#2 ヘアカラーの「レベル」とは?プロが専門用語を分かりやすく解説

3 min

こんにちは、きしです。

前回の記事では、ヘアカラーの基礎知識についてまとめました。髪が染まるまでの工程や過程などを分かりやすく伝えているのでよければ参考にしてください。

次に重要になるのが、カラーを構成するための4つの構成です。

その一つが「カラーレベル」です。

レベルって何?

美容室でサロンカラーをしていると、専門家から「何レベルにしますか?」などと質問されることってありませんか?

そもそもですが、カラーレベルという単語自体を知らない人は少なくはありません

この記事の内容

ヘアカラーのレベルの特徴を具体的に解説

レベルというのは、美容用語で「カラーレベル」のことを指しています。美容の専門用語となれば一般の人が分かるわけありませんよね。

そこで、当記事ではヘアカラーの「カラーレベル」についてを、分かりやすくお話します

そこで今回の記事では、ヘアカラーの「カラーレベル」についてを解説しつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。
この記事を読んでわかること
  • カラーレベルの意味
  • 色とレベルの関係性
この記事の著者
この記事の著者

ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

ブロガー

ゆきな

Yukina

プロフィール


運営者は、美容業界15年以上、従事しており当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー洗い流さないトリートメントスタイリング剤(ワックス)ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

プロフィール


運営者は、美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー洗い流さないトリートメントスタイリング剤(ワックス)ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。プロフィール詳細 レビューガイドライン・理念

カラー トピック

ヘアカラーをした髪は非常にデリケートです、ヘアケアに役立つアイテムを実際に使って良かったものを厳選してご紹介しています。長持ちさせたい&キレイにしたいって人におすすめのものばかりです。

「カラーレベル」とは?

きし

きし

まずは、カラーレベルについて分かりやすくお話します。

美容の専門用語にはなりますが、理解するととても便利なワードですよ。

つま

ゆきな

カラーレベルとは、「髪の明るさ」のことを表す単位のことです。

例えば、長さを表すのに「m(メートル)」重さを表すのに「kg(キログラム)」という単位があるように、ヘアカラーの明るさを知るために必要な単位には「レベル」用いられるのです。

数字があって、低い数字が暗い色で、数字が高くなると明るくなるといった形式で、色の明暗をレベル数式で表すことです。

髪の明るさは、1〜20レベルまであり、このレベルの状態により色の染まり具合は変わってきます。

髪の明るさを数値化して、数値(レベル)によって明るさを共有をしやすくしています

数値には、「2〜20」までの数字があって地毛の髪から、どの明るさまでレベルコントロールするかが、カラーレベルでは分かりやすい指標となります。

カラーレベル(明るさ) 種類
2〜4「黒髪」
4〜7「地毛」
8〜11「茶髪」
12〜20「金髪〜白髪」

地毛以外の髪は、カラーをしなけばいけません。

実は、「2〜4」レベルの黒髪はカラーしないとつくれないのです。黒髪であってもカラーが必要なレベルなのです。

美容室で取り扱うアイテムの1つに、カラーレベルの見本となるカラーチャート(スケール)があります。

チャートには、「レベル」と「色味」のカラーバリエーションとなります。

ヘアカラーをする時に見本として使うツールで、基準となる髪の明るさの段階があります。

これが「カラーレベル」です。しかし、レベルが上がるにつれて、共に髪ダメージも上がります

髪の明るさが20レベルまでくると、キレイな髪色にすることはできますが、髪への負担も大きくなるのです。

「明るさ(レベル)」と「色」の関係性

日本人には「特有の髪の赤みがあります。

これは、髪の色素でもあるメラニン色素です。

髪色には三大原色というものがあり、「」「」「」の3つがが重なって黒という色素になります。そしてメラニン色素として、髪色として成り立っています。

三大原色の赤みが日本人の場合とても濃くなっています、

レベルが低ければ低いほど赤みが濃く、レベルが高ければ赤いが薄くなっていくのです。

そのレベルによって…

  • 思っていた色と違う
  • 暗い
  • 赤っぽい

という風な結果となります。

ヘアカラーにおいて「カラーレベル」とは仕上がりの色に大きく関わってくるのです。

深みというのが「色味/彩度」で、透明感というのが「明るさ/明度」という事です。

つまりレベルが低いと深みのあるアッシュになるし、レベルが高いと透明感のあるアッシュというように、同じアッシュという色でもレベルによっては、全く仕上がりが違うのです。

【PR】ラサーナ プレミオール

「アミノ酸系洗浄成分」とフランス・ブルターニュ産「海泥」の力でダメージの蓄積した髪をいたわりながら洗い、頭皮に詰まった皮脂汚れを吸着し取り除きます。

浸透補修なめらか成分(イソステアロイル加水分解コラーゲン・スクワラン)によって、髪にツヤを与え、保水性も高いため乾燥によるパサつき、うねりをコントロールしやすくなります。さらに毛髪内部に浸透し、キューティクルをなめらかに仕上げます。

こんな方におすすめ
【ラサーナ プレミオール】美容師がおすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
  • 静電気・髪のパサつきが気になる
  • 髪のうねりや広がりが気になる
  • 頭皮の乾燥・ベタつき・ニオイが気になる
  • カラーやパーマによる髪のダメージが気になる
  • 髪の悩みが慢性化している
  • 香りにこだわって選びたい

初回限定49%OFFのお得なトライアルセットの購入方法

 LaSana Premior 

 ラサーナ プレミオール 

 Shampoo 

 プレミオール シャンプー 

 Essence 

 プレミオール エッセンス 

髪の奥深くまで浸透補修する「トリートメント」と「洗い流さないトリートメント」がセットになった「21日間分の3点セット」が49%OFFの1,980円(税込)でお得に購入することができます!しかも送料無料です!

 Premior 

  プレミオール

 

髪の奥深くまで浸透補修する「トリートメント」と「洗い流さないトリートメント」がセットになった「21日間分の3点セット」が49%OFFの1,980円(税込)でお得に購入!しかも送料無料です!

通販限定のセット内容
  • プレミオール シャンプー 130ml
  • プレミオール トリートメント 130g
  • プレミオール エッセンス 20ml

定期購入ではないのも嬉しいポイントです。また、トリートメントとエッセンスのライン使いができると香りが統一することができます。

\ 定期購入はありません!/

まとめ

きし

きし

専門用語でもある「カラーレベル」についてまとめてみました。

ヘアカラーをするときに「自分がどんな色にしたいのか?」の1つの目安になりますよ。

つま

ゆきな

ヘアカラーは「カラーレベル(明るさ)+ティント(色味)=バリエーション

これらの2つを組み合わせてヘアカラーとなります。

例えば、アッシュの色にしたい場合は、アッシュだけでなく明るさも大事なポイントとなります。

アッシュという色も、明るさをの違うアッシュで考えるとたくさんのアッシュがあります。

つまり、自分が好きな色と好きな明るさを明確にすることで、色選びがとてもスムーズになって髪色を選びやすくなるというわけです。

さらにどの色が似合うのかわからないというよりも、まずは色のことを知るとあなたに似合う色がわかるようになってくるので、ある程度の知識があると近道となります。

こういう情報が、素敵なカラーライフのサポートになります。

この専門用語でもあるカラーレベルを理解して使いこなしましょう。

次の記事

きし かずき

きし かずき

ヘアケアコンサルタント

きしろぐ運営者。美容業界にて15年以上従事、累計500件以上の美容アイテムを使用。髪に関することが得意。、シャンプーや、トリートメントワックスなどのレビューもしています。

FOLLOW

カテゴリー:
Amazonでお得に買う方法

もしアマゾン(Amazo)でちょっとでもお得に買い物するなら、アマゾン内で使えるAmazonギフト券のチャージ(購入)をおすすめしています。

現金でチャージするたび、チャージ額に対して最大2.5%分のポイントがもらえるんです。

1回のチャージ金額通常会員Prime会員
5,000〜19,999円0.5%1.0%
20,000〜39,999円1.0%1.5%
90,000円〜2.0%2.5%

Prime会員なら絶対に使うべきです、むしろ使わなきゃ損です。加えて、今なら初回チャージだと1000円分のポイントがもらえるキャンペーンあり!!

きし

きし

Amazonで買い物するなら、このチャージが便利でお得です!

\ 最大21%!驚異の還元率! /

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象

関連記事