2017/09/22

【縮毛矯正はピンピンだけじゃない!】くせ毛を直す矯正はやり方でナチュラルな状態にすることができます

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

くせ毛の方の救世主と言えば「縮毛矯正」です。しかし1つだけネックがあるとしたらピンピンになってしまうことです。縮毛矯正をした人なら1度は経験したことがあるはずですが、ピンピンになってしまったこと。それから縮毛矯正をかけることはやめてしまうこと。

でも実は縮毛矯正をとてもナチュラルにかけることができるのを知っていますか?今回はナチュラルストレートの解説をしていきます。

くせ毛のメカニズム

サロンワークをしていると、よく受ける質問です。くせ毛の方ならば気になる方も当然多いはずですね。

なぜくせ毛は存在するのか?

くせ毛とは2つの大きな要因があります。
  1. 毛穴の形
  2. 水分量の均一さ

主なくせ毛の要因としては大きくこの2つに分けられます。

毛穴について

髪は、毛穴の形によって重力の影響が大きく異なります。直毛の髪は真円、くせ毛の髪は楕円(だえん)になっていることが多いです。 楕円の形である髪は重力の抵抗が均一ではなく、形がキレイでないと髪は重力の影響を均等に受けずに曲がってしまいます。キレイな真円である場合、抵抗もまた均一に受けるますが、均一に受けない場合は髪の動きが「くせ毛」として変わるのです。

水分量

重力抵抗だけでなく、水分量も多いところ少ないところが一本の髪でも存在し、多いところと少ないところによって水分により、髪の重さも変わり、うねりとなります

くせ毛の原因

なぜ、くせ毛になるのでしょうか?

実は、遺伝により髪の形は大体決まることが多いです。それが髪質となりくせのある髪になります。上記に書いた、くせの原因とはほとんどが遺伝や元々の髪質です。

大きな原因となるのは6つ。

  • 遺伝や髪質的にある程度は決まっている
  • 毛穴が歪になっている
  • 過度なカラー・パーマ・ストレート
  • ライフスタイルの不安定
  • 食事
  • ストレス

そんな6つのくせ毛になる理由と髪が生えるメカニズムを解説していきます。

この他にも固いゴムで留めたり、雑にクシでとく、髪を粗く扱うなどの物理的ダメージも、またくせ毛の原因となるケースもあります。

なかなかシャンプーで治すまでいくのは難しいですが、髪を優しく丁寧に扱うことで、これからの髪の改善や、くせ毛の緩和からスタイリングのしやすさへ向かいます。

くせの強さによって効果の出方は違いますが、シャンプーで改善していくことが可能となっています。ものすごく強いくせ毛なら縮毛矯正での改善が一番ですが、ダメージという最大のリスクがありますからそこは好みになります。

ご存知かもしれませんが、髪というものはこのように生えており、

このように毛穴と毛根というものがあり、そこから髪が成長していきます。

髪が成長している時は、海苔を巻かれるような感じで回りながら生えているのです。その時に「キューティクル」という髪を守ってくれるものが髪に巻かれていきます。

髪は、1日に約0.3mm程度成長し、1ヵ月で約1cm近く伸びていきます。

つまり、直毛である髪が、生えている毛穴を真上から見るとキレイな真円の形になっていますが、直毛の方の場合この毛穴が〇の形がキレイなので、髪がキレイな円柱状に生えてくるので直毛になるのです。

その他のケースもあるので紹介しておきます。

波状毛の場合

日本人に最も多い毛髪である波状毛というくせ毛は、日本人に最も多い髪がこの波状毛の髪質と言われております。この髪質は毛穴の状態が異なりますが、綺麗な〇の毛穴の方でも波状毛になります。

この波状毛の場合、髪のタンパク質のバランスでくせ毛になります。

専門的になりますが、髪の内部にあるタンパク質は簡単に言ってしまうと水を含みやすいタンパク質(オルソコルコルテクス)水を含みにくいタンパク質(パラコルテックス)に分かれます。

この二つのタンパク質が、髪の中で均等になっていると直毛なのですが、均等になっていない場合に、くせ毛のうねりになります。

このタイプの方は水にぬれていると真っ直ぐでも、ドライヤーなので乾かすと、水分がなくなりくせがでてきたりすることがあります。

連球毛の場合

最近多くなってきているのがこの連球毛です、この連球毛は一見直毛に見えるケースが多く、しかし触わるとザラザラっとした髪になります。 髪が切れやすい特徴もあります。 この連球毛の場合、毛穴が汚れていたり、強く結んだり、ホルモンのバランスや、生活リズムや食生活の乱れで起こると言われています。

捻転毛

このタイプのくせ毛は毛穴が変形しいます。念転毛の場合は毛穴が細長く、縦長のような形をしているのが特徴です。 こういった毛穴の場合の、毛髪は平べったい状態でざらつきがあります、縮毛矯正がなくせです。

縮毛の場合

縮毛の場合の毛穴は、特に歪に変形しており、髪が生える課程でくせ毛になります。この場合は、髪が変形しているので縮毛矯正が必要になってきます。

くせ毛の種類について

一言で「くせ毛」と言っても種類は様々で、どんなくせ毛なのかをまず知ることが必要になります。

どうのようなくせ毛で、どのような形状で、どのような動きがあるのかを知ることにより改善や対策は変わります。

美容師が専門的に解説すると、6つのくせ毛に分かれます。

  1. 波状毛
  2. 念転毛
  3. 連球毛
  4. 縮毛
  5. エイジング毛
  6. ダメージ毛
基本的に①〜④は、元々の髪質のくせの種類になり、⑤⑥は髪質ではなく後から毛髪に加わる変化となります。

波状毛

日本やアジアの人に多いクセ毛のタイプで、髪自体に波打つようなウェーブがかかっているというのが特徴です。

ただ、髪の表面は直毛に見えるにも関わらず、内側が波状毛になっているというようなタイプもあります。

形状にも、大きなウェーブや小さなウェーブなど様々なパターンがあり、湿度が高いと、よりウェーブが強くなり、髪が広がりやすく、膨らみやすくなります。

「雨の日はまとまらない」とお悩みの方は、実は「波状毛」だったというケースがよくあります。

捻転毛

髪がらせん状に「ねじれている」のが特徴のくせ毛です。

波状毛のようにウェーブがあるわけではないので、見た目には直毛のように見え、クセ毛だと気づかないケースも多々あります。髪の太さがバラバラで、まとまりづらいのが特徴です。

いつもスタイリングがしにくいと感じているようであれば、もしかすると「捻転毛」なのかもしれません。

連球毛

1本の髪の中に、細い部分、太い部分があり、髪の表面が凸凹なのが特徴のくせ毛です。

サラツヤになりにくい髪質で、触るとゴワゴワしています。髪の太さに大きくバラツキがあるため、細い部分で切れやすく、切れ毛のトラブルが発生しやすいタイプです。

さらにヘアカラーやパーマにも弱く、ストレートパーマをかけるにしても、慎重に進めていかないとダメージに繋がりやすく、注意が必要です。

縮毛

くせ毛の中でもっともクセが強いのが、このタイプです。縮毛矯正なんていう名前になるくらいですからね。

髪が細かくチリチリと縮れたようになっており、アフリカ系の方に多い髪質というとピンとくる方も多いかもしれません。

連球毛以上に、繊細に施術をしていく必要があります。

エイジング毛

年齢による加齢で、髪の老化により痛んでしまった髪となります、カクカクと歪な形状の毛髪が特徴です。 ざらつきが目立ち、ツヤも出にくくなります。上記4種類のくせ毛と違うのは年齢によって多くなっていくことです。

ダメージ毛

ヘアカラーやパーマ、ストレートといった薬剤によるダメージにより髪が凸凹になってしまった髪です。その凹凸がゆえに、くせ毛に近いうねりが発生してしまいます。

縮毛矯正とは?

縮毛矯正とは、縮れた髪である縮毛を、直毛の状態で固定・矯正する技術です。

20世紀にパーマネントウェーブ(ウェーブパーマ)が開発されてから、パーマ薬液を用いて髪をストレートにする方式が用いられてきました。しかしこの方法では真っ直ぐにすることができずにいましたが、ストレートアイロンを使用することでどんなくせ毛の状態でも、ストレートにすることができ、1度矯正された部分はクセが戻ってしまうことなく半永久的に直毛の状態が保たれるようになります

縮毛矯正の原理

縮毛矯正は、上記にもあるようにパーマをくせ毛を直毛にするように改良されたものであります。

つまり原理はパーマと全く同じなのです。

縮毛矯正の原理 min

パーマと逆にはなりますが、原理はこのようになっています。②の後にストレートアイロンにて髪を矯正します。

そのため縮毛矯正で大切になるのは、

  1. 還元剤
  2. アイロン操作

となります。

なぜピンピンになってしまうのか?

還元剤にて、髪の結合を切断していきますが、その状態は髪が軟らかくなることから軟化状態と呼んでいます(美容師によって違います)。この軟化の度合いがと、アイロン操作によります。 軟化は最大90%(9割)まで結合を切断することができ、さらにアイロン操作も、真っ直ぐ板のように伸ばすことでピンピンになります。つまり何も考えずに最大まで軟化させて、何も考えずに真っ直ぐすればピンピンになってしまうというわけです。

ピピリ毛って何?

逆に、軟化状態を90%を超えて、100%になるとどうなるのか?軟化状態を見誤り100%にいった場合はビビリ毛といって、髪が「チリチリ」になってしまうケースです。 つまり髪の死亡状態です。

どうやってナチュラルストレートにするのか?

髪質と髪の状態によりますが、上記の軟化状態の調節アイロンの調節になります。

髪の軟化状態の調節

髪の軟化状態では還元剤を塗布すればスタートしますが、軟化度合いが50%を超えた状態から髪の矯正はすることができます

ここで大切になるのは軟化度合いになります、例えば50%の軟化状態と、80%の軟化状態同じようにアイロン操作をした場合はどうなるのか?答えは、クセの矯正具合が全く違う結果になります。

50%の方が当然ですが、クセは大体6割ほどしか矯正されません、80%の方100%近く矯正されます。

もちろん完璧に矯正されたい人には80%の軟化状態まで持っていきますが、ナチュラルなストレートを求めている方には、50%〜70%の軟化状態を調節することが大切になります。

アイロンの調節

上記の軟化の調節に加えて、アイロン操作の調節をすることで仕上がりをコントロールできます。

アール状にアイロンする

髪を真っ直ぐにアイロンするのではなく、アール状に丸みをつけながらアイロンすることでナチュラルに仕上げることができます。

温度を下げてアイロンする

通常、アイロンの温度は180度〜130度の調節を行います。これはダメージによって調節をしますが、あえて温度を低めに設定することで、矯正しすぎないナチュラルなストレートにすることができます。

部分だけアイロンする

部分だけすること、矯正であえてくせ毛を、残してヘアスタイルをつくることもできます。一部が真っ直ぐなっていることでパーマ風に見せることもできるのでナチュラル感がつくれます。

部分矯正の例
  • 前髪のみ
  • 前髪+顔周り
  • ハチ周りのみ
  • 毛先のみ
  • ハチから下のみ

その他にも、ヘアスタイルによって様々な応用を利かすことができます。

まとめ

ナチュラルな縮毛矯正についてを分かりやすく解説しました。くせ毛を直す手段の1つである縮毛矯正はくせ毛の人の最終手段です、しかしできるだけ自分の好みに合わせることも大切ですし、合わせることはとても簡単です。

しかし、美容師とのコミュニケーションがとても大切になるので少し意識してやってみてください。

ぜひ、参考に。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.