髪に関わるさまざまなことに特化した美容師ブログ

きしろぐ

月別カテゴリー

初めて人へ!髪に関わる役立つ記事・読みたい記事が分かる「髪知識の厳選サイトマップ」はこちら







産後の抜毛が悩みの人に美容師がおすすめするシャンプー4選

 
  2017/12/06
WRITER
 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

産後には「抜け毛が増える」「白髪が出てきた」と悩む女性が増えます。

主な原因は、産後のホルモンバランスの乱れからの変化や、また初めたての育児でバタバタしケアできず放置したり使っているシャンプーが合わないなど、頭皮環境が悪化することで事態を深刻にすることもあります。

ストレスが間接的に産後脱毛症の発症をするきっかけになるやもしれません。

きし

今回は、産後のママさんにおすすめするシャンプーについてをご紹介します。

産後脱毛症さんごだつもうしょう(分娩後脱毛症ぶんべんごだつもうしょう)とは?

産後脱毛症さんごだつもうしょう(分娩後脱毛症ぶんべんごだつもうしょう)とは、出産後にみられる脱毛症のことです。

出産後に一時的に、抜け毛が多くなったり髪が細くなり、全体の髪が薄くなるといった症状です。

とくに、前髪の生え際は極端に抜け落ちる場合があり前髪だけ極端に薄くなったり、産毛が多くなり短い髪も多くなったという悩みも少なくありません。

産後脱毛症さんごだつもうしょう(分娩後脱毛症ぶんべんごだつもうしょう)の原因

産後脱毛症(分娩後脱毛症)の主な原因は、妊娠中に髪に必要な栄養素が胎児に分け与えることが大きな原因となっています。

出産前後は、胎児に必要な栄養素を分け与えるためにエストロゲンという女性ホルモンが増加し、髪のヘアサイクルが乱れます

本来では髪が成長する期間があり2年〜6年ほどを言いますが、その成長期が極端に短くなり髪が抜け落ちる休止期に移行してしまうためです。

(ヘアサイクルの図)

 

女性ホルモンエストロゲンは、ヘアサイクルの成長期を長く休止期を短くする効果があります。

その影響で、妊娠中は本来抜けるはずだった髪がそのまま抜けずに頭皮に残っています。

しかし、出産を終えることで女性ホルモンの分泌量が通常に戻るため、頭皮に残っていた抜けるはずの髪が脱毛し始めるのです。

(異常時のヘアサイクル)

さらに、女性ホルモンエストロゲンの増加によってホルモンのバランスが乱れ、抜け毛が増え薄毛になることもあるのです。

きし

 特徴
 成長期 成長期に毛根が成長し、新しい髪が生えます。2〜6年ほど成長し続けます。
退行期 退行期は毛根がだんだんと小さくなっていき、髪を成長させる活動が鈍くなっていく段階です。
休止期 休止期は髪の成長がとまり、毛根が眠っている状態です。 およそ3~4ヶ月ほどで再び成長期に入ります。

 

産後のおすすめシャンプーのポイント

産後の抜け毛の多い時期にはどういったシャンプーを選べばいいのでしょうか。

それを知っていれば、自分でシャンプーを選ぶ時にも参考になります。

ポイントは3つありますので何かの参考になればと思います。

頭皮に優しいシャンプーを選びましょう

産後は髪だけでなく頭皮がとてもデリケートになっています。

今使っているシャンプーは産後のデリケートな肌に使ってしまうことで症状が悪化してしまっている可能性があります。

アミノ酸シャンプーオーガニックシャンプーは刺激が少なく安全なものです。

肌に近い成分なので刺激が少なく洗い上げることができます。

使い心地がいいこと

忙しいママにとってお風呂の時間はリラックスできるひとときになります。

泡立ちや香りなど自分の好みに合うシャンプーを使っているとリラックス効果も大きくなります。

レビューやさまざまな情報からあなたに合うシャンプーを見つけましょう。

おすすめシャンプー

ここからは具体的に「どんなシャンプーが良いのか?」産後の女性のためのおすすめシャンプーをご紹介していきます。

それぞれの特徴から、自分にあうものを見つけてみてください。

こういう人におすすめです。
  • ハリ・コシのほしい人
  • 髪が細くなってきたなと感じる人

オージュアシリーズの中でもおすすめなのが「ナリッシュ」と「オーセナム」です、この2種類は頭皮環境を整えてくれるだけでなく髪も潤います。清涼感はそこまでないものの洗い上がりはさっぱりとしたものがあるのでとても使いやすいシャンプーです。

 

  • 切れ毛で悩む人
  • オーガニックシャンプーを探している人

産後の育児中にピッタリのシャンプーです、天然由来のオーガニックシャンプーなので赤ちゃんにも安心なのも魅力です。切れ毛で悩む細い髪質の人なんかにはピッタリなシャンプーです。

  • 薄毛が気になる人
  • 髪のうねりやくせ毛が気になる人

サラサラしっとりに仕上がるアミノ酸系シャンプーです、頭皮に優しい上に髪のくせ毛や気になる薄毛にアプローチできる万能なアイテムです。使い心地や仕上がりもとても良いものになっています。

いかがでしたか?さらに、シャンプー以外にもできる対策はたくさんあります。

ここでも少しご紹介させていただきます。

きし

質の良い睡眠

短くても、その短時間の睡眠を良質なものにするだけで、グッと身体が楽になります。

睡眠を良質にするためには、6つの事に気をつけましょう

睡眠を良質にする6つのこと
  1. 食事の時間」を注意する
  2. 「カフェイン」は量には気をつける
  3. 「身体」をあまり冷やさない
  4. 「目」をリラックスさせる
  5. 「耳」をリラックスさせる
  6. 「鼻」をリラックスさせる

それぞれを解説していきます。

食事の時間に注意する

  • お腹いっぱいにしない(腹八分目ていど)
  • 遅い時間から食事はしない
  • 栄養素のバランスのよいものにする
睡眠をとる3時間前には食事は済ませた状態にしたり、腹八分目ぐらいが1番心地よいとされるので極力お腹一杯にはしないようにしましょう。

眠るときに、「少しお腹が減っているかな」ぐらいが1番良いとされています。

「カフェイン」は量には気をつける

  • コーヒーは1日3杯までにしましょう。
  • 遅い時間の摂取は控えましょう
コーヒーは1日3杯ぐらいにしましょう。

 

あまり飲みすぎると身体に悪影響になります。

食事と同じく睡眠をとる3時間前は控えましょう。

「身体」をあまり冷やさない

  • できるだけお風呂につかる
  • ストレッチなど身体を動かす
できるだけお風呂には浸かるように心がけましょう。

 

お風呂に浸かることで、心身共にリフレッシュすことができます。

さらに、身体全体の血流も良くなるために頭部への栄養も行き届きやすくなるのも良いポイントとなります。

お風呂に入る時間があまりない時は、ストレッチなど身体をほぐし温める習慣をつけましょう。

「目」をリラックスさせる

  • 一度目をギュッと閉じて、パッと開ける
  • 頭を動かさない様に、時計回りに黒目を上下左右に動かす
  • 逆回転に回し、何セットか繰り返す

長い時間、細かい字をみたり、パソコンやテレビなどに見入った後は、ショボショボ目になりやすく疲れ目になりやすいです。

スマホやパソコンの長時間は避けましょう。

目の体操といった眼球を動かすのも効果的です。

「耳」をリラックスさせる

  • 耳かきを使って優しく押し下げるようにツボををマッサージ
  • 綿棒で優しく全体をマッサージ
赤ちゃんが泣くとお母さんの身体もそこで緊張してしまいます。

 

耳をゆるめたり、リラックスさせてあげることで耳から起こった身体の緊張を解放させることができます

「鼻」をリラックスさせる

  • リラックス効果のある香り
  • 鼻の呼吸を整える
片鼻呼吸なども良いとされています。

 

呼吸法を整えるだけでも、交感神経と副交感神経のバランスを整えることができます。

一般的に、右鼻で呼吸すると左脳(交感神経)、左鼻で呼吸すると右脳(副交感神経)が活性化されると言われています。

髪によい食物とは?

健康な髪のためには、髪の成長にとって必要な良い栄養素が頭皮に運ばれる必要があります

髪にとって良い栄養素というのは具体的には、ビタミンミネラルそして髪の構成成分であるタンパク質です。

逆には過剰な糖分や脂肪分は、頭皮の血行を悪化させ皮脂の過剰分泌を引き起こすこともあります

野菜や果物が少なくカロリーの高い偏った食事を続けていると不健康になり、抜け毛の原因になることもあるので注意が必要となります。

とくに髪に良いとされる食物を紹介します。

髪に良い食物
  1. 海藻類
  2. 亜鉛
  3. ビタミンA
  4. ビタミンB
  5. カルシウム
  6. たんぱく質
  7. フルーツ

海藻類

海藻類はワカメ、ひじき、昆布、海苔などがあります。ワカメやひじき、昆布などの海藻類に多く含まれるフコダインといわれる成分は食物繊維の一種です。

人の体の中でフコダインはカルシウム、ナトリウムや脂質など余分な栄養素の排出を促し、生活習慣病の予防に役立っています。また、免疫力を高める効果も期待されています。実はこのフコダインは、毛母細胞という髪を作る働きをする細胞を増やすことで直接的に育毛に関わっているんです。

亜鉛

亜鉛が含まれる食材は牡蠣、かずのこ、ひじき、のり、きなこ、みそ、など日常でよく使われるものが多いです。最近ではとくにサプリメントもあるぐらいメジャーな栄養素となっています。これらは髪だけでなく身体にもとても良いものとなっています。

亜鉛は髪の多くを占めるタンパク質を髪に構成する為に必要な栄養素です、どんなに良質なたんぱく質を摂取しても、亜鉛が不足していたら健康な髪が育つことはありません

ビタミンA

ビタミンAが含まれる食材はうなぎ、にら、にんじん、かぼちゃ、緑黄色野菜、などがあります、主にビタミンAは髪に潤いを与える役割があります。そのためビタミンAには、頭皮の乾燥やフケ・痒みを防ぐ効果が期待できます。

ビタミンAが不足すると細胞が潤いをなくし、頭皮が乾燥してしまい髪の成長を抑制し、抜け毛や薄毛の原因になり得ます。また、ビタミンAは白髪の進行を抑制する役割もあり、不足することで白髪が進行してしまう恐れがあります。そのため、ビタミンAは、髪の成長と頭皮の健康を保つために必要な成分と言えます。

ビタミンB

ビタミンBが含まれる食材納豆、レバー、セロリ、ほうれん草、小松菜、などがあります。ビタミンBには皮脂の過剰分泌を抑制する役割と細胞分裂を活性化させる役割の2つがあります。この2つの役割は、髪と頭皮に大きな関係があります。

皮脂の過剰分泌を抑制するということは、頭皮による皮脂の過剰分泌も抑制してくれるということです。皮脂が毛穴に詰まってしまうと、髪の成長を妨げ、抜け毛や薄毛の原因となります。また、細胞分裂を活性化させるということは、髪の成長に必要な細胞の分裂も活性化させるということです。髪の成長に必要な細胞を活性化させることで、より髪の成長を促す効果が期待できます。

産後でもできるストレス解消法3選

簡単にストレス解消ができれば苦労はしません。

多くのママさんは、産後の体調管理・家事・育児によって時間がとれずに、今までできていた楽しみをとることができません

ショッピングやカラオケ、スポーツなどのさまざまなストレス発散法は産後ではすることができません。

そのため、自宅でできることについてをまとめてみました。

声を思いっきり出す

  • お腹から声をだす
  • 声量のボリュームを上げる習慣をつける
  • 歌を歌ったり聴いたりする

声を出すことで、大きなストレス発散になるのをご存知でしょうか。

発声によって自律神経に刺激を与えることになり、解消に繋がります。

さらに、発声する際に腹式呼吸のように、腹筋を使って腹の底から声を出すように横隔膜も一緒に動かします。

その横隔膜を動かすことで自律神経に刺激を与えることができるため、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズになるのです。

もちろん大声を出すというわけではなく、少しづつ声のボリュームを上げていき声を出すことが目的です。最初は疲れるかもしれませんが慣れてくることによって疲れよりもストレス発散の方が大きくなるのです。

きし

日常の声を出す習慣つくりとはとても重要なことになります。

 

環境によっては声を大きくだすことによって、爽快感も生まれるのでおすすめです。

日常生活の中に癒やしを取り入れる

  • 観葉植物をおく
  • リラックス音楽を流す
  • アロマやお香などを焚く
  • グッズやインテリアなどで癒やし

観葉植物が目に入ると、脳のアルファ波が増幅されて、血圧が低くなり筋肉の緊張がほぐれます。

さらに、心拍数まで少なくなりリラックス効果もあるそうです。

アロテラピーなども効果が大きく、例えばリビングにアロマを焚くだけでも香りによって、赤ちゃんとのコミュニケーションが気持ちよく進んだり空間が心地よいものになるので、ストレス発散につながるでしょう。

目や鼻から取り入れられた情報は直接、脳の中心、大脳系に伝わります。この大脳系は喜怒哀楽の感情やストレスと深い関係があるため、ストレスを感じやすい産後のママにはおすすめです。

きし

自分の中の癒やしとなるものを、つくることが重要になります。

正しい呼吸法で整える

  1. 深呼吸
  2. 口呼吸よりも鼻呼吸をする
  3. 胸式呼吸よりも腹式呼吸をする
  4. 鼻呼吸(片鼻)
最も大切だと感じているのが呼吸法です。

呼吸は酸素を体内にとりいれ、二酸化炭素を出す役割になっていますがそれだけではありません。

呼吸はメンタルと関係する自律神経と繋がっています

自律神経

呼吸には「質の高い呼吸」と「質の低い呼吸」というものがあります。

その違いは「口からの胸式呼吸が質が低い呼吸」で「鼻からの腹式呼吸が質の高い呼吸」です。

要約すると、呼吸が浅いか深いかの違いになります

心の影響にも、大きくゆったりと大きな深い呼吸は自律神経を整え、不安や焦りを軽減し落ち着いたリラックス状態を維持するのにも役立っています。

このように、ゆったりと大きな「鼻呼吸」「腹式呼吸」は、心身の回復や活性化に効果的です。

ぜひ正しい呼吸法を身につけ、健やかで活力ある生活につなげていきましょう。

さらに睡眠前には鼻呼吸で呼吸を整えるだけでなく、片鼻呼吸なども良いとされています。

交感神経と副交感神経のバランスを整えることができます。 一般的に、右鼻で呼吸すると左脳(交感神経)、左鼻で呼吸すると右脳(副交感神経)が活性化され、良質な睡眠がとれると言われます。

まとめ

産後の抜毛の予防にはシャンプー選びが重要です。

抜毛の多い産後は頭皮も髪もデリケートですがケアをする時間も余裕もない・・そんな時はシャンプーを変えてあげるだけでに大きく髪は変化することができます。

いつもと同じシャンプーを少し変えてあげて少しでも素敵なママを目指しましょう。

シャンプー以外も大事になるのでそれ以外も何かの役に立てばと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
詳しいプロフィールはこちら






オージュアのサイトマップ

 

サロンカラーのサイトマップ

 







Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.