美容師おすすめのヘアケアセット

美容師が伝える原因と改善対策

白髪の4つの基本

白髪の原因
メラニン色素
白髪ができにくい体質つくり
白髪に良い食べ物

まずは4つの基本を読むと理解度が深まります

白髪に生まれる原因や、対策についてをできるだけ分かりやすくまとめてみました。この4つから読むと、他の記事の理解度が深まるので一読してみてください。

白髪を改善したい…。

こういった悩みを持った方にお届けするコンテンツです。

コンテンツポイント
  • 白髪のメカニズム
  • 白髪の対策
  • 白髪の豆知識

白髪を気にする方はとても多いです。

白髪が生えてくると何をイメージするでしょうか。

それは「老化」です。女性にとってはとてもイヤなワードの1つですよね。できれば聞きたくないものです。

MEMO

そこで美容師が10年以上かけて培ったノウハウを詰め込んだ白髪を解決する教科書をつくりました。

白髪で悩む人のために、白髪と白髪染めの教科書として10年以上の学んできた知識を惜しみなくまとめてみました。白髪を予防するために、丁寧に作り込みました。

 

白髪染めカラートリートメント

白髪染めカラートリートメント

白髪染めはかなりおすすめのアイテム

  • 白髪染め+カラートリートメント
  • 髪をキレイにしながら染めれる
  • 自宅で簡単に白髪メンテンナンスができる
大きな目的として、白髪を染めながら髪をキレイにします。

一般的な白髪染めのデメリットにある、「時間がない…」「ちょっとでてきたんだけど、染めるほどでも…」みたいな悩みを解消をするアイテムというとイメージしやすいですね。

しかし、もちろんメリットやデメリットがあります。

■カラートリートメントのメリット

  • アレルギーのある人でも染める
  • 髪が傷まない
  • ニオイがない
  • 手触りがよくなる

正直なところ、カラートリートメントにはメリットしかありません

白髪が気になる方ならしない理由はないぐらいです。好きなタイミングで染めれる上に髪が傷まないです。

自宅で白髪染めをするなら「カラートリートメント」は超おすすめです。

■カラートリートメントのデメリット

  • 明るくできない
  • 染まりが悪い
  • 汚れやすい

デメリットはほぼありません。上記のものはデメリットとというか性質の問題なので、カラートリートメントを使用することで髪にとってのデメリットがあるわけではありません。

自宅で染めるのなら、白髪染めよりも”カラートリートメント”が断然おすすめなのです。

➢白髪染めカラートリートメントランキング

 

ヘアカラーカタログ

おすすめのカラー剤

実際に美容室で染めるヘアカラーでおすすめなのは、「イルミナカラー」と「スロウカラー」がおすすめです。

おしゃれ染めの認識が多いですが、白髪染めもあるのでキレイに染める白髪染めも多数合ります。

白髪コンテンツ①

『THROWヘアカラーコンシーラー』について

アイテムの特徴

このアイテムは何よりもおしゃれなので、持ち運びがしやすいので、お化粧直しにも使えるので、どこにでも持っていけて、どこでも使えるというのは超魅力的な白髪隠しです。

➢コンシーラーを見てみる

「ヘナカラー」について

ヘナカラーの特徴

「ヘナ」とは天然自然成分のヘナの葉から作られるヘアカラーです。白髪が染まるだけでなく、自然成分のみの構成のために、髪や地肌に負担が一切ないということが一番のメリットです。

➢ヘナカラーの特徴

白髪コンテンツ②

ポイントとなるのは「白髪率」と「ダメージ」
白髪は30歳〜39歳ごろから生えてくる
「おしゃれ染め」と「白髪染め」の違い
白髪になるともう「黒髪」になることはないのか?