2017/09/23

【白髪染めはいつからするべきなのか?】ファーストグレイのタイミングを解説してみた

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

白髪染めってどのくらいからすべきなのか?

そんな質問をよく聞くことがあります。白髪を見つけると気になる対処法ですが、どのタイミングからおしゃれ染めから白髪染めに切り替えるのか?わからないってそんな方のためにどのタイミングから切り替えるべきか?

そんなファーストグレイを、分かりやすく解説します。

白髪はなぜ生えるのか?

人の髪の色は人種によって大きく異なりますが、同じ人種でも個人差があります。そんな、髪の色を決定する要素の1つにメラニン色素があります。

メラニンをつくっている細胞は、髪を生みだす毛母細胞にメラニン色素を受け渡すことで、毛髪に色を与えています。このメラニン色素が何らかの原因でつくられなくなると、毛髪は色を失い、光を反射して白く見えるようになります。これが白髪です。

メラニン色素のバランスが髪色をつくる

肌の色や髪の色、目の瞳の色をつくるのがメラニン色素。

メラニン色素には、ユーメラニン(黒褐色系メラニン・真性メラニン)フェオメラニン(黄〜赤褐色・亜メラニン)の2種類があります

髪のメラニン色素は、コルテックス領域に存在し、髪の色はこれらメラニン色素の量や大きさ、組み合わせなどで決まります。

白髪にはメラノサイト(色素形成細胞)といわれるものが残っているにも、関わらずメラニン色素の合成を行っていないタイプと、 メラノサイトそのものが非常に減少、あるいは欠失しているタイプがあります。白髪の多くはメラノサイトが欠失しているタイプなのです。

白髪は何歳ぐらいから生えてくるのか?

何歳から生えてくるのか?というと、人(髪質や、遺伝)によって違う上に性別によってもちがうし、何歳から確定でというのはわかりません。

しかし、20代がお肌の曲がり角なら、髪の曲がり角は30代なのです、この頃になると白髪を気にする人が急激に増え始め、50代ではほとんどの人が白髪の悩みをかかえるようになります。

つまり・・

  • 女性は35歳〜39歳ごろ
  • 男性は30歳〜34歳ごろ

という平均のデータから、白髪が生えてくるとされているのです。 これは、活性酸素から身体を守ってくれている抗酸化力の低下が1つの原因とされています。

白髪染めをするのは嫌?

多くは白髪染めと聞くと、どういうイメージをお持ちでしょうか?

髪色が暗くなる」そんなイメージを持っている方がほとんどなために、白髪染めを使うことを嫌がる人は少なくありません。つまり色のバリエーションが少ないイメージなのです。

実際に、美容室で「白髪を染めたいけど、明るくもしたい」という風に相談したけども白髪を染めるのであれば明るくすることはできないと言われるのが現実です

しかし、上記のように加齢による白髪の増加があるために、白髪染めを使用せざるをえなくなります。おしゃれ染めでは白髪は染まりませんからね。

そして、勘違いすることが多いこの白髪染めは暗い説ですが、最近の白髪染めのレパートリーはとても多く、明るさや彩度・色などはたくさんあります。

最近の白髪染めの色のバリエーションは実に様々です

というものの白髪染めって基本は単品で処方することはあまりありません。多くは白髪率と仕上がりの明度によってコントロールします。

コントロールするのは白髪染め(グレイカラー)とおしゃれ染め(ファッションカラー)とあとはカラー剤のカラーレベルです。つまり・・

カラー剤(G)+カラー剤(F)+カラーレベル=処方したカラー剤

でヘアカラーをします。

ということは、白髪の比率が少なければ、明るめのヘアカラーをすることできるために、すこしづつ染めていくことがベターとなります。

つまり、30代頃から白髪染めを処方したヘアカラーにしてもらうように美容師に相談するべき


具体的なコントロール例
  1. カラー剤(G)の暗め
  2. カラー剤(G)の明るめ
  3. カラー剤(G)+カラー剤(F)の混合液
  4. カラー剤(G)を新生毛、カラー剤(F)を既染毛
G=白髪染め  F=おしゃれ染め

この他にも様々な処方があり、白髪を染めることができるために、30代に入ったぐらいから、白髪が気になりだしたら美容師に相談してみるのがよいでしょう。

市販カラーの白髪染めはしないようにした方がよいです

市販カラーの白髪染めは、染料の濃いものやブリーチ力が強いものまで様々ありすぎて運要素が強すぎます

髪質にあったものが分からないものは使わないようにしましょう。

まとめ

白髪染めのタイミングは、30代に入り白髪が気になりだした頃に白髪染めを、いつものカラー剤に混合させるといった形が1番効果的です。

この方法なら白髪染めを使用したからといって、格段に色が暗くなったり、色が変わることもないはずです。

こちらの記事もご参考ください。

ぜひ、参考に。

 
Site map


チェックエントリー

シャンプー剤の教科書

くせ毛の教科書

スタイリング剤

洗い流さないトリートメント



 
この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.