2017/09/22

【どのシャンプーを使うべきか?】市販シャンプーもサロンシャンプーもどれを使うか悩んだら気をつけるべきこと

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

シャンプーってどのぐらいあると思いますか?

今や数十種類ではとどまらず、数百種類にまでになっているシャンプーですが、シャンプーを選択するどれを使うか悩んだら、気をつけるべきことについてをまとめてみました。

簡単に市販シャンプーとサロンシャンプーの違いを解説

大きな違いは消費者のニーズに合わせているかどうかというところです。

市販シャンプーは、主に使い心地の良さとイメージの良さ”を重視しています。

泡立ちが良くて気持ちいい」「指通りもツルツル」「いい香り」という感じです。 そして、1回の使用でも分かりやすいことが追求されています。

サロンシャンプーでは素材の美しさとヘアデザインの美しさのバランスを重視しています

できるだけ髪や肌に負担をかけないようにしつつ、カラーやパーマやカットを駆使してつくり出したヘアスタイルを楽しんでもらえるように考えられています。 「市販のものと比べて泡立ちが弱かったり、ツルツル感が少ない」「値段がちょっと高い」「1回の使用では効果が分かりにくい」ということがあるかもしれませんが、使い続けるうちに”髪の状態が確実に良くなっている”と実感できるはずです。長期スパンでのケアができます。

2つの大きな違いとは?

サロンシャンプーとは、美容室といったヘアサロンで取り扱われている特別なシャンプーです。市販シャンプーとは、サロンシャンプーを低コストでつくったものです。

そのため大きな違いというのはコスト=価格でしょう。多くの消費者はまずは価格で判断することが多いでしょう。

その他にも

  1. 成分
  2. 種類のレパートリー
  3. 購入場所

様々な違いもあり、これが市販シャンプーとサロンシャンプーの違いとなります。

市販シャンプーの選ぶ時のポイント

市販シャンプーで難しい所は、相談する相手がいないことと、インターネットにある情報が偏っているということ。例えば1つのシャンプーが合わない人がいたとしても、それで、みんなが合わないというわけではないですからね。

様々な視点から考える方が良いです。

まずは成分表を見る

成分表は全てを記載されています。つまり裏の成分表を見ればだいたいわかるということです。市販シャンプーはCMや宣伝で、とても良い見え方をしてしまうのがネックです。

市販シャンプーの中で最も気をつけるべきシャンプーの種類というのは「高級アルコール系シャンプー」です。その中で成分で気をつけるものは、

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム

成分は多い順に記載されています。全てのシャンプーは水が多く配合されているために水が1番最初なのですが、上記の3つが上にある場合は要注意です。とくにラウリル〜系はかなり洗浄力が強く、汚れだけでなく余分なものまで取り除くのでもはや危険な成分となっています。

一度使ってみる

一度は使ってみないとわからないのが実際の声です。 ただ注意してほしいのは、高級アルコール系シャンプーは爽快感があるので最初の使い心地は良い感じになってしまうことがあります。しかし徐々に髪のダメージにつながるので、長い目では使えないので注意。

サロンシャンプーの場合

サロンシャンプーは、美容室によって異なります。とくにサロントリートメントとホームケアシャンプーが連動しているといったシステムの美容室が大半なのでそこに合わせるべきだと思います。

美容師に相談する

やはり、美容師に相談する言うのが1番手っ取り早いでしょう。

市販シャンプーのことをあまり知っている美容師は少ない(ほぼいてないはず)ですが、サロンシャンプーであれば、知識はあります。 髪質や髪の状態に合ったシャンプーを提案してもらいましょう。

サロントリートメントと合わせる

上記にもありましたが、サロントリートメントと合わせてあげることで相乗効果が狙えます。サロントリートメントのタンパク質の構成や、水分量の調節をすることでダメージだけだなく髪質の改善も見込めるのでおすすめです。

一度使ってみる

市販シャンプーと同じく一度は使ってみることがおすすめです。どんないいシャンプーも使ってみたら合わないということもあります。 しかし、サロンシャンプーの場合は長い目で使ってみないと効果がわかりづらいという場合もあるので、様子見をすることも大切です。

まとめ

いかがでしょうか?多くの人が悩む内容を美容師目線で解説しました。

市販シャンプーはほとんどが高級アルコール系シャンプーとなっていて、最初の使い心地はよいものの、長い目で見るとあまり良い物とは言い難いです、できればサロンシャンプー、もしくは市販シャンプーとサロンシャンプーとの併用などがおすすめです。

このように、ちょっとした知識があることで、シャンプーを選ぶ時のヒントになります。数多くあるシャンプーの中から自分にあったシャンプーを見るけるのはとても難しいことですが、あきらめずに、がんばりましょう。

何かのヒントになればと思います。

シャンプーのやり方やシャンプー剤についてもまとめています。

ぜひ、参考に。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.