【厳選】おすすめヘアケアセット!
薄毛予防・対策

【産後のストレス発散が抜け毛改善になのをご存知でしょうか?】自宅でも簡単にできるストレス発散方法3選

産後の育児中のママは24時間365日休む暇がありません。

ましてや、家事や仕事など子育て以外の事もしなければならない中では、

ストレスが溜まらない、イライラしないというママはほとんどいないのではないでしょうか。

その他にも、子育て中のママがストレスを感じてしまう主な原因はたくさんあります。

  • 自分の時間がなくなる
  • 育児・家事が思うように進まない
  • 対人関係がうまくいかない
  • 産後のホルモンバランスの変化
  • 夫が育児・家事に協力的でない
  • 睡眠不足

などなど、挙げるとキリがないでしょう。

これ以外にも多くの要因が重なりストレスを感じてしまうママが多くいます。

きし
きし
ストレスが間接的に産後脱毛症の発症をするきっかけになるやもしれません。

そして、そのストレスを解消することが難しく、重ねて負担になっていることが多いです。

それほどにハードライフとなるために、ストレスがたまり抜毛になってしまったり、薄毛につながるということもあるのです

そこで、今回は自宅でも簡単にできる産後でもできるストレス発散方法についてまとめてみました。

産後脱毛症)とは?

産後脱毛症)とは、出産後にみられる脱毛症のことです。

出産後に一時的に、抜け毛が多くなったり髪が細くなり、全体の髪が薄くなるといった症状です。

とくに、前髪の生え際は極端に抜け落ちる場合があり前髪だけ極端に薄くなったり、産毛が多くなり短い髪も多くなったという悩みも少なくありません。

産後脱毛症)の原因

産後脱毛症(分娩後脱毛症)の主な原因は、妊娠中に髪に必要な栄養素が胎児に分け与えることが大きな原因となっています。

出産前後は、胎児に必要な栄養素を分け与えるためにエストロゲンという女性ホルモンが増加し、髪のヘアサイクルが乱れます

本来では髪が成長する期間があり2年〜6年ほどを言いますが、その成長期が極端に短くなり髪が抜け落ちる休止期に移行してしまうためです。

(ヘアサイクルの図)

 

エストロゲンは、ヘアサイクルの成長期を長く休止期を短くする効果があります。

その影響で、妊娠中は本来抜けるはずだった髪がそのまま抜けずに頭皮に残っています。

しかし、出産を終えることで女性ホルモンの分泌量が通常に戻るため、頭皮に残っていた抜けるはずの髪が脱毛し始めるのです。

(異常時のヘアサイクル)

きし
きし
さらに、エストロゲンの増加によってホルモンのバランスが乱れ、抜け毛が増え薄毛になることもあるのです。
 特徴
 成長期成長期に毛根が成長し、新しい髪が生えます。2〜6年ほど成長し続けます。
退行期退行期は毛根がだんだんと小さくなっていき、髪を成長させる活動が鈍くなっていく段階です。
休止期休止期は髪の成長がとまり、毛根が眠っている状態です。 およそ3~4ヶ月ほどで再び成長期に入ります。

 

(より詳しい産後脱毛症については↓)

https://kazukikishi.com/archives/7645

 

まとめると・・・

自宅でも簡単にできるストレス解消法についてご紹介しました。

  1. できるだけ声を出す習慣をつける
  2. 自分の中に癒やしを取り入れる
  3. 正しい呼吸を学ぶ

これらはすぐにでもできるものなので、毎日の習慣にしてみると数週間経つと大きな違いを感じることができます。

きし
きし
最初の1日目は5分程度だけ、そして徐々に増やしていくと楽しみながらできるのではないでしょうか。このようなほんのちょっとしたことで、そのイライラを抑えることができたら、子育ては今まで以上に楽しいものになります。

結果として、産後の抜け毛を少しでも減らすことができれば一石二鳥なので、すぐにでも試してみてください。

 

 

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。