【厳選】おすすめヘアケアセット!
スタイリング

猫っ毛の教科書|美容師がガチで教える『猫っ毛の最強の攻略法』

当記事は、美容師がつくった猫っ毛の教科書です。

女性
女性
自分の猫っ毛を活かしたい!
男性
男性
上手くスタイリングできるようになりたい!

そう思うことはありませんか?

しかし、雨の日なんて最悪です。

ペタッとなるし、うねるし、パサパサにもなります。

ヘアスタイルは思い通りにいかずテンションが下がりますよね

そこで美容師が10年以上かけて培ったノウハウを詰め込んだ猫っ毛を改善する教科書をつくりました。

当記事では、猫っ毛の原因やヘアケアや対策など、猫っ毛を完全に攻略する「猫っ毛の教科書」を、丁寧に分かりやすく紹介していきます。かなりボリュームのある記事になっているので目次をご活用ください。

 

猫っ毛におすすめの「ヘアケア」

きし
きし
細毛のおすすめのシャンプーを話します。
つま
つま
女性にとって悩みのある「猫っ毛」「細毛」「軟毛」おすすめのシャンプーを並べてみたので、見ていって下さいね。

 

ボリュームを出すための近道には「シャンプー」が一番です。

 

市販のシャンプーでは余分な皮脂などもとりすぎてしまい、結果として髪が傷みボリュームがなくなってしまいます。

毎日するシャンプーは、特に慎重に決めた方がいいです。

 

なぜ「猫っ毛」「細い髪」「軟毛」にはいいシャンプーが必要?

あなたは、なぜ「猫っ毛」「細毛」「軟毛」に良いシャンプーを使うべきなのか知っていますか?

多くの方は、「なぜかはわからないけど、とにかく良いものでしょう」くらいの認識がほとんどです。

そこで、なぜ良いシャンプーをおすすめするのかをわかりやすく紹介していきます。

 

猫っ毛や細い髪は、他の髪に比べて耐久度が低くなっています。

髪の周りにはキューティクルというのり巻きのような皮があり、髪を守るという役割があります。

髪のキューティクルの枚数は髪質によって違い、猫っ毛や細い髪は通常よりも少なくなっています。そのため、髪や頭皮に負担の大きいものでは、傷みやすくなりボロボロになりやすいのです。

 

毎日のキレイを保つために「シャンプー」は必需アイテム

つまり、毎日するシャンプーも負担の大きいものになれば、それだけスタイルのまとまりの悪さに直結するのです。

だから、猫っ毛や細い髪の人にはいいシャンプーが必要になるのです!

 

世の中にはたくさんのシャンプーがありますが、単に価格や成分だけで選んでしまうと、あなたの髪に合う成分が配合されていない可能性があり、むしろ逆効果です。

そこで失敗しないシャンプーを選ぶために、ポイントを解説しながら紹介していきます。

基準としては、使用感などの使いやすさ髪への仕上がりや扱いやすさなどがメインとなっています。とくに上位3つはおすすめのシャンプーです。

つま
つま
ロングヘアでくせ毛の私がモデルとなって採点しています、ご参考になればと思います!

>>猫っ毛シャンプー<<<

 

 

猫っ毛におすすめの「洗い流さないトリートメント」

きし
きし
細毛や猫っ毛には正しい知識が必要になります。
つま
つま
ちょっとした工夫で変わることばかりです、失敗しやすいので注意をしましょう!

細毛や猫っ毛に対してのトリートメントのネガティブな意見としては・・・

  • ベタつく
  • ボリュームがなくなる
  • 乾かなくなる

などの情報がありますが、これの原因の多くはつけ方が間違っているか、トリートメントが合っていないかです。

つけ方やトリートメントが合っていないにも関わらず、それを原因に「洗い流さないトリートメント自体が悪いもの」という認識に陥ってしまうのです。

しかし、正しい洗い流さないトリートメントと使用方法で、細毛や猫っ毛にも効果的にキレイな髪つくりをすることができるのです。

細い髪にこそ「洗い流さないトリートメント」が必要

細い髪ほど髪は傷みやすいようになっています。

その理由として「細毛はキューティクルの層が薄く、髪の耐久度が低い」ことがあります。

シンプルに髪の厚みがない分、ダメージとしてあらわれやすいのです。

例えば、ボリュームは欲しいけども、ダメージも減らしたいというのが普通の欲求です。

ボリュームがなくなってしまうために、髪をキレイにする洗い流さないトリートメントはつけないという考え方は、少々ネガティブですよね。髪が傷みやすい細毛や猫っ毛の人にこそ、洗い流さないトリートメントは必要なのです。

なので、正しいつけ方と自分の髪質に合っているものを見つけましょう。

>>猫っ毛用トリートメント<<

 

猫っ毛の特徴

きし
きし
まずは、猫っ毛の特徴についてお話していきます。
つま
つま
今からお話する猫っ毛の特長と自分の髪質と見比べてみましょう。

猫っ毛とは、正式には「細毛」のことです。髪が細くてくせ毛のように動きやすい髪のことです。

しかし、くせ毛のような広がりやボリュームがでるわけでなく、ハリコシがなくて柔らかい髪質のことです。

 

猫っ毛の特徴①:髪の細い・太いの目安

次に髪の細さの目安について。

  • 細い…0.05mm〜0.09mm
  • 普通…0.10mm〜0.12mm
  • 太い…0.13mm〜0.20mm

こういう風に数値で見ると、太い髪でも細く感じますが、人間の髪は全部で10万本以上もあるので、結果として髪がフサフサに見えます。

目視で太さを判断するのは難しく、視診・触診などをして判断しなけば適正な髪の太さはわかりません。

多くの人の髪を触ってきた経験上では、男性の方がしっかりとした太い毛であることが多く、女性は長くしなやかな普通の太さの毛であることが多いイメージがあります。

さらに、髪は1日に100本程度抜けていき生え変わりを繰り返します、これを「ヘアサイクル(詳細は後述)」と呼びます。

この髪のサイクルが乱れることによって、髪が細くなり、抜け毛や薄毛の原因となる場合があるので注意が必要となります。

これは間違ったヘアケア方法や頭皮トラブルが原因で発生します。

>>猫っ毛の特長<<

 

猫っ毛の原因について

きし
きし
髪が猫っ毛になる原因についてお話していきます。
つま
つま
猫っ毛で悩む人はとても多いので原因を知ることが改善する近道になります。

猫っ毛の原因について分かりやすくお話します。

多くの場合は、

  1. 遺伝
  2. ヘアサイクル

この2つによって猫っ毛かどうかが左右されます。

生まれつき髪が細い原因の1つである遺伝ですが、髪の量や質に個人差があるのは、親からの遺伝が大きく影響をしています

 

日本人の多くは太く直毛と言われていることが多いようですが、最近では細毛や猫っ毛などさまざまな種類の髪質が増えてきています。

多くの場合は、遺伝によって決まります。

猫っ毛の原因を2つあげましたが、これは「先天性」と「後天性」に別れます。

つまり生まれつき猫っ毛になる場合と、もともとは猫っ毛ではなかったけど猫っ毛になってしまった場合の2つになります。

>>猫っ毛の原因<<

 

猫っ毛がパーマの「かかりにくい・とれやすい」原因について

きし
きし
猫っ毛の人が抱えるパーマの「かかりやすい・とれやすい」原因をお話していきます。
つま
つま
実は、かかりやすい・とれやすいの原因は同じものであることが多いです。

髪が細いと影響を受けやすい

猫っ毛のデメリットとしては、髪が細いためにさまざまな影響を受けやすいことにあります。もっと分かりやすく言うと「髪が傷みやすい」です

普通に比べて髪が細い分、髪の表面にあるキューティクルや、水分保持するコルテックスなどが少ないので、シンプルに髪の耐久度が低いのです。

 

さらに、髪が傷めば傷むほどに、パーマ薬剤の浸透する時間は短くなり早く影響を受けます。つまりパーマがかかりやすくなるけど、かかりやすくなるけど、浸透はしにくいのです。

猫っ毛のパーマは「かかりやすくてとれやすい」

実は、猫っ毛のパーマはかかりにくいわけでもなくとれやすいわけでもなく、かかりやすくてとれやすいのです。

髪はダメージがあることによって、薬剤の進行度や、熱変性の影響を受けやすくなります。

つまりダメージを受けやすいということは、パーマの薬剤の浸透が早くいためにパーマがかかりやすくて、かかりやすいために取れやすいのです。

>>パーマが「かかりにくい・とれやすい」原因<<

 

猫っ毛を活かす「5つの対策」

きし
きし
猫っ毛を活かす方法についてをお話します。
つま
つま
猫っ毛を活かすには、先天性の猫っ毛には自分を、後天性の猫っ毛には髪を改善しましょう。

先天性の猫っ毛はあくまで髪質なのでスタイリングできる自分にする必要があり、

後天性の猫っ毛は、さまざま要因が髪を猫っ毛にしてしまうので予防対策が必要になるのでさまざまな要因から髪を護る必要があります。

猫っ毛を活かす方法

先天性猫っ毛

  1. メンズスタイリング(男性)
  2. レディーススタイリング(女性)

後天性猫っ毛

  1. 猫っ毛のシャンプー
  2. 猫っ毛の洗い流さないトリートメント
  3. 生活水準を上げる

それぞれを具体的にお話していきます。

 

先天性猫っ毛の改善策

きし
きし
先天性の猫っ毛の改善についてお話していきます。
つま
つま
先天性は髪質になるので、今の髪を活かすためのスタイリングが必要になります。
先天性猫っ毛の対策
  1. メンズスタイリング
  2. レディーススタイリング

後天性猫っ毛の改善策

きし
きし
髪の細い方や柔らかい方は、髪の絡まりなども悩みます。
つま
つま
原因は、ヘアカラーやパーマ、ストレートのダメージが原因で、細く柔らかい髪質の猫っ毛の方は髪が傷みやすいのが特徴の1つです。

細いということは表面にあるキューティクルの枚数も太い髪の方よりも少なく、さまざまな刺激に対してダメージを受けやすい髪なのです。

ヘアカラーやパーマ、ストレートなど、さらに乾かさずに寝たりするなど、外出中の紫外線などでもダメージしてしまい絡まりやすくなってしまいます。

後天性猫っ毛の対策
  1. 猫っ毛シャンプー
  2. 猫っ毛洗い流さないトリートメント
  3. 髪にいい生活習慣を身につける

>>5つの改善策<<

 

猫っ毛を活かす「最強の攻略法」

きし
きし
猫っ毛を活かすためには、自分の猫っ毛を受け入れて活かせるようになるのが最終の目標(ゴール)です。
つま
つま
ここで紹介する攻略法とは、活かせるようになるための付き合い方のルール、猫っ毛のゴールデンルールを話します。

と、言っても今まで悩んでいた猫っ毛が簡単に活かせるのなら苦労はしませんよね。

この記事の内容は、「こうしたら猫っ毛があっさり直る!」

みたいな、内容ではありません。

あくまで、この記事を見ているあなたを「猫っ毛を活かせるあなた」に変える知識(ヒント)をまとめています

つまり、

「猫っ毛を活かしたい」

って、人に向けた記事になっています。

 

くせ毛のゴールデンルールのポイント
  • 「猫っ毛マインド」
  • 「パーマ」
  • 「スタイリング」

それぞれを、分かりやすくお話していきます。

 

「猫っ毛マインド」とは?

きし
きし
まずは、猫っ毛マインドについてです。

猫っ毛マインドとは、

猫っ毛をポジティブに考えること

です。

女性
女性
え?それだけ?

って思うかもしれませんが、これが何よりも重要なのです。

 

人はないものねだりの生き物です、ほとんどの人が髪のことで悩む中ネガティブに考え出すとキリはありません。

猫っ毛を活かしたら良いのに・・

という言葉は猫っ毛で悩む人には届きません。それは猫っ毛=コンプレックスとなっているからです。

 

しかし、それは大きな間違いです

猫っ毛は活かすものです!自分の髪をポジティブに考える習慣が猫っ毛マインドになるのです!!!

ネコ毛のメリット
  • 熱が入れやすくアイロンがしやすい
  • スタイリングがしやすい
  • ツヤがでやすい
  • サラサラをつくりやすい

まず、すべきことはネガティブにとらえるのではなく、自分の猫っ毛と向き合うことが大切になります。

自分の髪に対する「猫っ毛マインド」を育てましょう。

>>ゴールデンルール<<

 

猫っ毛メンズにおすすめのスタイリングワックス

きし
きし
まずは、猫っ毛メンズにおすすめのスタイリングワックスを紹介します。
つま
つま
下の項目を意識しながら選ぶことで、ワックス選びが失敗しにくくなります!
ワックスを選ぶ3つのポイント
  1. 「ソフト」か「ハード」
  1. 「動かす」か「まとめる」
  1. 「ドライ感」か「ウェット感」

上記のことを意識しながらスタイリング剤を選ぶと、失敗はだいぶ少なくなると感じます。しかし、それでも実際につかったものでないと合っているかはわかりません。

きし
きし
そこで、ショートスタイルで猫っ毛メンズのぼくが、さまざまなスタイリング剤を使ってみて使用感の良かったもののみをピックアップしました。

 

猫っ毛女性におすすめのスタイリングワックス

きし
きし
まずは、猫っ毛女性におすすめのスタイリングワックスを紹介します。
つま
つま
下の項目を意識しながら選ぶことで、ワックス選びが失敗しにくくなります!
ワックスを選ぶ3つのポイント
  1. 「ソフト」か「ハード」
  1. 「動かす」か「まとめる」
  1. 「ドライ感」か「ウェット感」

上記のことを意識しながらスタイリング剤を選ぶと、失敗はだいぶ少なくなると感じます。しかし、それでも実際につかったものでないと合っているかはわかりません。

つま
つま
そこで、ロングスタイルで私が、さまざまなスタイリング剤を使ってみて使用感の良かったものをピックアップしました。

猫っ毛の女性でもとくに重要となるのが

土台づくり

です

 

多くの猫っ毛メンズはワックスだけでふわっとさせたり、動きをつくったりしてしまい、すぐにペタ〜っとなってしまいます。

この原因に、髪の土台つくりがないことにあります。

つまり、形の土台である状態をワックスをつける前にある程度作っておく必要があるのです。

土台づくりとは、

  1. ブロー
  2. ストレートアイロン
  3. コテアイロン

それぞれをテクニックと一緒にお話していきます。

>>猫っ毛女性のワックス<<

 

まとめ

きし
きし
かなりのボリュームになりましたが、猫っ毛という髪質には長期的に戦略をたててキレイにしていくことが大切になります。
つま
つま
お肌と同じようにしてケアとメンテンスを繰り返し、キレイを維持していくことが最も大切なことです。

結論から言いますが、猫っ毛を完璧に治すことは100%できません。しかし、猫っ毛を緩和させることは可能です!

大切なことは、あなたにあったケア方法で対策をすることです。

何回も読んで、猫っ毛を活かせるようにしましょう!!!