま自身が薬剤を選定して施術します。
粘性のあるクリーム、塗り分け、ウィービングなどの繊細な美容技術に適しています。微粘性クリーム、ジェル、液体など。毛髪に広がりやすく、一人でも簡単に塗布できます。
主なアルカリ剤揮発性アルカリ(アンモニア)など不揮発性アルカリ(モノエタノールアミン)など
過酸化水素3% 6%6%
※全て酸化染毛剤の場合です。

と、これだけだとまだ分かりづらい人のためにさらに具体的にまとめました。

それぞれのメリットとデメリット

それぞれのメリットとデメリット
きし

次に、サロンカラーとホームカラーのメリットとデメリットについてお話します。

違いを理解すると、次に大事になるのはメリットとデメリットです。

それぞれの特徴を考慮してメリットとデメリットについても見ていきましょう。

市販カラーのメリット

市販カラーのメリットとは、自分のヘアカラーを染めたい時できる使い勝手の良さにあります。

自分の好きな時、好きなタイミングでヘアカラーができるところが最大の魅力でしょう。

一番の魅力と言えば…

また、好きな色を自由に選べます。 美容室でカラーをする場合おすすめの色を提案してくれる所もありますが、市販カラーは自分の気分で色味を選べる所にも魅力があります。

市販カラーのデメリット

一方でデメリットでは、ホームカラーを選ぶ時にサンプルの髪が置いてあったりパッケージに乗っていたりしますが、ほとんどの人がその色になる事はありません。

人の髪は十人十色、千差万別ですから、髪質を無視して染めてもその通りになることはありません。

また、市販カラーはサロンカラーに比べ色が落ちるようになっています。

そして、最も大切になるのがカラーの後のシャンプーです。

家でシャンプーをしていますが、歯磨きと同じように洗いにくい場所や、洗えていない場所などがあります。

多くの方が勘違いされていることですが、カラー後の薬剤の汚れはシャンプーでとっているわけではありません。

こういった事が一般の方は、知らないために市販カラーを繰り返す事で、髪だけでなく頭皮がどんどん傷んでいきます。

これが「市販カラーは傷む」という認識の原因でもあります。

サロンカラーのメリット

サロンカラーをする場合、髪のダメージやヘアカラーの履歴に合わせて薬剤を決めることができて、ダメージを最低限に済ませることができます

ダメージを抑えることができるのはサロンカラーの最大のメッリトといえるでしょう。個人的な1番のメリットは時間だと思っています。

多くの人が、「時間がないから市販カラーをする」ということを言われます。

「美容室に行く時間がないから自分で染めてしまった…」

実際にもお客さまからも聞いたことがあります。

しかし、時間がないから市販カラーをするというのは大きな勘違いなのです。

時間が確保できるのは圧倒的にサロンカラーの方だからです

色を決めるのもカラーリングをするのも、シャンプーするのも、乾かしたりブローするのも全て美容師に一任することができます。

こういうこともサロンカラーのメリットになるのです。

サロンカラーのデメリット

一方で、サロンカラーのデメリットでは、やはり時間効率と価格にあります。

好きな時にカラーリングをすることができずに、加えて美容師とのコミュニケーションが必要となります。

さらに、薬剤選定〜カラーリング〜シャンプー〜ブローとさまざまなサービスがついているために、市販カラーに比べて価格が高めの設定となります(サロンによって異なる)。

これは人の価値観で安いか高いは個人差があると思うので、使い分けが必要になるでしょう。

目次に戻る

市販カラーの使いこなし術

市販カラーの使いこなし術
きし

ここでは、サロンカラーと市販カラーを使いこなし術を伝授します。

廣瀬

女性にとっては美容は髪だけではありません、効率も大事になるので上手く活用するのがおすすめです。

美容師によっては「ホームカラーは絶対にダメ」という人はいますが、ぼくは必ずしもホームカラーはダメとは思いません。

もちろん時間とお金に余裕があるのであれば、必ず美容室でのヘアカラーを楽しむことをおすすめしますが、そんな人って中々いませんよね?

出費を抑えたい時や、忙しい時だってありますからね。

例えば…

美容って髪だけじゃなくて、エステもそうだし、ネイルだってあるし、カラダのメンテナンスを入れると歯医者や病院だってあります。 時間なんていくらあっても足りません。 市販カラーとサロンカラーを、時と場合によって使い分けて、トータル的にキレイにすることがおすすめです。

そこで、市販カラーを使いこなす術を伝授します。

大事になってくるのは…
  • タイミング
  • 回数

が大切になります。

自分に合った「色」を選ぼう

自分に合った「色」を選ぼう
きし

へアカラー剤は、髪質や毛量、事前の髪色によって、適当に色を選んで自分で行うことで大半が色ムラになります。

つまりカラーチェンジをする場合は美容室で行い、市販カラーをする時は同系色の色を入れるようにすると失敗が少ないです。

例えば、サロンカラーで10レベルのアッシュにしたとすれば、次の市販カラーでは「10レベル」もしくは「アッシュ系」のヘアカラー剤を選ぶとキレイになります。

カラーの色を近いものにすると馴染みがよくなるので、サロンカラーのつなぎ以上にキレイになってくれます。

市販カラーをするベストなタイミング

市販カラーをするベストなタイミング
きし

美容室でカラーをした場合、1ヵ月ほどで色が落ち新しい髪が約1cmほど新しく生えてきます。

ヘアカラーの頻度(サイクル)は、空けば空くほど、ヘアカラーの染まりというのは悪くなりす。

逆を言えば、ヘアカラーの間隔が短いほどキレイに染まりやすいのです。

そのため、サロンカラーでキレイに染めたあとの1ヶ月前後であれば、市販カラーがキレイに染まる状態となります(ダメージはあるので注意は必要です)。

市販カラーを使用するタイミングは、「サロンカラー後1ヶ月前後がベスト」となります。

目次に戻る

あとがき

あとがき
きし

サロンカラーと市販カラーについてまとめてみましたがいかがでしたか?

廣瀬

サロンカラーが良くて、市販カラーは悪いものというのは、使いこなし方によって変わりますよ。

まとめ
  1. 美容室でするか、家でするか
  2. するか、自分がするか
  3. それぞれの特性があって、使い方が重要になる

大半は、市販カラーを否定しがちですが、サロンカラーもホームカラーも正しい知識と使用方法を身に付ければ、長くオシャレを楽しめたり、キレイな状態を維持するために活用することができます。

市販カラーも使い方です。

まずは、ヘアカラーのために勉強してキレイな髪つくりをしていきましょう。

そんな感じで以上です。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次