【サイトマップ】おすすめ記事一覧
メンズ ワックス

メンズワックスランキング10選|美容師が教えるワックスの選び方&メンズワックス

  • もっと上手くスタイリングしたい
  • 使っているワックスが合っているのか分からない…

男性向けのワックスには、ストレートやパーマなどスタイリングに合わせたたくさん種類があります。

しかし、どれだけ優れたスタイリング力をもっていても、スタイリング剤が合っていないものを使っていれば上手くスタイリングすることはできません。

当記事では、ヘアワックス選びに迷っているメンズに向けて自分の髪型に合ったワックス見つける方法や、おすすめのメンズワックスを話します。

これからセットしてみよう」と思っているあなたも、「もっと上手くスタイリングの仕方はないかな」とセット慣れしているあなたにも、きっと役に立つコンテンツになっているはずです。

美容師がおすすめする『メンズワックスランキング』

つま
つま
それではおすすめのスタイリング剤を話します。
きし
きし
自分にぴったりなものを探してください!
つま
つま
下の項目を意識しながら選ぶことで、スタイリング剤選びが失敗しにくくなります!
ワックスを選ぶ3つのポイント
  1. 「ソフト」か「ハード」
  1. 「動かす」か「まとめる」
  1. 「ドライ感」か「ウェット感」

上記のことを意識しながらスタイリング剤を選ぶと、失敗はだいぶ少なくなると感じます。しかし、それでも実際につかったものでないと合っているかはわかりません。

きし
きし
そこで、ショートスタイルのぼく自身が、さまざまなスタイリング剤を使ってみて使用感の良かったもののみをまとめているので、自分の髪とヘアスタイルに合わせてスタイリング剤を選ぶ参考になればと思います。

おすすめレングス省略
  • BS:ベリーショート
  • S:ショート
  • M:ミディアム
  • MB:ミディアムボブ
  • 2B:ツーブロック

おすすめメンズワックス 1位 「シュワルツコフ」

 種類ワックス・スプレー・ジェル・フォーム
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さBS・S・M・MB・2B
きし
きし
シュワルツコフのスタイリング剤は、セット力やキープ力が高いものが多いです。
つま
つま
シュワルツコフでは、「[3D]メン」がとくにおすすめです。

シュワルツコフのスタイリング剤は、ワックスやスプレー、ジェルなどスタイル別にあります。

スタイリング剤一覧
  1. オージス
  2. シルエット
  3. [3D]メン

豊富なラインナップで、自由に動かせるスタイリングができるスタイリング剤です。ショート〜ミディアムのメンズや、ショートの女性におすすめです。

「タイミング」「重さ」のさまざまなシュチュエーションで選ぶことができる汎用性の高いスタイリング剤です。

>>シュワルツコフ全スタイリング剤

シュワルツコフの全スタイリング剤|美容師がおすすめするワックス・スプレー・ジェル シュワルツコフのワックスってどんなもの? スタイリング剤の中でどれがいい? 当記事では、シュワルツコフのスタ...

 

おすすめメンズワックス 2位 「no3(ナンバースリー)」

 種類ワックス・スプレー・ジェル・フォーム
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さBS・S・M・MB・2B
きし
きし
ナンバースリーは、キープ力が高いために中級者〜におすすめのワックスです。使い慣れてくれると外ハネや動きを出すのに使えるのでおすすです。
つま
つま
メンズには、デューサーシリーズの固めがおすすめです。

ナンバースリーのスタイリング剤は、ワックスやスプレー、ジェルなどスタイル別にあります。

スタイリング剤一覧
  1. デューサー
  2. デューサーヴェール
  3. デューサーフォーム
  4. アヴァリス
  5. スタイリング

1日中キープすることができるワックスで、幅広いラインナップは男性だけでなく女性にまでおすすめできるワックスです。

さらに、さまざまな質感も自由にコントロールすることができます。

デューサー ドライペーストワックス 6

デューサー アクアジェルワックス 6G

 

おすすめメンズワックス 3位 「ARIMINO(アリミノ)」

アリミノ スタイリング剤 ワックス ジェル スプレー
 種類ワックス・スプレー・ジェル・フォーム
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さBS・S・M・MB・2B
きし
きし
アリミノシリーズはとくに香りが良いので女性からも男性からも人気のシリーズです。
つま
つま
アリミノのワックスはメンズ用の「スマイス メン」がとくにおすすめです。

アリミノのスタイリング剤は、ワックスやスプレー、ジェルなどスタイル別にあります。

スタイリング剤一覧
  1. アリミノ メン
  2. スパイス
  3. スパイスネオ
  4. ピース
  5. BSスタイリング
  6. スタイルフォーボブ
  7. スタイルフォーカール

とくに、スパイスは全22種のものすごいボリュームのラインナップです。ぶっちゃけこのシリーズだけでも良くないかと思うぐらいの品揃えです。

そして品質も高いのでおすすめです。

 

おすすめメンズワックス 4位 「DEMI(デミ)」

 種類ワックス・スプレー・ジェル・フォーム
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さBS・S・M・MB・2B

きし
きし
ウェーボシリーズの1番の魅力は幅広いラインナップにあります、ハードからソフト、グロスまであるので、とても使いやすくておすすめです!

つま
つま
デミのワックスは男性だけでなく女性にもおすすめできる品質の高いアイテムばかりです。

選べる種類はハードからソフトだけでなく、ベース剤からフィニッシュ剤まで使うことができます。もちろん男性から女性のすべてに選んで合わせることができるのが魅力のポイントです!

スタイリング剤一覧
  1. ウェーボ ジュカーラ
  2. ウェーボ デザインキューブ
  3. ウェーボ デザインポッド
  4. ウェーボ スタイリング(ピンク)
  5. ウェーボ スタイリング(グレイ)
  6. ヒトヨニ

さまざまな動き、質感を楽しむことができるスタイリング剤で、硬さをたくさんあるので、ショートの男性から巻き髪をする女性までおすすめできる汎用性が高いスタイリング剤です。

DEMI(デミ)の全スタイリング剤|美容師がおすすめするワックス・スプレー・ジェル デミのワックスってどんなもの? スタイリング剤の中でどれがいい? 当記事では、DEMI(デミ)のスタイリング...

 

おすすめメンズワックス 5位 「MILBON((ミルボン)」

ミルボン min
 種類ジェリー
 使いやすさ
まとまり
 おすすめ度
きし
きし
ミルボンは、種類も多くてとても使いやすいスタイリング剤が豊富にあります。
つま
つま
ワックス・スプレー・ジェリーなど、男性だけでなく女性にも使いやすいアイテムばかりです。

スタイリング剤というよりも、ヘアクリームとしても活用できるので、よりナチュラルなスタイル、ツヤ感やまとまりをつくるのにはピッタリのアイテムとなっています。

最近の流行のウェット感も簡単につくることができます。

毛流れや自然なスタイルをつくれるのでベース剤からフィニュッシュ剤まで使用することができます。

スタイリング剤一覧
  1. ニゼル
  2. ドレシア
  3. ジェミールフラン
  4. モールディング
  5. その他

髪の長さや、髪質に合わせて硬さを変えられるようになっているので、スタイリングが苦手な方にもおすすめになっています。

ドレシア グラスプ

ドレシア ホールドフィット

ドレシア ジェリー

>>ミルボン全スタイリング剤

MILBON(ミルボン)の全スタイリング剤|美容師がおすすめするワックス・ジェリー・スプレー ミルボンのスタイリング剤ってどのくらいあるの? どれが一番おすすめ? 当記事は、美容室専売メーカーのミルボン...

 

おすすめメンズワックス 6位  「hoyu(ホーユー)」

 種類ワックス
 使いやすさ
まとまり
 おすすめ度
きし
きし
ホーユーは、手にとった時のベタつきが少なく使いやすいものが多いスタイリング剤です。
つま
つま
ホーユーのワックスは男性だけでなく女性にもおすすめできる品質の高いアイテムばかりです。

ホーユーのスタイリング剤は、ワックスやスプレー、ジェルなどスタイル別にあります。

スタイリング剤一覧
  1. 3210
  2. スプリール
  3. ウイウイ

ミニーレのワックスは、に残るベタベタ感を最小限に抑えているので、スタイリングのしやすさが抜群です。

さらに組み合わせていくつかを使うとスタイルの幅が増えます。

>>ホーユー全スタイリング剤

hoyu(ホーユー)の全スタイリング剤|美容師がおすすめするワックス・スプレー・ジェル ホーユーのワックスってどんなもの? スタイリング剤の中でどれがいい? 当記事では、hoyu(ホーユー)のスタ...

 

おすすめメンズワックス 7位 「ビューティーエクスペリエンス」

 種類ジェリー・ワックスタイプ
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さベリーショート・ショート・ミディアム
きし
きし
ビューティーエクスペリエンスは、女性に好まれるおしゃれで可愛いデザインが多いスタイリング剤です。
つま
つま
ビューティーエクスペリエンスのワックスは男性だけでなく女性にもおすすめできる品質の高いアイテムばかりです。

ビューティーエクスペリエンスのスタイリング剤は、ワックスやスプレー、ジェルなどスタイル別にあります。

スタイリング剤一覧
  1. ロレッタ
  2. ロレッタデビル

ヘアスタイルや、質感によって、使うものを変えることができるシリーズは、女性はもちろんですが、男性でも使うことができます。

とくにロレッタゼリーはジェルとしても人気の商品だし、とても使いやすくておすすめです。

 

おすすめメンズワックス 7位 「COTA(コタ)」

 種類ワックス・ジェリー・フォーム・スプレー
 使いやすさ
まとまり
 おすすめ度
きし
きし
ナチュラルなスタイリングから、ガッツリしたスタイリングまでさまざまな時に多用できる万能なワックスなんですよ。
つま
つま
コタのワックスは男性だけでなく女性にもおすすめできる品質の高いアイテムばかりです。

コタのスタイリング剤は、ワックスやスプレー、ジェルなどスタイル別にあります。まずはスタイリング剤を種類別にまとめてみました。

スタイリング剤一覧
  1. コタスタイリング
  2. コタスタイリングベース
  3. コタスタイリングSH
  4. フェアルシア
  5. キュアデュ

毛髪内部からキレイにして、スタイリングをしやすくするためのスタイリングトリートメント。細毛やくせ毛の人におすすめ

スタイリングが上手くいかない人は事前の髪のコンディションを整えることをおすすめします。

>>コタの全スタイリング剤

CATA(コタ)の全スタイリング剤|美容師がおすすめするワックス・スプレー・ジェル コタのワックスってどんなもの? スタイリング剤の中でどれがいい? 当記事では、CATA(コタ)のスタイリング...

 

おすすめメンズワックス 8位 「PIACELABO(ピアセラボ) 」

 種類ワックス・スプレー・フォーム・ジェリー
 使いやすさ
まとまり
 おすすめ度
きし
きし
カルドールはさまざまな種類のスタイリング剤があるのでとても使いやすいシリーズです。
つま
つま
ピアセラボのワックスは男性だけでなく女性にもおすすめできる品質の高いアイテムばかりです。

ピアセラボのスタイリング剤は、ワックスやスプレー、ジェルなどスタイル別にあります。

スタイリング剤一覧
  1. カルドール
  2. セシー
  3. アルティメットスプレー
  4. ディレクション

カルドールのパウダーワックスは業界初のコンパクト形状のスタイリング剤で、ファンデーションのようにコンパクトなので、おしゃれだしとても使いやすいワックスです。

パウダー式のスタイリング剤は、ベタつきが一切なくスタイルをつくることができます。猫っ毛や細毛、くせ毛におすすめのスタイリング剤です。

>>ピアセラボ全スタイリング剤

PIACELABO(ピアセラボ)の全スタイリング剤|美容師がおすすめするワックス・スプレー・ジェル ピアセラボのワックスってどんなもの? スタイリング剤の中でどれがいい? 当記事では、PIACELABO(ピア...

 

おすすめメンズワックス 9位 「napla(ナプラ)」

 種類ワックス
 使いやすさ
まとまり
 おすすめ度
きし
きし
ミディアムやロングなどにもまとまりが良くなるのでナチュラルスタイルが可愛くつくれるシリーズです。
つま
つま
ナプラのワックスは男性だけでなく女性にもおすすめできる品質の高いアイテムばかりです。

ナプラのスタイリング剤は、ワックスやスプレー、ジェルなどスタイル別にあります。

スタイリング剤一覧
  1. エヌドット
  2. モレット
  3. インプライム
  4. ケアテクト
  5. アクティブフリー

「動き」「束感」「空気感」をつくるためのスタイリング剤。サラッとしたものが多いですが、ウェット感の出せるポリッシュオイルはかなりおすすめです。

香りや使用感などかなり使いやすいワックスになっています。ただしキープ力があるものはあまりないので組合せて使うことが良いです!

>>ナプラの全スタイリング剤

napla(ナプラ)の全スタイリング剤|美容師がおすすめするワックス・スプレー・ジェル ナプラのワックスってどんなもの? スタイリング剤の中でどれがいい? 当記事では、napla(ナプラ)のスタイ...

 

>>ルベルの全スタイリング剤

Lebel(ルベル)の全スタイリング剤|美容師がおすすめするワックス・スプレー・ジェル ルベルのワックスってどんなもの? スタイリング剤の中でどれがいい? 当記事では、Lebel(ルベル)のスタイ...

 

 

【次のページでは、スタイリング剤の基本から方法まで分かりやすくお話していきます】

スタイリング剤とは?

つま
つま
何気なく使っているスタイリング剤、でも実はあんまりよく分かっていない人は少なくありません。まずはスタイリング剤のことから知りましょう。
きし
きし
そもそものスタイリング剤についてお話します!

パーマやヘアカラーなどいろいろと髪のおしゃれが楽しめる時代から、ドライヤーやコテ、アイロンなど自分で気軽にスタイリングを楽しめる時代になりました。

でも楽しめる時代だからこそ、ヘアスタイルへの欲求(クオリティ)が高くなり、いつしかスタイルを再現してそして維持するのは、自然に髪を乾燥させただけでは難しいものばかりになっています。

そのためにスタイリング剤というのは必需品となっています。

そんなスタイリング剤は、タイミングや使用量またスタイリング剤の特徴を理解することでその効果は大きく変わってきます。

スタイリング剤について

 1960年代。ボブにはクリームやオイル、セットスタイルにはヘアスプレーが使われていました。そして70年代にはブロー、さらに後半からはフォームタイプが生まれ、90年代にはワックスなどで毛先に動きをつけるスタイリング剤が生まれました。

スタイリング剤とはヘアスタイルをつくりやすくして、さらにそのスタイルを保持する「剤」のことを言います。

そして、スタイリング剤は元々スタイリング中に使用してヘアスタイルをつくるプロセス剤」と主に出来上がったスタイルを保持するフィニッシュ剤」に分けることが出来ます。

  • プロセス剤・・・フォームワックス、ワックス、クリームなど
  • フィニッシュ剤・・・ヘアスプレー、ワックス、ムースなど

最近では、このプロセス・フィニッシュをまとめてできるようにスタイリング剤で高品質なものも増えてきています

>>スタイリング・スタイリング剤の基本

 

スタイリング剤のさまざまな種類

つま
つま
種類と言えば、ワックスやムースやスプレーと色々とありますよね。
きし
きし
その他にも、まだまだたくさんありますよ!

スタイリング剤と言えば、「ワックス」や「スプレー」だけではありません。

それ以外にもさまざまな種類かあるのです。

  • 固形型タイプ(ファイバー・ドライ・クリーム)
  • ジェルタイプ(ジェル・グリース・ジェリー)
  • スプレータイプツヤ・ムーブ・ホールド
  • ムースタイプ
  • ウォータータイプ
  • パウダータイプ
  • カラータイプ

このように実は7種類ものワックスに分類されています。

スタイリング剤を選ぶときにまず迷ってしまうのは種類の多さです。

髪質や、スタイルに合わせて使いやすいように、種類が多い特性が逆に、スタイリングする人を迷わせているのが現状です

これらを自分の髪質やヘアスタイルに合わせて使い分ける必要があります。

>>スタイリング剤の種類と特徴

 

ワックスは「髪質に合うもの」を選ぶ

つま
つま
スタイリング剤は闇雲に選べばいいと言うものではなく、あなたに合ったものを選ぶ必要があります。
きし
きし
そこでいくつかのポイントを話します。

今お使いのスタイリング剤が、あなたの髪に必ずしも適正なものとは限りません。

その確認方法は、 やはり美容師に相談するのが一番です。

カウンセリングやカットの際にあなたの髪に触れている美容師だからこそ、髪に関する正しい知識に基づき、ヘアスタイルに対して的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

スタイリング剤をつける目的

そこで、そもそもなぜスタイリング剤をつけるのかを考えましょう。

  • ふわっとさせる
  • ボリュームをおさえる
  • 髪を立てる
  • スタイルをフラットにする
  • 動きをつくりたい
  • ウェットスタイル
  • ドライスタイル(マット)
  • 固める
  • サラサラにする
  • ツヤツヤにする

髪質やヘアスタイルによって、スタイリング剤をつける目的が変わるとともに、必要なスタイリング剤な変わります。

失敗しないスタイリング剤の選び方

つま
つま
髪が短いショートの人から、長いロングの人まで女性の場合はワックス選びがとても重要になります。
きし
きし
そこで、失敗しないためのスタイリング剤選びをお伝えしたいと思います!

ワックスを選ぶときにまず迷ってしまうのは種類の多さです。

髪質や、スタイルに合わせて使いやすいように、種類が多い特性が逆に、スタイリングする人を迷わせているのが現状です。

なので失敗しないワックスの選ぶコツを伝授します。

スタイリング剤の基礎から、スタイリング剤のこれだけは知っておくべきカテゴリについてまでを分かりやすくお話します。

 

スタイリング剤は「ハード?」「ソフト?」

さまざまなスタイリング剤がありますが、ワックスやスプレー、ムースやジェルなどがありますが、共通しているのが「硬さ」です。

スタイリング剤には「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」があります。

ハードの特徴

  • 高いキープ力
  • ショート〜ミディアムにおすすめ
  • 粘度が硬い

ソフトの特徴

  • 自然な毛流れやまとまり力
  • ショート〜ロング
  • 粘度がやわらかい

このように特徴がそれぞれあるので自分のヘアスタイルや、したいスタイリングによって選択をします。

例えば、ショートで動きが欲しい人はハードタイプ、ロングで動きが欲しい人はソフトタイプ・・のようなイメージです。

きし
きし
最近では、ソフトorハードというような使い方ではなく、ソフト+ハードでワックスを混ぜたりすることで自分のしやすい粘度やキープ力に調節したりもします。

>>ジェルとワックスを混ぜる3つのテクニック

 

スタイリング剤で「動かすのか?」「まとめるのか?」

ヘアスタイルをスタイリング剤で「動かすのか」「まとめるのか」によっても変えます。

ファイバータイプ

  • 髪が動きやすい
  • 初心者でも扱いやすい
  • 手ぐしで修正可能

クリームタイプ

  • 髪がまとまりやすい
  • 初心者〜上級者まで扱いやすい
  • 手ぐしで修正可能
きし
きし
動かすのか、まとめるのかというのは、ワックスの性質によってコントロールすることができます。繊維が配合されているファイバータイプはキープ力が強くはないけどもとても扱いやすいワックスです

 

スタイリング剤で「ドライ感?」「ウェット感?」

スタイリング剤では「ウェット感」か「ドライ感」もカテゴライズできます。

中級者〜上級者向けになりますが、ナチュラルな感じを出したり、おしゃれなスタイリングしている感を質感でコントロールできます。

ドライタイプ

  • セット力が高い
  • ドライ・マットな質感になる
  • 粘度が固く上級者向け

ジェルタイプ

  • セット力が高い
  • ウェットな質感になる
  • 量の調節が大事で上級者向け
きし
きし
質感をコントロールすることで、スタイリングをワンアップさせることができます。使い方がとても難しいので他のワックスと組み合わせて使うことが多いです。

ここで、一旦整理すると・・・

  1. ハードorソフト
  2. 動かすorまとめる
  3. ドライ感orウェット感

この3つのカテゴライズを、自分の中で持っておくとスタイリング剤を選びやすくなります

 

メンズスタイルのワックスの使い方

きし
きし
ワックスのつけ方についてもお話します。
つま
つま
ワックスは今回ご紹介するやり方であれば、失敗することはないので実践してみましょう。

ワックスの使い方は至ってシンプルです。

  1. 手の平によく伸ばします(石けんで洗うようにしっかりと伸ばす)
  2. 後頭部からつけていきます(下からつけていく)
  3. 全体にのばしてつける(下からつけていく)
  4. あとは表面につけていく
  5. 細かいところをつまみながら動きをつける

手に残ったワックスで、髪をずらしたりすることで可愛い動きをつくることができます。

ジェルクリームの使用量目安

 使用量の目安 ショート・ボブミディアム ロング
 ワックスパール 1個分パール 1.5個分パール 2個分

(動画も良ければ見てください)

ジェルクリーム自体の粘度もやわらかく、優しいつくりになっているので、つかいやすいのも特徴の1つでした。

できるだけ、ムラのでないようにしてつけてあげることで、より効果的になってくれます。

>>くせ毛のスタイリング

>>猫っ毛のスタイリング

 

スタイリング剤の専売品と市販品の違い

つま
つま
専売品と市販品にはおおきな違いがあります。
きし
きし
いくつかを話します。

基本的には、「美容室専売品」や「プロフェッショナル用」などと記載されています。

1つの目安の基準として。

次に、「美容室専売品」と「市販品」のスタイリング剤の違いについてもお話します。

スタイリングできるならサロン専売でも市販でもどっちでもいい

というお声をよく聞きます。

確かにシャンプーやトリートメントに比べると、髪のダメージや補修力などはサロン専売でも市販でも変わることはありません

しかし、スタイリング剤でもサロン専売と市販でも大きな違いがあるのです。

>>「美容室専売品」と「市販品」の違い

 

終わりに

きし
きし
ぼく自身も毎日ヘアケア剤やスタイリング剤は使っていますが、使うものでしやすさは大きく変わります。
つま
つま
少しでもサポートになれば嬉しいですね!

メンズワックスの選ぶコツとおすすめワックスをまとめてみました。

どんなスタイリング剤を使えばスタイルが長持ちするの?

って、質問は少なくはありません。

スタイリング剤やスタイリングのやり方によって、スタイルはいくらでも長持ちさせることができます。

しかし、それにはあなたのスタイルやスタイリングに合わせたものを使う必要があります。

それを見つけることが重要になります。

スタリングというのは自分の髪の可能性を広げてくれる素晴らしいことです

参考になると嬉しいです。

メンズスタイリングで必要な「ブロー講座」|美容師が教える簡単セット法 上手くスタイリングができない… もっと思い通りにスタイリングしたい これからスタイリングをしていきたい ...