【厳選】おすすめヘアケアセット!
ヘアカラー

サロンカラーするメリット3選|美容室でのヘアカラーの良い部分だけを教える

 

サロンカラーの有益性って考えたことありますか?

美容室で美容師がするヘアカラーを「サロンカラー」っていうんです。

ぼくの中では、サロンカラーって髪のダメージ以外にもっと良いことってあると思うんです。

ヘアカラー剤なんてどれで染めても一緒でしょ?

なんて元も子もないような考えをしているあなた!!!

実は、自分でするセルフカラー美容師がするサロンカラーではたくさんの違いがあるんです。

当記事では、サロンカラーの有益性について、これらからヘアカラーをする人に向けて分かりやすくお話します。

 

サロンカラーの「メリット」について

きし
きし
サロンカラーの有益性についてお話します。
つま
つま
サロンカラーはダメージ以外にもさまざまな有益性があるんです。

有益性とは一体どういう意味でしょうか?

ぼくの中で有益というのは「時間」のことを指します。

一見すると、わざわざ美容室に行かなければいけないサロンカラー

「いちいち時間をつくってまで美容室に行くのがめんどう・・・」

と、逆にサロンカラーの方が時間がかかりそうなものです。

しかし、サロンカラーにわざわざ時間をつくってまでして行く価値があると考えています。

例えば、サロンカラーと市販カラーで比較してみた時に、

  1. ダメージ
  2. 安全性
  3. 時間

この3つが違いとして上がってきます。

具体的に、この3つがどのようなメリットとして有益なものになるのかを話します。

 

サロンカラーのメリット①「ダメージの時間」

サロンカラーと市販カラーでは、何が違うのかというと薬液のコントロールと、髪の塗り分けができることができます。

例えば、ヘアカラーは1剤と2剤の混合液となっていますが、この2剤は髪のダメージソースとなるもの(過酸化水素・オキシ)をコントロールすることができます

日本で使われるオキシ濃度は以下の3つ。

  1. 6%
  2. 5%(4,5%)
  3. 3%
FullSizeRender 139

オキシ濃度が低ければダメージも少なくなるが、比例して明るくするブリーチ力も下がります。

つまり、髪の状態、仕上がりの髪色、薬剤選定、などをコントロールして処方することで髪のダメージを少なくすることができます。

あわせて読みたい
美容師がヘアカラー『2剤』のオキシ濃度の違いを解説【 6% 5% 3% 図解付】よくあるヘアカラー質問の1つです。 ということで今回の記事は、ヘアカラーの技術ではなく、薬剤についての紹介記事になります。...

 

市販カラーでは選択肢はなく、毛先の1番ダメージとなる部分にもパワーのあるヘアカラー剤を使わなければいけません、そのため使えば使うほどダメージの度合いが大きくなります。

まずは、サロンカラーでのメリットの1つに「ダメージレス」というのがあります。

 

サロンカラーのメリット②「安全性」

ヘアカラー剤にはパラフェニレンジアミン(ジアミン)という成分が入っていますが、このジアミンに対して地肌がアレルギーを起こす場合があります。

あわせて読みたい
パラフェニレンジアミンについて|美容師が教えるヘアカラーアレルギーの原因と対策 ヘアカラー剤を使用して地肌トラブルの経験はありませんか? 例えば・・ 頭皮がかゆくなる 頭皮が赤く...

 

それがヘアカラーをした時に「ピリピリ」と少し違和感や地肌の傷みを感じたことがある人は少なくないはずです。

最初はちょっとした違和感ですが、回数を重ねる事に強く感じるようになっていきます

パワーが強い市販カラーを使い続けることによって重度のジアミンアレルギーを発症してしまうと、ヘアカラーができなくなるという事もありえます。

それがサロンカラーでは、頭皮の保護するためのスプレーや、美容師の技術によって頭皮に極力つけないように工夫したりできます

そして、最も大切になるのがカラーの後のシャンプーです。

家でシャンプーをしていますが、歯磨きと同じように洗いにくい場所や、洗えていない場所などがあります。

多くの方が勘違いされていることですが、カラー後の薬剤の汚れはシャンプーでとっているわけではありません。

あわせて読みたい
美容室でヘアカラーした後の「カラーシャンプー」はとても重要なこと ヘアカラー後のシャンプーの泡がカラーで色が変わっていたり、タオルで拭いた後に少しカラーがついてしまったりってこと...

つまり、サロンカラーのメリットでは「安全性」というのもあるのです。

 

サロンカラーのメリット③「時間」

多くの人が、時間がないから市販カラーをするということを言われます。

美容室に行く時間がないから自分で染めてしまった・・

実際にもお客さまからも聞いたことがあります。

しかし、時間がないから市販カラーをするというのは大きな勘違いなのです。

時間が確保できるのは圧倒的にサロンカラーの方だからです

色を決めるのもカラーリングをするのも、シャンプーするのも、乾かしたりブローするのも全て美容師に一任することができます

市販カラーの場合で例えると、ヘアカラー剤を購入しにいき、自宅に持ち帰り説明書を確認しながら薬剤を作り、自分でヘアカラー剤を塗り、時間を置く。さらにシャンプーをしてはお風呂まで洗っては、最後には後片付け

ぼくは市販カラーはとても時間がかかるものだと考えています。

多くの人は、ヘアカラーの平均1.5時間〜2時間を確保できないと言いますが、そのあいだの自分の自由の時間がないのはカラーシャンプーをしている時間だけです。

ポジショントークになるので極端にはなりますが、カラーリングしている時間はほぼフリータイムになるので、何でもできちゃうので時間がない人には、実はサロンカラーがおすすめなのです。

つまり、サロンカラーをすることによって生み出される時間のメリットは、とても高いものなのです。

まとめ

きし
きし
サロンカラーのメリットだけを紹介してみましたがいかがでしたか?
つま
つま
サロンカラーはとても良いメニューの1つです。

今回は、ぼくのサロンカラーに対する考え方についてまとめてみましたが、決して市販カラーが悪いというわけでないです。

ぼくは、時間を何よりも大切にしています。

時間に対してはサロンカラーって、とてもメリットの高いものだと考えています。

あわせて読みたい
スロウカラーカタログ
THROW(スロウ)カラー 50選|美容師がつくるスロウカラーカタログ 「究極のアッシュ」というのものがコンセプトのスロウカラーです。 しかし、究極のアッシュと言えどもキレイなヘアカラーというの...
あわせて読みたい
【2018年最新】イルミナカラーカタログ|美容師がつくるブリーチなしスタイル55選「イルミナ」というヘアカラー剤をご存知ですか?2016年に発売されたのですがとてもキレイな発色から美容師だけでなく一般の方にまで知られるほと、勢いにのっています。そんなイルミナで作った50以上のスタイルをカタログ形式にまとめました。...

 

もし、市販カラーをして「色ムラ」などの失敗をした場合は、直すのか次のカラーなのかどちらにせよ、さらに時間を浪費することになります。

そんなことになれば、さらに時間を無駄にするので、忙しい人ほどサロンカラーをおすすめしています。

あわせて読みたい
美容師が語る「市販カラー」の危険性について 今、女性の約7割の人が「ヘアカラー」をしています。 そのヘアカラーは、「サロンカラー」と「市販カラー」に分かれており、 ...

 

サロンカラーは、仕上がりがキレイになることやダメージ以外にも、こんなメリットの考え方があるのです。

素敵なカラーライフの参考になれば幸いです。

 

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。