スタイリング剤

【最新ワックス30選】美容師がおすすめする女性用スタイリング剤ランキング

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

女性向けのヘアワックスには、ストレートやパーマなどスタイリングに合わせたたくさん種類があります。

その種類に加えて、髪へ対してのさまざまな視点からのアプローチにも注目されているのが特性の1つとも言えるでしょう。

人前に出る機会が多い大人だからこそ、身だしなみを整えるのは当然のこと。

ただし「種類が豊富だから、何を使ったらいいのかわからない」いう悩みがあるのもまた事実となります。

そこで、どのようなタイプのアイテムが自分に合っているのか、重要なのは「何を使うか」を考える前に「ヘアスタイル」をイメージすること、そこから自分に合うアイテムを見つけることができるのです。

この記事のポイント

  1. おすすめの人気のスタイリング剤を紹介
  2. スタイリング剤の選び方のポイント
  3. スタイリング剤に感じること

今回の記事では、ヘアワックス選びに迷っている女性に向けて自分の髪型に合ったワックス見つける方法やレディース向けおすすめのワックスを紹介していきます。

これからセットしてみよう」と思っているあなたも、「もっと上手くスタイリングの仕方はないかな」とセット慣れしているあなたにも、きっと役に立つコンテンツになっているはずです。

女性におすすめする人気のスタイリング剤

つま
つま
まずはおすすめのスタイリング剤をご紹介します♪
きし
きし
自分にぴったりなものを探してください!
つま
つま
下の項目を意識しながら選ぶことで、スタイリング剤選びが失敗しにくくなります!

ワックスを選ぶ3つのポイント

  1. 「ソフト」か「ハード」
  2. 「動かす」か「まとめる」
  3. 「ドライ感」か「ウェット感」

これらのことを意識しながら選ぶと失敗は少なくなると感じます。

それでも実際につかったものでないと合っているかはわかりません

きし
きし
そこで、ショートスタイルのぼく自身が、さまざまなスタイリング剤を使ってみて使用感の良かったもののみをまとめているので、自分の髪とヘアスタイルに合わせてスタイリング剤を選ぶ参考になればと思います。
つま
つま
ロングのくせ毛の私もモデルとなって採点しています!ご参考になればと思います♪

おすすめワックス「ウェーボ デザインキューブ」シリーズ

 種類 ワックス・ジェリー・グロス
 使いやすさ
まとまり
 おすすめ度
きし
きし
ウェーボシリーズの1番の魅力は幅広いラインナップにあります、ハードからソフト、グロスまであるのでおすすめです!
つま
つま
もちろんロングやくせ毛にもおすすめできるのでたくさんの人に合わせることができます♪
きし
きし
選べる種類はベース剤からフィニッシュ剤まで使うことができます。

ウェーボ デザインキューブホールドワックス

 種類 クリームワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ ショート〜ミディアム

協力なセット力でメリハリのあるスタイルにおすすめです。

ベリーショートスタイルなら間違いなくこれです。

ウェーボ デザインキューブハードワックス

 種類 クリームタイプ
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ ショート〜ミディアム

ショートスタイルのハードワックスならこちらがおすすめです。

キープ力だけでなく、ツヤ感も強くでるので美しいヘアスタイルをつくることができます。

ウェーボ デザインキューブエアルーズワックス

 種類 クリームタイプ
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ ミディアム

ミディアムスタイルにはエアルーズワックスがおすすめです。

ほどよいセット力と質感を表現してくれます。

ウェーボ デザインキューブラウンドワックス

 種類 クリームタイプ
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般

ちょうどバランスのとれたワックスとなっているのがラウンドワックスです。

全体のちょうど中間の位置になるので、調整におすすめのワックスです。

ウェーボ デザインキューブニュートラルワックス

 種類 クリームタイプ
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般

巻き髪スタイルにはニュートラルワックスがおすすめです。

巻き髪にあまりハードはおすすめしません、髪がからまってしまうのでほどよいハードでスタイリングしてあげましょう。

ウェーボ デザインキューブライトワックス

 種類 クリームタイプ
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般

ロングスタイルにおすすめの優しいワックス。

絡まりにくく、ツヤ感を簡単に出せるのでおすすめです。

ウェーボ デザインキューブドライワックス

 種類 ドライタイプ
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ ベリーショート

とにかくハードって人にはドライワックスがおすすめ。

ウェーボの中では「ウルトラハード」の位置づけになります。

ウェーボ デザインキューブクールジェル

 種類 ジェルタイプ
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ ベリーショート〜ショート

ここからはジェルシリーズです。

ハードなジェルで、ジェルとワックスが合わさったジェリーに近い質感でスタイリングもしやすいのが特徴です。

ウェーボ デザインキューブハードグロス

 種類 ジェルタイプ
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ ベリーショート

クールジェルをさらにハードにしたのがハードグロス。

ベリーショートのメンズでウェット感が欲しい人は迷わずこれがおすすめです。

ウェーボ デザインキューブソフトグロス

 種類 クリームタイプ
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般

女性でツヤがほしい人にはソフトグロスがおすすめです。

ほどよくセット力があるので、単品でも使い心地は良いし、組み合わせても使いやすい万能ワックスです。

関連記事>>>サロン専売品「デミ・ウェーボデザインキューブ」シリーズを美容師が分かりやすくご紹介

あわせて読みたい
サロン専売品「デミ・ウェーボデザインキューブ」シリーズを美容師が分かりやすくご紹介こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 ヘアワックスはいまや、生活には欠かせないものになっています。 そのワックスでも、...

女性全般におすすめジェルクリームワックス「ジェミールフラン 」シリーズ

 種類 ワックス
 使いやすさ
まとまり
 おすすめ度
きし
きし
ベース剤に最もおすすめなのがこのジェルクリームワックスです。
つま
つま
ナチュラルなスタイリングから、ガッツリしたスタイリングまでさまざまな時に多用できる万能なワックスなんですよ♪
きし
きし
しかし、キープ力があまりないので、セット力が欲しい人には物足りないので組合せが必要になります。
種類 ワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般
種類 ワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般

女性の人であればこのワックスは必須と言うぐらい個人的にはお気に入りです。

髪同士を留めることができるコネクトクレイを配合しているので、髪のまとまりや指通りが格段に上がります。

スタイリング剤というよりも、ヘアクリームとしても活用できるので、よりナチュラルなスタイル、ツヤ感やまとまりをつくるのにはピッタリのアイテムとなっています。

さらに密着させる成分であるホールドオイルを配合しているので、キープ力があります。

色んなシュチエーションで使えるだけでなく、ベース剤としてもフィニュッシュ剤としても使える万能型ワックスです。

関連記事>>>「ジェミールフラン・ジェルクリーム」というスタイリング剤が素晴らしかったので分かりやすく解説

あわせて読みたい
「ジェミールフラン・ジェルクリーム」というスタイリング剤が素晴らしかったので分かりやすく解説こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 ミルボン社のあつかうスタイリング剤の1つの「ジェミールフラン・ジェルクリーム」。...

猫っ毛におすすめパウダーワックス「ピアセラボ カルドール 」シリーズ

 種類 ワックス・スプレー・フォーム・ジェリー
 使いやすさ
まとまり
 おすすめ度
きし
きし
カルドールはさまざまな種類のスタイリング剤があるのでとても使いやすいシリーズです。
つま
つま
男性にも女性にも使えるとても優秀なスタイリング剤なのがカルドールシリーズです♪
きし
きし
特殊なパウダーワックスはサラッとした仕上がりをつくることができるワックスです。
種類 パウダーワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般
種類 パウダーワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ ショート〜ミディアム
種類 パウダーワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般
種類 パウダーワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般
種類 パウダーワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般
種類 フォーム
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般
種類 ジェリー
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般

カルドールのパウダーワックスは業界初のコンパクト形状のスタイリング剤で、ファンデーションのようにコンパクトなので、おしゃれだしとても使いやすいワックスです。

トップのボリュームやフワッとした束感を、何もついていない、素髪のような質感のまま表現できる、新感覚のアイテムです。

思い通りのデザインと、ヌーディ(素肌感)のような質感がつくることができるスタイリング剤です。

根元からの立ち上がりやラフでやわらかな毛束をドライにスタイリングします。

関連記事>>>「カルドール・プレストパウダー」業界初のコンパクト形状のワックスを解説

あわせて読みたい
「カルドール・プレストパウダー」業界初のコンパクト形状のワックスを解説こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 今回の記事は、素髪スタイリングができるワックス「カルドール・プレストパウダー」につ...

ツヤ用におすすめジェルワックス「ミルボン ニゼル ドレシア ジェリー」シリーズ

 種類 ジェリー
 使いやすさ
まとまり
 おすすめ度
きし
きし
ジェリーは、とてもシンプルで使いやすいスタイリング剤の1つです!
つま
つま
ジェリーって言えば男性のスタイリング剤だと思われがちですが、女性におすすめするスタイリング剤の1つなんですよ♪
きし
きし
主にフィニッシュ剤として仕上げに使うワックスです。
 種類 ジェリー
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般
 種類 ジェリー
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ ショート〜ミディアム
 種類 ジェリー
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ ロング

ジェリータイプのワックスです。

ウェット感は昨今の流行な質感なのでとても人気です。

髪の長さや、髪質に合わせて硬さを変えられるようになっているので、スタイリングが苦手な方にもおすすめになっています。

Hから固めでキープ力が高くて、Sはキープ力は低いものの柔らかいのでスタイリングのしやすさは抜群です。

ただ巻き髪やストレートに合わせにくいので注意が必要です。

関連記事>>>【ウェットのスタイリング剤ならこれ♪】ミルボンの「ニゼル ドレシアコレクション ジェリー」の特徴と使い方

あわせて読みたい
【ドレシアコレクション ジェリー】ミルボンの ジェリーが使いやすぎるので特徴と使い方を解説! こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 昨今のトレンドの1つでもあるウェットヘア。 ちょっと濡れ...

おすすめクリームワックス「ドレシア ワックス」シリーズ

 種類 ワックス
 使いやすさ
まとまり
 おすすめ度
きし
きし
ドレシアのワックスシリーズは3種類から選べる使いやすいワックスです。
つま
つま
オーソドックスなクリームタイプなので、比較的どんな人にも合わせることができるワックスです♪
きし
きし
ベース剤からフィニッシュ剤まで多用に使えるので使いやすいです!
 種類 クリームワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般
 種類 クリームワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ ショート〜ミディアム
 種類 ジェルクリームワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般

ツヤのあるクリームワックス、さまざまな場面で使えます。

ちょうどソフトとハードの間ぐらいのイメージのセット力です。

ジェルワックスなので、最近の流行のウェット感を簡単につくることができます。

フリックのみで使ってもかわいいですが、ハードワックスのあとに重ねてつけたり仕上げにでも使えるので、幅広いワックスになっています。

ツヤ感やウェット感が欲しいならばフリックワックスがおすすめです。

毛流れや自然なスタイルをつくれるのでベース剤からフィニュッシュ剤まで使用することができます。

関連記事>>>ニゼル ドレシアコレクション「 グラスプ・トレイス・フリック」ワックスの特徴を分かりやすく解説

あわせて読みたい
ニゼル ドレシアコレクション「 グラスプ・トレイス・フリック」ワックスの特徴を分かりやすく解説こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 ミルボン社のあつかうスタイリング剤の1つの「ドレシアコレクション」。 ヘアケア中...

おすすめスプレーワックス「ドレシア スプレー」シリーズ

 種類 ワックス
 使いやすさ
まとまり
 おすすめ度
きし
きし
3種類の使いやすいドレシアのスプレーシリーズです。
つま
つま
男性にも女性にも使えるとても優秀なスプレーワックスです、主には仕上げに使うので他のスタイリング剤と組合せて使います♪
種類 スプレーワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般
種類 スプレーワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般
種類 スプレーワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般

ワックスをつけるならではの悩みを、解決することができるのが、「スプレーワックス」のポイントとなります。

例えば・・

  • ナチュラルなヘアスタイル
  • スタイリングをした感じをだしたくない
  • ベタつかせなたくない

これらは、スプレータイプのワックスで解決すことができます。

ほどよい感じのセット力があるのがスウィングムーブヴェールです。

ブライトアップヴェールに少しキープ力があり、ふんわり感をつくることができるスプレーワックスです。

やわらかい動きや、まとまりをつくるぐらいならば、スウィングムーブだけでも十分なスタイリングができます。

 種類 スプレータイプ
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般

関連記事>>>ニゼル ドレシアコレクションの「ヴェールスプレータイプ」の特徴を分かりやすく解説

あわせて読みたい
ニゼル ドレシアコレクションの「ヴェールスプレータイプ」の特徴を分かりやすく解説こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 ミルボン社のあつかうスタイリング剤の1つの「ドレシアコレクション」。 ヘアケア中...

おすすめゼリーワックス「ロレッタ ハードゼリー」

キープ力の高いゼリータイプのワックスです。

他のワックスに比べると固い質感なので使いにくい印象ですが、キープ力の高さからとても人気のワックスです。

 種類 ジェリータイプ
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ ベリーショート・ショート・ミディアム

キープ力のあるワックス「ナンバースリー003 デューサーワックス」

 種類 ジェリータイプ
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ ベリーショート・ショート

ツヤ感のあるジェリータイプのハードワックスです。

キープ力が高いために中級者〜におすすめのワックスです。使い慣れてくれると外ハネや動きを出すのに使えるのでおすすです。

きし
きし
おすすめのスタイリング剤をご紹介しましたがいかがでしたか?
つま
つま
ショートからロングにまで使えるワックスばかりを集めているので、どれもハズレはないはずです!
きし
きし
ここからはスタイリング剤の基礎からスタイリングするために必要な知識をまとめた教科書になっています!
つま
つま
スタイリング剤を探すのと合わせてスタイリングの参考にしてもらえると嬉しいです♪

スタイリング剤とは?

つま
つま
何気なく使っているスタイリング剤、でも実はあんまりよく分かっていない人は少なくありません。まずはスタイリング剤のことから知りましょう♪
きし
きし
そもそものスタイリング剤についてをご紹介していきます!

パーマやヘアカラーなどいろいろと髪のおしゃれが楽しめる時代から、ドライヤーやコテ、アイロンなど自分で気軽にスタイリングを楽しめる時代になりました。

でも楽しめる時代だからこそ、ヘアスタイルへの欲求(クオリティ)が高くなり、いつしかスタイルを再現してそして維持するのは、自然に髪を乾燥させただけでは難しいものばかりになっています。

そのためにスタイリング剤というのは必需品となっています。

そんなスタイリング剤は、タイミングや使用量またスタイリング剤の特徴を理解することでその効果は大きく変わってきます。

スタイリング剤について

 1960年代。ボブにはクリームやオイル、セットスタイルにはヘアスプレーが使われていました。そして70年代にはブロー、さらに後半からはフォームタイプが生まれ、90年代にはワックスなどで毛先に動きをつけるスタイリング剤が生まれました。

スタイリング剤とはヘアスタイルをつくりやすくして、さらにそのスタイルを保持する「剤」のことを言います。

そして、スタイリング剤は元々スタイリング中に使用してヘアスタイルをつくるプロセス剤」と主に出来上がったスタイルを保持するフィニッシュ剤」に分けることが出来ます。

  • プロセス剤・・・フォームワックス、ワックス、クリームなど
  • フィニッシュ剤・・・ヘアスプレー、ワックス、ムースなど

最近では、このプロセス・フィニッシュをまとめてできるようにスタイリング剤で高品質なものも増えてきています

関連記事>>>スタイリング・スタイリング剤の基本についてを学ぼう!

あわせて読みたい
スタイリング・スタイリング剤の基本についてを学ぼう!こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 パーマやヘアカラーなど髪のおしゃれが楽しめる時代、それとともにスタイリングでも...

スタイリング剤のさまざまな種類

つま
つま
種類と言えば、ワックスやムースやスプレーと色々とありますよね♪
きし
きし
その他にも、まだまだたくさんありますよ!

スタイリング剤と言えば、「ワックス」や「スプレー」だけではありません。

それ以外にもさまざまな種類かあるのです。

  • 固形型タイプ(ファイバー・ドライ・クリーム)
  • ジェルタイプ(ジェル・グリース・ジェリー)
  • スプレータイプツヤ・ムーブ・ホールド
  • ムースタイプ
  • ウォータータイプ
  • パウダータイプ
  • カラータイプ

このように実は7種類ものワックスに分類されています。

スタイリング剤を選ぶときにまず迷ってしまうのは種類の多さです。

髪質や、スタイルに合わせて使いやすいように、種類が多い特性が逆に、スタイリングする人を迷わせているのが現状です

これらを自分の髪質やヘアスタイルに合わせて使い分ける必要があります。

関連記事>>>【スタイリング剤の種類と特徴】さまざまな整髪料についてのまとめ!

あわせて読みたい
【スタイリング剤の種類と特徴】さまざまな整髪料についてのまとめ!こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 スタイリング剤には、さまざまな種類があります。 それは、髪質やヘアスタイ...

スタイリング剤は「髪質に合うもの」を選ぶ必要があります

つま
つま
スタイリング剤は闇雲に選べばいいと言うものではなく、あなたに合ったものを選ぶ必要があります♪
きし
きし
そこでいくつかのポイントをご紹介します。

今お使いのスタイリング剤が、あなたの髪に必ずしも適正なものとは限りません。

その確認方法は、 やはり美容師に相談するのが一番です。

カウンセリングやカットの際にあなたの髪に触れている美容師だからこそ、髪に関する正しい知識に基づき、ヘアスタイルに対して的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

スタイリング剤をつける目的

そこで、そもそもなぜスタイリング剤をつけるのかを考えましょう。

  • ふわっとさせる
  • ボリュームをおさえる
  • 髪を立てる
  • スタイルをフラットにする
  • 動きをつくりたい
  • ウェットスタイル
  • ドライスタイル(マット)
  • 固める
  • サラサラにする
  • ツヤツヤにする

髪質やヘアスタイルによって、スタイリング剤をつける目的が変わるとともに、必要なスタイリング剤な変わります。

失敗しないスタイリング剤の選び方

つま
つま
髪が短いショートの人から、長いロングの人まで女性の場合はワックス選びがとても重要になります♪
きし
きし
そこで、失敗しないためのスタイリング剤選びをお伝えしたいと思います!

ワックスを選ぶときにまず迷ってしまうのは種類の多さです。

髪質や、スタイルに合わせて使いやすいように、種類が多い特性が逆に、スタイリングする人を迷わせているのが現状です。

なので失敗しないワックスの選ぶコツを伝授します。

スタイリング剤の基礎から、スタイリング剤のこれだけは知っておくべきカテゴリについてまでを分かりやすく紹介します。

スタイリング剤は「ハード?」「ソフト?」

さまざまなスタイリング剤がありますが、ワックスやスプレー、ムースやジェルなどがありますが、共通しているのが「硬さ」です。

スタイリング剤には「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」があります。

ハードの特徴

  • 高いキープ力
  • ショート〜ミディアムにおすすめ
  • 粘度が硬い

ソフトの特徴

  • 自然な毛流れやまとまり力
  • ショート〜ロング
  • 粘度がやわらかい

このように特徴がそれぞれあるので自分のヘアスタイルや、したいスタイリングによって選択をします。

例えば、ショートで動きが欲しい人はハードタイプ、ロングで動きが欲しい人はソフトタイプ・・のようなイメージです。

きし
きし
最近では、ソフトorハードというような使い方ではなく、ソフト+ハードでワックスを混ぜたりすることで自分のしやすい粘度やキープ力に調節したりもします。

関連記事>>>【ジェルとワックスを混ぜる3つのテクニック】美容師がスタイリング術を解説!

あわせて読みたい
【ジェルとワックスを混ぜる3つのテクニック】美容師がスタイリング術を解説!こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 スタイリング剤をよく使う人ではこういう悩みがあります。 ジェルだと固まりす...

スタイリング剤で「動かすのか?」「まとめるのか?」

ヘアスタイルをスタイリング剤で「動かすのか」「まとめるのか」によっても変えます。

ファイバータイプ

  • 髪が動きやすい
  • 初心者でも扱いやすい
  • 手ぐしで修正可能

クリームタイプ

  • 髪がまとまりやすい
  • 初心者〜上級者まで扱いやすい
  • 手ぐしで修正可能
きし
きし
動かすのか、まとめるのかというのは、ワックスの性質によってコントロールすることができます。繊維が配合されているファイバータイプはキープ力が強くはないけどもとても扱いやすいワックスです

スタイリング剤で「ドライ感?」「ウェット感?」

スタイリング剤では「ウェット感」か「ドライ感」もカテゴライズできます。

中級者〜上級者向けになりますが、ナチュラルな感じを出したり、おしゃれなスタイリングしている感を質感でコントロールできます。

ドライタイプ

  • セット力が高い
  • ドライ・マットな質感になる
  • 粘度が固く上級者向け

ジェルタイプ

  • セット力が高い
  • ウェットな質感になる
  • 量の調節が大事で上級者向け
きし
きし
質感をコントロールすることで、スタイリングをワンアップさせることができます。使い方がとても難しいので他のワックスと組み合わせて使うことが多いです。

ここで、一旦整理すると・・・

  1. ハードorソフト
  2. 動かすorまとめる
  3. ドライ感orウェット感

この3つのカテゴライズを、自分の中で持っておくとスタイリング剤を選びやすくなります

女性のヘアスタイルのスタイリング剤の使い方

きし
きし
ワックスのつけ方についてもご紹介します。
つま
つま
ワックスは今回ご紹介するやり方であれば、失敗することはないので実践してみましょう♪

ワックスの使い方は至ってシンプルです。

  1. 手の平によく伸ばします(石けんで洗うようにしっかりと伸ばす)
  2. 後頭部からつけていきます(下からつけていく)
  3. 全体にのばしてつける(下からつけていく)
  4. あとは表面につけていく
  5. 細かいところをつまみながら動きをつける

手に残ったワックスで、髪をずらしたりすることで可愛い動きをつくることができます。

ジェルクリームの使用量目安

 使用量の目安  ショート・ボブ ミディアム  ロング
 ワックス パール 1個分 パール 1.5個分 パール 2個分

(動画も良ければ見てください)

ジェルクリーム自体の粘度もやわらかく、優しいつくりになっているので、つかいやすいのも特徴の1つでした。

ジェルクリームのつけ方

できるだけ、ムラのでないようにしてつけてあげることで、より効果的になってくれます。

スタイリング剤の専売品と市販品の違い

IMG 1871IMG 8560(2社別の専売品 左からミルボン、シュワルツコフ)

基本的には、裏にこのように「美容室専売品」や「プロフェッショナル用」などと記載されています。

1つの目安の基準として。

つま
つま
専売品と市販品にはおおきな違いがあります。
きし
きし
いくつかをご紹介していきます。

次に、「美容室専売品」と「市販品」のスタイリング剤の違いについても紹介していきます。

スタイリングできるならサロン専売でも市販でもどっちでもいい

というお声をよく聞きます。

確かにシャンプーやトリートメントに比べると、髪のダメージや補修力などはサロン専売でも市販でも変わることはありません

しかし、スタイリング剤でもサロン専売と市販でも大きな違いがあるのです。

スタイリング剤のサロン専売と市販の違い

  • 水分量の違い
  • 価格の違い
  • 実際に試せるかどうか

よく「自宅で、美容師さんがしたようなスタイリングにならない・・」というような悩みを聞くこともありますが、スタイリング剤自体が原因ということもあるのです。

関連記事>>>プロ美容師がスタイリング剤の「美容室専売品」と「市販品」の違いを解説!

あわせて読みたい
プロ美容師がスタイリング剤の「美容室専売品」と「市販品」の違いを解説!こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 スタイリング剤にも美容室専売品と市販品があるのをご存知でしょうか?しかし多くの...

美容師がおすすめするスタイリング剤のワックスをまとめると・・

つま
つま
私自身も毎日ヘアケア剤やスタイリング剤は使っていますが、使うもので変わります♪
きし
きし
少しでもサポートになれば嬉しいですね!
まとめ
  1. 「ハード」か「ソフト」かを選ぶ
  2. 「動かす」のか「まとめる」
  3. 「ウェット感」かドライ感」
  4. 数種類を使い分けすると広がる

女性におすすめのワックスの選ぶコツをまとめてみました。

どんなスタイリング剤を使えばスタイルが長持ちするの?

って、質問は少なくはありません。

スタイリング剤やスタイリングのやり方によって、スタイルはいくらでも長持ちさせることができます。

しかし、それにはあなたのスタイルやスタイリングに合わせたものを使う必要があります。

それを見つけることが重要になります。

関連記事>>>【ボブ・ロングにおすすめワックス10選】スタイリング剤ランキングTOP10!

あわせて読みたい
【ボブ・ロングにおすすめワックス10選】美容師が選ぶランキングTOP10! こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 「あなたは今のワックスに満足していますか?」 自分にあっ...

たくさんのスタイリング剤によって、「スタイリングの難易度が高くなった」と悩む人も増えています。

しかし、スタリングというのは自分の髪の可能性を広げてくれる素晴らしいことです!スタイリングにはスタイリング剤はとても重要なポジションになっています。

関連記事>>>美容師がおすすめする「巻き髪に人気のスタイリング剤」と「上手にキープする巻き方」を伝授します

あわせて読みたい
美容師がおすすめする「巻き髪に人気のスタイリング剤」と「上手にキープする巻き方」を伝授します こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 あなたは「スタイリング剤」をお使いになるでしょうか? ...

それを、自分の手できるようになれば毎日がワクワクしますよね。

少しでも楽しい毎日にするためにキレイでかわいいヘアスタイルをつくる努力をしましょう。